QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > 施工例 > 北杜市白州町O邸ランタサルミログハウス > ログハウスの作り方

白州町O邸ランタサルミログハウスで完成後には見えなくなってしまうログハウス作りの詳細をご確認ください。 選択した写真の上にあるスライドショー機能を使うと地縄はりから完成まで見る事が出来ます。 完成写真などさらに詳しくはこちらで見る事が出来ます。

施工例

  • 地縄はり

    建築予定地に敷地境界と配置確認のための地縄をはりました。

    2009.10.10

  • 地盤調査

    スェーデン式サウンディング方式で地盤の調査を行いました。

    2009.10.10

  • 地鎮祭

    晴天に恵まれて地鎮祭を行いました。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    基礎の丁張りが出来上がりました。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    基礎の掘削を始める前に根っこや雑草などの多い表土は漉き取ります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    掘削が終わりました。基礎底をしっかりとプレート転圧をかけて砕石を敷き込みます。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    基礎の断面計画です。地盤調査データと凍結深度を考慮して断面図を作ります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    砕石を敷き、プレート転圧で締め固めます。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    ステコン50mmの打設状況です。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    ベース幅は600mmで型枠を作ります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    ベースコンクリートの厚みは150mmで打設します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    配筋はベースの中心と立ち上がりの最上部を主筋とし、D13(JIS)を使用します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    主筋以外はD10(JIS)を使用します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    縦筋と横筋は共に200mmピッチで配筋します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    重ね継ぎ手の確認をします。鉄筋のつなぎ部分はD13 420mm以上、D10 400mm以上の重なりをとります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    出隅補強の確認をします。出隅部分の横筋D10はそれぞれ300mm以上の折り返しをして400mm以上の継ぎ手長さを確保します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    T字コーナーの補強筋を確認します。横筋D10の折り曲げ補強400mm以上の長さを確保し、コーナー部には立て筋D13を追加しました。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    開口部の補強筋を確認します。W500H500の開口部を作ります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    かぶり厚の確認をします。ベース配筋の両サイドのコンクリートかぶり厚60mmを確保します。ベースコンクリートは鉄筋の錆防止のため60mm以上コンクリートに呑み込まれる必要があります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    基礎底のかぶり厚を確認します。ベース筋の底に60mmのスペーサーを設置して鉄筋のコンクリートかぶり厚を確保します。この数値が足りないと鉄筋が錆びてくる可能性があります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    ベース主筋の定着長さを確認します。ベース主筋D13のコーナーは520mm以上の折り曲げ長さを確保します

     

     

     

     

    2009.10.10

  • 基礎工事

    ベースコンクリートの主筋D13のT字コーナー部分の定着長さを確認します。520mm以上折り曲げの長さをとります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    ベランダ独立基礎は地中でベースをつなげています。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    ベランダ独立基礎の配筋状況です。ベース幅500mmでD10を200ピッチで配筋しています。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    独立基礎の配筋状況です。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    JIOによる配筋検査を受けました。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    ベースコンクリートの受け入れ伝票です。コンクリート呼び強度24、スランプ18で打設します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    コンクリートの受け入れ時検査の様子です。スランプ値を現場確認します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    ベースコンクリートの打設状況です。バイブレーターを使いながらジャンカ(巣穴)が出来ないように施工します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    型枠工事が始まりました。配筋の通りもまっすぐに通っています。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    配管用の貫通穴を作る際の鉄筋の補強状況です。カットした横筋の補強と貫通部に補強筋を入れています。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    基礎の幅150mmを確認します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    アンカーボルトはZのM12ボルトを使用しています。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    アンカーからアンカーの距離は2m以内にセットします。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    アンカーボルトの呑み込み深さを確認します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    立ち上がりコンクリートの受け入れ伝票です。コンクリート呼び強度24、スランプ18で打設します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    コンクリートの受け入れ時にはスランプ試験を行います。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    コンクリート打設状況です。バイブレータを使用しながらコンクリートがきちんと鉄筋にまわるように施工します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    コンクリートは打設後、養生をして湿潤に保ちます。強いコンクリートを作るためには養生期間が大切になります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    埋め戻し後、プレートで転圧をかけます。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    埋め戻し後150mm厚の砕石をしいてプレートで転圧します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    防湿シートを敷いてワイヤーメッシュ並べたら防湿コンクリートを打設します。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    防湿コンクリート打設後金コテで押さえます。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    土間コンクリートに散水養生をします。コンクリートは打設後数日間は湿潤に保つ必要があります。

    2009.10.10

  • 基礎工事

    基礎工事が完了しました。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ログ材がフィンランドから届きました。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ログの組上げが始まります。まずはログ材に防蟻剤を塗布しています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    防蟻剤にはホウ酸を使用しています。ホウ酸は持続性が永く人体への影響が少ないのが特徴の防蟻剤です。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    土台にプラ束を固定して床の水平を確認します。土台は耐久性の高いヒバの120角を使用しています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    土台のレベルを確認したら接着剤をつけてコンクリートボンドで固定します。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    プラ束とコンクリートの接着に使用した接着剤です。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ハーフログをセットします。通気と防腐を考慮して基礎パッキンを使用します。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    シルログをアンカーボルトに固定します。ハーフログは次のラウンドでアンカーボルトに固定します。ログ材に座彫りをする必要の無いナットを使用して締め付けます。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ハーフログとシルログには土台水切りを差し込むためのスリットを入れます。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ここまで組んだら床組みを先行して足場を良くします。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ログ材は114mm*180mmのラミネートログを使用します。その他の構造部材を含めて基本的には100%フィンランドパインを使用しています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    3段程度組み上げたら床組の準備をします。ホウ酸を散布して防蟻処理をしています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    組上げ作業中も上履きを使用して作業するので室内はきれいです。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    1階の根太組作業です。目違いを取って不陸調整を行っています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    1段ごとに組み上げてはダボ栓を入れていきます。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ダボ栓です。白樺の木を使用したとても硬い栓を使用しています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ログ材に使用する断熱材とログ材の接合部に使用する金物です。金物の取り付け後に断熱材を巻き込みます。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    グルーブに使用する気密・断熱材です。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ノッチ部分に使用する断熱材です。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ログ材に根太掛けを打って根太を固定していきます。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ロフトの根太が組みあがりました。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ログが組みあがったら最上段から通しボルトを通します。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    通しボルトを貫通させたらナットを締めます。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ランタサルミ独特のログ壁の弱い部分に入れる補強パイプです。通しボルトと補強パイプを兼用して使用する場所もあります。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    ログ壁が組みあがりました。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    妻壁のフレームを作っています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    妻壁のフレーミングに使用した90mmのツーバイフォー用の釘です。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    妻壁のフレーム作りに使用したツーバイフォー用の75mmの釘です

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    妻壁パネルと屋根下地合板には50mmのN釘(太め釘)を使用しています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    妻壁パネルと屋根の下地用合板には木曽のヒノキを使用したヒノキ合板(F☆☆☆☆)を使いました。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    壁パネルが立ち上がり、垂木がかかりました。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    妻壁パネルの固定は最終ラウンドのログ材からアンカーボルトを出してパネルと繋ぎます。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    垂木は大型のL金物で固定します。屋根の傾斜が急勾配の場合はログ材の上に垂木を固定するための下地を打ちます。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    垂木と垂木を合板を使用して固定します。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    軒先にあたる部分の垂木の頂上は空気が動くように先端をカットしています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    垂木がすべて出来上がり、雨養生をしています。

    2009.10.10

  • ログの組上げから屋根下地まで

    野地板の釘ピッチは150mm以内で打ちます。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    屋根工事が始まります。防水紙を貼る前に軒先水切りを取り付けます。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    ルーフィングを貼ります。天窓の周りは特に注意して施工します。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    ガルバニウム鋼板を使用して屋根を葺きます。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    天窓部分は雪が溜まると室内で結露を起こす可能性があるので雪が溜まらない様にスロープ状に作ります。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    屋根の頂上部分は軒裏から吸気した空気を吐き出すように穴を開けます。垂木内での壁内結露を防止するためです。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    棟換気を取り付けました。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    明かり採りには耐候性のポリカーボネイドを使用します。ポリカは伸縮が大きいので隙間をあけて伸縮に追従できるように施工します。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    隙間にポリカシールを充填して上からアルミのフラットバーで押さえます。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    ポリカの伸縮に追従するポリカシールです。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    水切りとポリカの取り合い部分です。

    2009.10.10

  • 屋根工事

    フラットバーで押さえて明り採りの完成です。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    外壁の塗装が始まりました。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    外壁の2回目の塗装をしています。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    外壁に使用したサシュコのキャプチャ(ドリフトウッド)です。キャプチャ2回塗りで着色した上に撥水性と耐候性のあるトップコートで仕上げるので合計3回の工程で仕上げます。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    作業前に塗料を十分にかき混ぜて使用します。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    破風板を塗装しています。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    破風板に使用したティックリラ2661(右)とヤニ止め用の下塗り材(左)です。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    破風板は2回塗りで仕上げます。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    外部ケーシングと外壁のサイディングなどの後から取り付ける部材は塗り残しが出来ないように作業場で4面下塗りを行います。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    外部ケーシングの下塗りをしています。

    2009.10.10

  • 外壁塗装

    妻壁に使用する板も取り付け前に下塗りを行います。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    軒裏の先端に屋根の換気部材を取り付けます。屋根の換気をすることで垂木内での壁内結露を防止してくれます。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    軒裏換気に使用した部材です。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    窓を取り付けたら窓の周りに両面テープを貼り、その上から防水紙を貼ります。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    防水紙のつなぎ目は気密テープを貼ります。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    使用した気密テープです。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    妻壁に使用した防水紙です。外側からの雨風は防ぎ内側の湿気は外に出す機能を持った防水紙です。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    防水紙を貼った後に防水テープで窓周りを押さえます。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    妻壁防水紙と外壁の通気層確保のための横どうぶち施工状況です。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    外壁に虫除けの通気部材を取り付けます。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    妻壁に使用した外通気用防虫網です。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    妻壁の板を貼っています。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    板を貼ったらケーシングを取り付け、周囲をコーキングします。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    妻壁の板の通気層に防虫網を施工しています。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    窓の取り付け前にキーウエイに防水テープを巻き込み、断熱材を入れます。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    窓の下側のログの上にも防水テープを貼り、断熱材を敷き込みます。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    セトリング対応をしたTバーを取り付けます。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    気密性と断熱性・遮音性の高い木製ペアガラスサッシを使用します。このサッシは内開きと内倒しの二つの開き方をします。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    内倒しの状態です。不在時にも換気できるので風通しがよく快適です。

    2009.10.10

  • 外部木工事

    サッシの取り付け後、キーウエイから巻き込んだ防水テープの上にさらに防水テープを貼り、サッシ廻りの防水性を確保します。

    2009.10.10

  • 外部ケーシングの取り付け

    窓周りに防水テープを貼って外部ケーシングを取り付けます。

    2009.10.10

  • 外部ケーシングの取り付け

    外部ケーシングを取り付けます。

    2009.10.10

  • 外壁の塗装

    軒裏の2回塗りをしています。

    2009.10.10

  • 外壁の塗装

    ログ壁にトップコートを塗っています。

    2009.10.10

  • 外壁の塗装

    外部ケーシングにトップコートを塗っています。

    2009.10.10

  • 外壁の塗装

    軒裏にトップコートを塗っています。

    2009.10.10

  • 外壁の塗装

    トップコートのカスケードです。キャプチャで着色後、撥水性と耐候性のあるカスケードで仕上げます。カスケードは透明で再塗装時はカスケードのみでよいので塗り替えても外壁の色が変わらないのが特徴です。

    2009.10.10

  • 外壁の塗装

    外壁の塗装工事が終わりました。

    2009.10.10

  • 木工事

    接着剤をつけながらロフトの床下地合板を施工しています。

    2009.10.10

  • 木工事

    床下地合板の留め付けに使用した接着剤(F☆☆☆☆)です。

    2009.10.10

  • 木工事

    床下地合板の釘ピッチは150mm以内で打ちます。

    2009.10.10

  • 木工事

    15mmの床下地用合板に使用した65mmのツーバイフォー用の釘です。

    2009.10.10

  • 木工事

    床下地に使用した合板です。15mmのサネ付の合板(F☆☆☆☆)を使用しました。

    2009.10.10

  • 木工事

    床下の断熱材の施工状況です。32kの板状のグラスウールに16Kのグラスウールを重ねて入れています。

    2009.10.10

  • 木工事

    床下地合板を貼る前に接着剤をつけています。

    2009.10.10

  • 木工事

    垂木内に通気層を確保するために野地板の裏側に桟木を打ちます。

    2009.10.10

  • 木工事

    屋根面の通気と断熱の施工状況です。垂木内での壁内結露を防ぐために断熱層の上に通気層を作っています。

    2009.10.10

  • 木工事

    天井の断熱施工状況です。32Kの板状の断熱材に16Kのグラスウールを重ねて入れます。

    2009.10.10

  • 木工事

    壁と天井の断熱材の施工が終わりました。

    2009.10.10

  • 木工事

    床と天井に使用した断熱材(F☆☆☆☆)です。

    2009.10.10

  • 木工事

    床と天井に使用した断熱材(F☆☆☆☆)です。

    2009.10.10

  • 木工事

    JIOの中間検査が行われました。主に構造躯体と防水について検査を受けます。

    2009.10.10

  • 木工事

    ロフトの天井板を貼っています。

    2009.10.10

  • 木工事

    ロフトの間仕切りが出来上がりました。

    2009.10.10

  • 木工事

    ロフトの間仕切りにログパネルが貼られました。

    2009.10.10

  • 木工事

    浴室間仕切りの施工状況です。浴室はログ壁を間仕切壁で覆います。

    2009.10.10

  • 木工事

    無垢の床板は現場慣らしのために梱包を開けてすぐに貼らずに現場で桟積みにして乾かします。

    2009.10.10

  • 木工事

    鉋を使って面取りをします。

    2009.10.10

  • 木工事

    釘を打ってさらに釘締めで留めつけます。

    2009.10.10

  • 木工事

    床貼りに使用したスクリュー釘の75mmです。

    2009.10.10

  • 木工事

    床下点検口を設けます。

    2009.10.10

  • 木工事

    間仕切壁の上に梁の力を受けるスクリュージャッキを入れています。

    2009.10.10

  • 木工事

    ログパネルが貼られ間仕切りが出来上がってきました。

    2009.10.10

  • 木工事

    巾木の目違い部分をペーパーで仕上げています。

    2009.10.10

  • 木工事

    階段や手摺の施工状況です。

    2009.10.10

  • 木工事

    建具の取り付けが終わりました。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    ウッドデッキの組み立て前に根太とスノコの下塗りをします。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    基礎にウッドデッキの根太掛けを取り付けます。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    ウッドデッキの組み立て前に土台水切りの上端にコーキングをしておきます。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    独立基礎の上に土台が直接載らないように基礎パッキンを下に敷きます。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    土台の重なり部分もしっかりと塗装してから組み立てます。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    下塗りが終わったら組み立てを始めます。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    塗り残しが出来ないように切断面のつなぎ目部分も塗装します。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    デッキの床板を留め付けたら表面を2回塗りします。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    ポーチ柱にヤニ止めを塗装しています。

    2009.10.10

  • ウッドデッキ

    ポーチ柱の塗装も終わり、ウッドデッキの完成です。

    2009.10.10

  • 室内の塗装

    窓のケーシングは外部と同じサシュコのセコイアを塗ります。

    2009.10.10

  • 室内の塗装

    室内のログ壁も塗装します。

    2009.10.10

  • 室内の塗装

    室内の壁はVATON(自然塗料)の白で仕上げました。

    2009.10.10

  • 床の仕上げ

    床の塗装工事の様子です。3回塗りで仕上げます。

    2009.10.10

  • 床の仕上げ

    乾燥したらペーパーをあてて下地を作ります。3回塗りで仕上げます。

    2009.10.10

  • 床の仕上げ

    床の塗装に使用した塗料です。水性のウレタン塗料(F☆☆☆☆)を使用しました。

    2009.10.10

  • 玄関タイル

    玄関のタイルを貼っています。

    2009.10.10

  • 玄関タイル

    玄関タイルが貼られました。

    2009.10.10

  • コーキング

    サッシ廻りのコーキング処理をしています。

    2009.10.10

  • コーキング材

    使用したコーキング材とプライマーです。

    2009.10.10

  • クリーニング

    完成引渡し前の最後の仕上げです。

    2009.10.10

  • 完成しました

    すべての工事が無事に完了しました。「里山の景観にとけこむログハウス」というオーナーの夢が現実になりました。

    2009.10.10

  • 完成写真

    リビングからダイニングを眺めます。室内のログ壁を白く塗装をしたのと内部ケーシングの塗装で明るいイメージに仕上がりました。間取りとしては31坪の床面積に3つのベッドルームとリビングとダイニングがすっきりとおさまっています。

    2009.10.10

  • 完成写真

    リビングは大きな吹き抜けになっていますが外壁と木製ペアガラスサッシの気密・断熱性が高いので四季を通してエネルギー消費の少ない快適な住宅です。

    2009.10.10

  • 完成写真

    ロフトです。標準仕様よりもログを2段分積み増しているのでその分天井が高くなっています。窓からは里山の景色と甲斐駒ケ岳、天窓からは八ヶ岳を眺めることもできます。都会でキャリアを持って働くオーナーにとって週末を過ごす癒しの空間になりました。

    2009.10.10


このページのトップへ