QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > 施工例 > 北杜市白州町O邸ランタサルミログハウス > 水田の進捗状況

南アルプス甲斐駒ケ岳から湧き出す尾白川の清流を利用して最初に作られるお米が白州米です。黄金色に輝く豊穣の秋が楽しみです。

施工例

  • ご飯となって

    お隣の田んぼのお米でご飯を作ってもらいました。せっかく玄米でいただいたので玄米ご飯でいただきました。「おいしいよ」と生産者の自画自賛の通り、炊き上がりに我慢できずに先に食べていた家内も「おいしいよ~」と絶賛です。どれどれと食べてみるとなるほどおいしいご飯です。南アルプスから湧き出すお水を使って最初に作られるお米です。おいしいわけです。春に頼りなさげに水田に植えられていた稲も立派に実りこんなにおいしいご飯になりました。もちろん農家のかたがたの努力もすごいのですが稲を育てるのに必要な要素は「自然の恵み」としてすでに与えられているということをこの報告を通してあらためて感じることが出来ました。

    それでは最後に新米の味を報告できたところで水田の進捗状況もおしまいとさせていただきます。お付き合いいただきありがとうございました。

    2009.10.09

  • お米

    今週末でO様のお宅も完成引渡しになります。そこで今まで報告してきた田んぼの地主さんにお願いしてお米を分けていただきました。

    2009.10.09

  • 十五夜

    稲刈りもすっかり終わり今日は十五夜です。お月様が雲の間を見え隠れしていました。昔から稲刈りが終わってほっとしてこの月を眺めてきたんですね。水田の報告もまもなく終わりでなんとなくその気持ちもわかる気がする十五夜の夜です。

    2009.10.03

  • 稲刈り

    「ちょっとこの場所を刈ってもらえませんか?」のわがままに「はいよ」と心地よく刈ってくれました。白州の自然と黄金色の稲穂、青い空、完成間じかのログハウス・・・・・絶えることなくエネルギーをそそぎ続ければ必ず結実を迎えるからこの仕事が好きです。春にイメージしたゴールが見えてきました。遠くに八ヶ岳も見えています。

    2009.09.24

  • 稲刈り

    20日の日曜日の写真です。いつも観察をしていた場所を機械が入る前に鎌で刈り取りしていました。人の手による稲刈りはとても静かで穏やかな時間でした。ほんの数十年前まで静かな時間が流れていたんですね。

    2009.09.24

  • ログハウスもまもなく完成です。

    水田は無事に収穫をむかえました。水田に水がはられる頃にフィンランドから届いたログハウスも予定通りにまもなく完成です。

    2009.09.19

  • 稲刈りが始まりました。

    いよいよ稲刈りが始まりました。黄金色の稲穂が刈り取られていきます。

    2009.09.19

  • いよいよ収穫へ

    水田の進捗状況を始めた頃には収穫はまだまだ先だと思っていましたが明日稲刈りをするそうです。早いですね、その間ずっと休むことなく水路を流れる尾白川の清流です。その間どころか流れ始めて以来休むことなく恵みを与え続けていると思うとすごいですね、絶えることなく流れ続ける川と物言わずひたすら結実へ向かう稲穂のツーショットです。同じ姿勢で仕事をしていきたいと思います。

    2009.09.18

  • 稲穂と甲斐駒

    南アルプスはすっかり秋の空です。北杜市ではこれから11月くらいまでは気持ちのいい季節が続きますので建築工事にもいい季節です。

    2009.09.10

  • 久しぶりにロフトの窓から

    まだまだ日中は暑い日が続きますが朝夕はすっかり秋の気配です。稲穂も黄金色に輝き始めました。

    2009.09.07

  • 足場も取れて

    水田もログハウスも結実へ向けて仕上げの段階です。今日はいよいよ足場が取れました。少しづつ日が暮れるのも早くなり南アルプスに沈む夕日がロフトの窓を染めています。

    2009.08.27

  • 稲穂は実り

    稲穂は実り、頭(こうべ)を垂れ始めました。お盆を過ぎると朝夕の空気は秋の気配です。収穫の秋はまもなくですね。

    2009.08.17

  • 稲穂とログハウス

    時々それぞれのはじめのころの写真を見ますが稲穂もログハウスも順調に成長しています。

    2009.08.12

  • 見る見るうちに

    先日の報告からあまり日にちがたっていないのですが稲穂がどんどん実りつつあります。この勢いだと少し我慢してじっと見つめていればお米が出来る瞬間が見られそうな気がします。

    2009.08.12

  • 稲穂が実り始めました

    稲穂が実り始めました。こないだ田んぼに水がはられた気がしますが早いですね。「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」ということわざのごとく?まだ「青く、まっすぐ」に立っています。

    2009.08.06

  • やっとお天気になりました

    梅雨明け後になかなか太陽を拝むことのなかった今年の7月でしたがようやく夏らしくなってきました。稲もログも完成へ向かって仕上げの段階に向かいます。

    2009.08.04

  • 頼りなかった稲も・・・

    苗床から水田に移されたばかりの頼りなかった稲もこんなにしっかりしてきました。ちなみにうちの社名であるBe-Leafの由来は草木の持つ純粋なエネルギーからいただきました。believe(信じる)の名詞であるbelief(ビリーフ)という音に「葉になる、葉のような」という意味をかけてBe-Leaf(ビリーフ)という造語です。樹木や草花はどんな悪条件の中でもへこたれることなくひたすらまっすぐに結実へ向かいます。belief(信念)は簡単に揺らぎますがBe-Leaf(ビリーフ)は揺らぐことなく結実へ向かう純粋なエネルギーです。そしてまた自己実現の段階ではまわりに恩恵を与えながら愚痴もこぼさず傲慢にもならない、そんな樹木や草花の持つまっすぐなエネルギーで家を作りたいと思ってつけた社名がBe-Leafです。

    2009.07.13

  • ログハウスは上棟しました

    久しぶりの更新の稲の進捗状況です。本日ログハウスのほうも基礎が終わり、ログ材がフィンランドから届き、それを組上げ無事に上棟となりました。隙間だらけだった水田が緑でいっぱいになりました。物言わぬ稲はモクモクと結実へと向かっています。

    2009.07.13

  • 田んぼ2

    お隣の田んぼでは田植えが始まりました。苗床で育った苗が田んぼに植えられていきます。

    2009.05.19

  • 田んぼ

    田んぼに水がはられました。 ログハウスの完成と同時期にこちらでも稲刈りが始まります。

    2009.05.14


このページのトップへ