プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 仕事 > ウッドデッキの作り方

ブログ

< ログハウスの温熱環境  |  一覧へ戻る  |  「八ヶ岳ランタサルミフェア2018」を開催いたします! >

ウッドデッキの作り方

 こんにちは。

少し前に、フェイスブックページで紹介しておりました、白州町のN様のウッドデッキ改修工事が完了しましたので、ウッドデッキの作り方のコツを紹介させていただきます。

DIYで、ウッドデッキつくりに挑戦する際、参考にしていただければ、少しでも長持ちするかと思います。 

今回は、手に入りやすいSPFの注入材を使用しました。

ウッドデッキ塗装の基本は、組み立て前の下塗りです。

 

 

 

 

 

下塗りすることで、組み立てた後からでは、刷毛が入らないところまで、先に塗ることができます。

結局傷みやすい部分は、木材と木材の重なり部分なので、ここは、ぜひ塗っておきたいですね。

次は、屋根からの雨落ち部分です。

屋根に雪が積もったりすると、とけるまでの間、ずっとデッキに雨が落ちて、デッキの寿命を短くしてしまいます。

このようなオープンなデッキの場合は、落ちた雨水をいかに素早く「排水」するかが、長持ちするデッキのポイントになります。

   

 

 
 

 

今回は、屋根からの雨落ち部分にグレーチングを設置しました。

これで、雨水はスムーズに排水されます。

 

 

 

また、スノコとスノコのつなぎ目部分も、少し隙間を開けてあげると、排水が良くなり長持ちします。 

 

 

 

 

 

次は土台を守るために、土台の上端にガルバニウム鋼板の板金カバーを設置します。

 

 

土台が傷んでしまうと、後々の交換も大変なので、土台には、板金カバーをつけておきます。

 

 

 

 

 

 

また、基礎コンクリートの上に直接木材をのせると、濡れた時に乾きづらいので、基礎パッキンを入れて、排水を良くします。

 

 

 

 

細かいところですが、根太の取り付け部分も、金物を使用して、木材と木材が、くっつかないようにすると、スムーズに水が流れてくれますね。

 

 

 

 

DIYでやっていると、木材と木材がぴったりくっついたほうが、良さそうに思えますが、雨にさらされる部分を作る場合は、少し隙間を開けて、降った雨がスムーズに排水されるように作ったほうが長持ちします。

あとは、防腐塗料の下塗り後も、切断面は、必ず塗装してから、取り付けるといいですね。

これからDIYの季節にもなりますので、参考にしていただき、長く楽しめるデッキづくりに挑戦してくださいね!

ちなみに、このブログを読んでいただき、「やっぱり頼んだほうがいいかな・・」と思われた場合は、お気軽にお声がけください(笑)

というわけで、ウッドデッキの作り方のお話でした。

いい季節になりますね!せっかくなので長く楽しめるモノづくりに挑戦してくださいね!

 

 

 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ウッドデッキの作り方

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/548

コメント(2)

韮崎のウーノ (2018年4月13日 23:42)

キラさん、ウッドデッキの作り方はプロはひと工夫が違いますね。
私も現在バーコラ付きのウッドデッキを作成しています。大きさは2M*5Mと小さいですが結構大変です。
塗装をしていると桜の花びらが飛んできて水玉模様になっています。
完成したらパッションフルーツの棚を作りますので果実を取りに来てください。


beleaf Author Profile Page (2018年4月14日 06:28)

韮崎のウーノさん、ありがとうございます!
2m*5mのパーゴラは、立派です!流石ですね!
実るものがあると、パーゴラの下で過ごす時間も楽しみですね!
私も、パーゴラの完成と、実りの季節を心待ちにしております。
何か、困ったことがあれば、ご相談くださいね!


コメントする

< ログハウスの温熱環境  |  一覧へ戻る  |  「八ヶ岳ランタサルミフェア2018」を開催いたします! >

同じカテゴリの記事

最近のお問い合わせ

 11月も後半になってまいりました。

今年も間もなく終わりますね。

今日は、このところよく受ける、ご依頼のお話です。

今年に入って、特に多いなと感じるお問い合わせは、相続を受けた建物をリフォームしたい・・とか、相続で受け継いだ土地に建築可能か知りたい・・、土地の場所を特定してほしいという、お問い合わせです。

山林を相続しても、場所を特定するのは大変ですね。

ちょうど先週末の金曜日、8月にお問い合わせのあったお客様の境界杭が確定したので立ち会ってきました。

はじめにお客様に調査依頼を受けたときにいただいた資料の一つが、こちらの衛星写真!です。

どうやら、目的地は白州町の山の中で、登記簿だけで簡単に探し出すことは難しいようです。

 

 

おそらく、このあたりの不動産屋さんに問い合わせても、この衛星写真から場所を特定するには時間がかかるでしょう。

身に覚えのある等高線を、つなぎ、つなぎ・・林道を探っていくと・・

  

 

 

 

 

 

 

なんと、晩年のグーちゃんと散歩しながら見つけた小川のある場所じゃないかと想像がつきました。

 

 

ここの道は、ほとんど人が入ってこなくて、初めて見つけたときは、

「ん?ここは楽園か?」

と思いました。

 

 

 

 

 

以来、グーちゃんがボチボチ歩けなくなるくらいまで散歩に通った、山の中の思い出の道です。

 

 

この土地を、さらに上流に進むと行き止まりになります。

今思えば、よく一緒に歩いてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで衛星写真も解読出来ちゃったり、もう一度グーちゃんと歩いた記憶も蘇ったりで、11月18日の金曜日、境界杭の確定に立ち会ってまいりました。

美しい場所だなぁ、と思いながら歩いた土地に呼ばれた感じのご依頼ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらくですが、ご先祖様も、ご依頼主に「この場所探すならコイツ、コイツ!」って私のことを知らせてくれたのではなかろうかと・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな、お問い合わせがありますが、ちょっと懐かしく、楽しいお務めでした。

寒くなる前に、無事完了です。 

 


断熱・気密工事

 昨日は、現在工事中の北杜市Y様の増築現場で、断熱と気密工事を行いました。

 

 

 

 

 

断熱材はグラスウール32㎏/㎥のブローイングで黄色い梱包は、初採用の通基層を確保する材料です。

 

 

 

この通気部材がなかなかの優れもので、ブローイングに使用するグラスウールと同じ32㎏/㎥の性能を持ちつつ、通気層を作ってくれます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

垂木間に入れて通気層を確保してくれます。

通気部材を入れた分の断熱層を確保するため、垂木下端に40㎜の下地を重ねました。ちなみにサッシはYKKのAPW430トリプルガラスのサッシです。

 

 

  

 

 

 

ブローイングを行います。

壁厚140㎜の中にブローイングを行います。

 

 

 

 

  

 

 

ブローイング終了後、気密シートを貼ったら、断熱・気密工事完了です。

 

 

 

 

  

 

工程の終わりも美しいですね。

引き続き、作業を進めて参ります!  

 


写真撮影

 先週末の金曜日・土曜日は、ランタサルミログハウス3棟の写真撮影をしてきました。

金曜日はあいにくの雨模様のお天気だったので、室内撮影を行い、土曜日に外観含め、3棟の撮影でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨模様でしたが、絵のような景色は雨でも美しいですね。

 

 

八ヶ岳エリアの3棟とは言え、それぞれのお宅は40分ほど離れているので、3棟は厳しいかと思いきや、オーナー様にもお手伝いいただきながら、予定通りの撮影が出来ました。

ご協力いただいたオーナー様、ありがとうございました。

どちらのお宅も、仕上がりが楽しみです!

 


新年あけましておめでとうございます。

 新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年来、OBのお客様から、「山の家を作っておいて良かった」という声をいただくようになりました。

そんな中でも、建築から30年近くになるお客様から「コロナ禍に、山荘があって静かな時を過ごせたのは、大変良い経験です」というメッセージをいただきました。

もともと静かな南アルプスの山裾に設けた住まいに、コロナであらためて、その静けさに気付くって、なんだかちょっと「静けさや 岩にしみいる・・」的な詩情を感じますが、やはり平穏な日常の中の静寂が良いですね。

今年も一年、皆様にとって平和な空間を作っていけるように努力を重ねて参りますので、

本年も、ご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 


2021年もお世話になりました。

 2021年も、今日で終わりです。

今年も一年、お世話になりました。

おかげさまで、1年間で4棟のお引き渡しが出来ました。

振り返ってみますと、2021年の前半と後半で、住宅建築をとりまく環境が一変した年でした。

コロナ、ウッドショック、半導体不足による欠品・・に加え、建築業界には慢性的な人手不足の問題を抱えています。

この先、今までのように新築住宅を建てるのは、難しくなるかな・・と思ったりもしますが、自動車販売も新車の入手が難しくなって、中古市場が活性化しているようですね。

コロナ過での制限された生活が、「思ったより悪くないな」、と感じられるように、住宅取得がさらに難しくなることも、建てた家を長持ちさせる方向にシフトさせ、住宅の資産価値が上がっていくようになるかもしれませんね。

私事になりますが、2年ほど前に息子の家族の家を建築する際、息子たちの仮住まいに空き家になっていたご先祖様の家を使わせてもらっていました。

「夏は暑い、冬はめちゃくちゃ寒い、燃費悪い・・等々」の悲鳴が聞こえる一方で、傍で眺める私から見ると、この子たちが、何か目には見えないものに守られているのが感じられました。

誰からも使われなくなった住まいを、子・孫が入って使ってくれているのを、目を細めて喜んでくれる誰かに守られていたのかもしれません。

多分、自分が建てた家を、後世の誰かの家族が使ってくれると私も同じくらいに嬉しいと思います。

コロナもCo2の排出削減に貢献した一面もあるようですが、今回の住宅関連の外圧は日本の空き家問題解決にも貢献する可能性もありますね。

 

などと妄想しつつ、今年も間もなく終わりになります。

今年は一年間、ブログも書けないままに、終わってしまいましたが、おかげさまで、無事に終えることが出来ました。

どうか、皆様も良い年をお迎えください。

 

 

 


このページのトップへ