プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 仕事 > ウッドデッキ工事

ブログ

< 絵画のモデルになりました!  |  一覧へ戻る  |  フェイスブックページを始めました! >

ウッドデッキ工事

こんにちは。

このところ、雨の日が多いですね。

今日は、最近の工事の中から、ウッドデッキ工事についてのお話です。

完成から、ちょうど3年になるA様のランタサルミログハウスで、ウッドデッキの増築をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

ランタサルミのウッドデッキは、ひさしを伸ばして、クリアルーフをつけるのが定番ですが、今回は屋根のないデッキの増築になります。

増築前の様子です。

ランタサルミのウッドデッキは、基本的に屋根をかけ、クリアルーフで室内の明るさを確保します。

屋根を作ると、ウッドデッキが傷むことはほとんどなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の増築は、屋根を作らずに、広いスペースを作ることが目的です。

屋根がなく、雨ざらしになる場所のウッドデッキは、どうしても傷みやすくなるので、傷みにくい材料を選択して、できるだけ早く雨水を排水する工夫をします。 

 根太材にはヒノキの120角、スノコ板にはセランガンバツという材料を使用しました。

根太材が大きいので、スノコ材との接地面積が大きいため、雨水を排水しやすくするために、120角のヒノキ材の上面に排水用に傾斜を作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 根太材とスノコの施工状況です。

長持ちさせるには、根太材の大きさも必要です。

 

 

 

 

 

 木と木が接する部分は、どうしても水はけが悪く、傷みやすい場所です。 

 セランガンバツのスノコ材と手摺の柱が接する場所には、薄い基礎パッキンを挟んで、水が排水されやすくします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨ざらしになってしまうウッドデッキを長持ちさせるには、傷みにくい材料を使うことと、できるだけ早く、雨水が排水できるように作るのが良いかと思います。

 

 

 あとは、組み立てる前に防腐剤を塗るのも大切ですね。

左が120角のヒノキ根太で、右側はヒノキ材の手摺材です。 

 

 

 

 

コストはかかるが、傷まない・・セランガンバツも組み立て前に下塗りをしておけば安心です。

 

 

 

 

 

 

 国産のヒノキとセランガンバツを使用したウッドデッキの完成です。

なかなか、この広さのデッキに屋根を作るのも大変なので、長持ちするように素材と排水に配慮しました。

 

 

 

 

 

 

 やっぱり、広いデッキは気分が良いですね。

長い期間、ご家族にとっての楽しいスペースになりますように祈っております。

 

というわけで、今日は、長持ちするウッドデッキ工事のお話でした。

それでは、また。

 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ウッドデッキ工事

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/516

コメントする

< 絵画のモデルになりました!  |  一覧へ戻る  |  フェイスブックページを始めました! >

同じカテゴリの記事

貴重な情報

 台風が通り過ぎ、快晴が続く、八ヶ岳の西麓・原村でM様のお宅の建て替え、解体工事が始まりました。

  

 

 

 

 

 

 

既存建物の解体からの新築工事は、弊社では3棟目になりますが、解体工事で得られる情報は、私たちにとっては、普段は見ることができない、壁の中の状況、断熱仕様や施工状況、防水措置などと壁内の状態との関係など、得難い情報をたくさん見ることができます。

 

 

 

 

  

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的な建物の断熱仕様や施工方法のレベルは、今のほうが、上がっているのは、当然ですが、こうして解体から得られる尊い情報から、見逃しがちな細かな部分をつぶしていくと、さらに快適で長持ちする家が出来上がります。

それにしても、いつも解体時に思うのは、ちょっとした最後のひと手間をかけないことや、それに気が付かないことで、建物にダメージを与えることや、施工に関わらず、木材は黙って立派に自分の仕事をしてるなぁ、ということです。

そんな木材をみていますと、これは、やっぱり100年くらいは、住み続けようと思うだけの価値のある家を作らないといけないと感じます。

そのためにも、解体から得られる貴重な情報をいただいて、細かな不便さや不具合を、無くしていく必要があります。

というわけで、今日は、解体工事から得られる、貴重な情報のお話でした。

この場所に、新たに建ちあがるランタシードの建物も、この先に紹介させていただきますね。

それでは、また。 

 


Up With Logs!

記憶に残るくらいに暑い夏だった気がしますが、朝晩は涼しさも感じる、八ヶ岳エリアです。

今日は、原村で進行中のM様のランタサルミログハウスのログの組み上げの様子を紹介させていただきます。

暑い夏ですが、ログと一緒に、気分も上げて行きましょう!!

ログ積みの始まり、まずは土台をセットしていきます。

ランタサルミログハウスの主要構造は欧州赤松ですが、土台・根太には国産ヒノキを使用します。

 

 

 

 

 

土と根太組が終われば、次は24mmの厚貼り合板でステージを作ります。 

 

 

 

 

ステージには、撥水塗料をはじめに塗ってから、作業を始めます。 

 

 

 

 

 

ログを積む前に、2階の壁を組み立てておきます。 

 

 

 

 

 

 

先に、壁フレームを作っておくと、ログを組み上げた後の棟上げがスムーズにいきます。

 

 

 

 

 

 

煙突のフレームも先に作って段取りをしておきます。 

 

 

 

 

 

下準備が出来たところで、いよいよ組み上げスタートです。

 

 

 

 

 

 

ランタサルミオリジナルの加工に加え、気密パッキンと断熱材を入れながら、一段づつ、交互に組み上げていきます。 

 

 

 

 

 

一段積んでは、木製のダボを打ち込んでいく作業の繰り返しです。

 

 

 

 

 

 

ログが積み上がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の上端のログがつながると、一気に建物らしくなってきます。 

 

 

 

 

 

ログが組みあがったら、2階の床下地を作っっていきます。

 

 

 

 

 

 

2階の床組みを行います。

あたり前ですけど、全部、「木」ですね! 

 

 

 

 

 

棟木にも、防湿シートを先貼りして、垂木固定用の金物を先につけて、準備しておきます。

 

 

 

 

 


2階の床ステージが出来たら、事前に作っておいた妻壁フレームをクレーンで上げます。 

 

 

 

 

 

小屋組みの準備が、段取りよく進んで、棟上げとなります。

 

 

 

 

 

 

棟が上がると、事前に取り付けておいた金物に垂木を固定していきます。

 

 

 

 

 

垂木の厚み235mmは、すべて断熱層になるので、転び止めと気流止めを兼ねてブロック材を取り付けます。 

 

 

 

 

屋根の形が出来上がってきました。

暑いですけど、ここまでの日中の作業中は、一度も雨に降られてないですね! 

 

 

 

 

 

野地合板を貼ったら、屋根外通気の胴縁を取り付け、その上から、遮熱・透湿性能のある、防水紙、ルーフラミテクトを貼っていきます。

壁も屋根も下地が大切です。 

 

遮熱・透湿ルーフィングを貼って雨仕舞が出来ていきます。

 

 

 

 

 

 

と、雨仕舞が出来たところで、週末は雨になるようですね。

暑い中の作業でしたが、ここまで一度も降られずに作業することができました!

まだもう少し、暑い日が続くかと思いますが、ログと一緒に気分も上がりましたでしょうか!?(笑)

これから、秋に向けて、作業は仕上げに入っていきます。

季節も良くなってまいりますので、

ランタサルミの家づくりに興味のある方は、ぜひ、見学にいらしてくださいね! 

 


住まいの周りの工事

 今日は、新築工事と並行して行われる維持管理工事など、住まいの周りの小さな工事を紹介させていただきます。

まずは、伐採工事です。

昨年、新築工事をさせていただいたI様のお宅で、隣地を買い増しされたこともあり、お庭をきれいにしていきます。

 

 

高所作業車を利用して、高木の伐採を行います。

 

 

 

 

 

 

 

この機械、クレーンが入れないところまで入っていける高所作業車ですが、日本に一台しかないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

伐採後の木は、なんとアリの巣になっていて、空洞でした!

見た目は、まったく普通の木でしたが、中身は空洞って怖いですね。

それにしてもアリの仕事もすごい・・

 

 

続きましては、昨年、リフォーム工事入らせていただいたF様のお宅の進入路づくりです。

 

全長40mくらいの、コンクリート道路を作っていきます。

 

 

 

 

 

カーブの型枠を作って、砕石で下地を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートを打設して、刷毛引きで仕上げていきます。 

 

 

 

 

道路右側が畑エリアで左側が住宅エリアと、広い敷地の境界の役割もするコンクリート道路です。

子供がちいさいうちに、こんな道路が敷地内にあると楽しそうですね。

 

 

 

続きましては、エアコン工事です。


最近、夏が暑くなってきたので、エアコン工事の問い合わせも多くなってきました。

完成から14年になる、白州町のO様のお宅で、エアコン工事に入らせていただきました。

 

 

 

最近のエアコンは、冬の暖房に特化したものもあるので、主暖房を薪ストーブにされている方も、薪ストーブと違って、エアコンは室内が負圧にならないので、エアコンを主暖房として使い、薪ストーブは、補助暖房として楽しむのも一案だと思います。

続きましては、外装のリフォーム工事です。

いつもお世話になっている、K様のお宅で、外部リフォーム工事に入らせていただきました。

K様のお宅は、この春のキッチンリフォームに続いて、外回りもきれいにしたいということでした。

まずは、ログ部分の洗浄です。

 

 

 

 

 

 

 

屋根もきれいに洗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

洗浄後、下地塗装を行います。

 

 

 

 

 

下塗り1回、仕上げ2回の3工程で仕上げていきます。

きれいに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

屋根は、私たちが仕上げて、外壁は、洗浄のみを、お手伝いして、仕上げはK様ご夫妻がセルフで仕上げました。

20年以上経過していますが、手入れがいいので、きれいですね。

 

 

 

ログハウスは、傷みやすいと言われますが、軒を深くして、定期的にメンテナンスをしていくと、何年もつのかわからないくらい、長持ちしますので、これからも大切に使っていただきたいですね。

 

 

というわけで、普段は、なかなか紹介しきれない、住まいの周りの小さな工事の、最近の施工例を紹介させていただきました。

こうしてみると、皆様、リピートの方々ばかりですが、工務店が、お住まいの傍にいることで、少しでも日常が快適になったり、安全だったり、長持ちしたりすれば、皆、嬉しいですね。

というわけで、今日は、住まいの周りの小さな工事を紹介させていただきました。

それでは、皆様、まだまだ暑い日が続きますが、お身体に気を付けてお過ごしくださいませ。 

 


見学会では、見学できないところ(ランタシード編)

こんにちは。

少し前のブログでも、紹介させていただきましたが、6月9日に開催された、八ヶ岳ランタサルミフェアでは、たくさんの方々に、八ヶ岳のランタサルミの家づくりを見学していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は、限られた時間の中で、ゆっくり説明も出来なかったので、今日は、ランタサルミの家づくりの、完成見学会では、見学することができない部分を紹介させていただきます。

結構、長くなりますが、興味のある方はお付き合いください。

八ヶ岳でのランタサルミフェアは、今回で3回目になりますが、今回は7棟見学させていただいた中の4棟が、ランタシードという、在来工法を応用したランタサルミの北欧住宅になります。

 

4番目に見せていただいた、原村の石窯パン屋さん、フリルフスリフさんもランタシードです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんのいた、I様のお宅も、ランタシードになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番初めに、見学させていただいたM様のランタシードの室内です。 

 

 

 

 

 

 

 

見学させていただいたのは、どこも完成後のお部屋ばかりですが、実際の住み心地は、実は、目には見えないところが、大切になります。 

今日は、ランタサルミの住み心地を支える、キモの部分・・完成後には、見えなくなる部分を、M様のお宅の工事中の写真を見ながら、紹介させていただきますね。

まずは、基礎工事から紹介させていただきます。

傾斜地に建つ、M様のお宅は、鉄筋は2重配筋で内側に80mmのネオマフォームで内断熱をした基礎断熱構造になっています。

表からだとわかりませんが、凍結深度を含めると、基礎の高さは、3.6mあります。

 

 

 

 

 

断熱基礎の上に、ヒノキ土台をのせていきます。 

 

 

 

 

 

 

床構造は、国産ヒノキを使用した剛床構造になっています。  

 

 

 

 

 

 

基礎断熱に加えて、床面にも80mmのネオマフォームを入れ、床面で気密を取ります。 

 

 

 

 

 

基礎断熱と床断熱に使用したネオマフォーム80mmです。  

 

 

 

 

 

 

床下地の施工後、軸組を組み立てます。ここでも国産ヒノキを使用しています。 

 

 

 

 

 

ランタシードは、木造の軸組み住宅が基本構造になっています。

 

 

 

 

 

 

屋根の垂木は、断熱材の厚みを確保するため2×10(ツーバイテン)を使用します。 

 

 

 

 

 

断熱層をしっかりとるために、通気ブロック材を取り付けます。

 

 

 

 

 

 

断熱層と通気層は合板で、縁切りして、断熱層の外側に通気層を設けます。 

 

 

 

 

 

 

通気層を確保しながら、遮熱・透湿機能のある防水紙を貼っていきます。 

 

 

 

 

 

 

屋根材の直下、断熱層と干渉しないところで、通気層ができました。

 

 

 

 

 

 

屋根の頂上部分です。

外壁と屋根の通気層を通った空気は、屋根の頂上から抜けていきます。 

 

 

 

外壁は、付加断熱として、外側にネオマフォームを貼り、内外の断熱構造になっています。

断熱材の継ぎ目は、気密・防水テープで、処理しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外断熱のネオマフォームの上に、遮熱・透湿性能のある防水紙を貼り、通気層を取ります。この通気層を通った空気が、屋根の頂上から抜けていきます。 

 

 

 

壁下地の施工状況です。屋根面・壁面ともに遮熱・透湿性能のある防水紙を使用しています。見えなくなる部分ですが、下葺き材は、住み心地、耐久性ともに大切な部分です。

 

 

 

壁の仕上げになります。仕上げ材は、フィンランドから輸入した20mm厚のパイン材になります。 

 

 

 

 

 

 

使用するサッシは、ランタサルミの木製サッシ、トリプルガラスが標準仕様になっています。

 

 

 

 

木製サッシの厚みは、外壁の厚みと同じですが、内外断熱で200mm以上の壁厚になっています。  

 

 

 

 

 

屋根面の断熱工事です。断熱材はグラスウールのブローイングを行います。 

 

 

 

 

屋根面の断熱層は、2×10の厚み、235mmになります。  

 

 

 

 

 

 

屋根面と壁面の断熱工事完了後、気密工事を行います。

 

 

 

 

 

 

室内の音環境にも配慮して、2階の床面や個室には、遮音シートを施工してから仕上げの工事を行います。

 

 

 

 

以上、見学会では、見ていただくことができない部分を紹介させていただきました。 

 

目には見えない部分になりますが、実際の住み心地や日常の休息感は、表面よりも裏側のほうが、大切になります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタサルミを選んでくださったオーナー様には、自然の中で、いい時間を過ごしていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、ランタサルミフェアでは、紹介しきれなかった、建物の裏側を紹介させていただきました。

次は、ログハウスを紹介させていただきます。

長文にもかかわらず、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。  


ログハウスの点検

 連休は、お天気に恵まれましたが、このところ、雨が多いですね。

今日は、ランタサルミログハウスの点検の様子を紹介させていただきます。

今回の点検は、北杜市のU様の6年目の点検になります。

 

ログハウスは、経年による木材の乾燥・収縮でセトリングという現象がおこるため、あらかじめスクリューボルトで調整できるようになっています。

 

 

 

 

 

 

通常4~5年で落ち着きますが、今回は、外観目視で、窓の上のセトリング調整が必要だと思われたので、点検に入らせていただきました。

 

南側の大きな開口部を支えるためのスクリュージャッキを調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

窓上部の隙間は、セトリング対策用に設けてあり、通常は断熱材を入れて、取り外し可能なカバーボードを取りつけています。

 

 

 

 

 

 

 

セトリング調整にあわせて、床下の点検にも入らせていただきました。

U様のお宅は、基礎断熱がされているので、床下空間と居住空間が同一空間の扱いになっています。

床下の状況です。

構造材及び合板は、6年経過しても、カビもなく、とても良い状況でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真がさかさまですが、床下地合板の裏側です。

ほとんど、6年前の施工時と変わらないですね。

 

 

 

 

 

 

 

基礎に換気口を設けないと、湿気がこもって、床構造が傷みやすいという方もいるようですが、6年経過して、この状態なので、換気口を設けて、湿った空気を床下へ入れるよりは、基礎断熱をして、床下を居室と同一空間として管理したほうが良いですね。

ちなみに、合板や構造材には、念のため、防蟻・防カビ材として、人体に害のないホウ酸を散布しています。

 

今回の点検では、24時間換気の、自然給気口も点検しました。

空気のきれいな八ヶ岳ですが、フィルターは、土埃でしょうか、汚れていました。

 

 

 

 

 

 

 

お掃除すると、きれいになります。

フィルターをきれいにして、いい空気を吸っていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

というわけで、今日は、北杜市のランタサルミログハウスU様のお宅の、6年目の点検状況を紹介させていただきました。

ログハウスに、メンテナンスは、つきものなので、定期的にメンテナンスしながら、いつまでも、快適に使っていただければ、私たちも幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


このページのトップへ