プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 小作品の最近のブログ記事

ブログ 小作品の最近のブログ記事

またまた手作りのファーストシューズ

このブログ始まってから初の1日2回のエントリーですが完成お引き渡しからおめでたい話題が続きます。

小淵沢町のランタサルミオーナーO様の奥様手作りのファーストシューズは以前のブログでも紹介させていただきました。  以前のブログはこちらです。

あまりの可愛さにとっても好評だったのでまたまたオーダーしてしまいました。

 

 

 

 

 

 かわいいですね。

思わず最初に出た言葉が「おいしそう」でした。

 

 

 

今回は昨年の12月に生まれた「りいちゃん」へのプレゼントです。

なんと、彼女はうちでいつも仕事をやってもらっている大工さんの息子さんと設備屋さんの娘さんとの間に生まれた「お孫さん」なのです。

と、いうことは二人とも小淵沢のO様のお宅でも仕事をさせてもらっているので皆さん顔見知り・・というわけです。

こんなこともあるんですね。

大工さんとは20年以上のお付き合い、設備屋さんとも仕事では10年以上のお付き合いで、お子さんたちが小さいころから良く知っています。

そんな子供たちが大きくなって結婚して子供が生まれた時に仕事をさせていただいたオーナーさんにこんなプレゼントを作ってもらえるなんて。。

なんかいい話だなぁ

と感じられる手作りのファーストシューズのお話でした。

 

タグには「ステキナイッポヲ」と書かれていました。

素敵な一歩を踏み出してほしいですね。

 そんな素敵な一歩が家づくりに関わる我々親父たちの「ステキナイッポ」にもつながりますように。

 


ファーストシューズが出来上がりました

少し前のブログでご紹介しました手作りのファーストシューズが出来上がり、O様ご夫妻が事務所まで届けてくださいました。

早速ですが見せちゃいます。

 

 

 

 

こんなにかわいく出来上がりました。

手さげ袋まで名前を入れて手作りで作ってくれました。

 

 

 

 

 

後ろはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

写真ではわかりづらいですがかかととベルトの部分にアクセントで青い糸を使ってもらいました。

 

 

 

 

で、靴の内側にはメッセージを書いていただけます。

 

 

 

 

メッセージや誕生日のほかに生まれた時の身長や体重などを書いてもらいました。

 

 

 

 

 

で、このようにして彼女のもとへ届くわけです。

 

 

 

 

 

いや~。

かわいいですね~。

 

 

 

この靴を履いてこの手さげ袋をもってくれる日が楽しみです。

O様の奥様も靴を履いた子供の写真が届いたりするととっても嬉しいとおっしゃっていました。

大人になってからもインテリアの一部としていいですよね。

この靴が彼女を安全で素敵な場所へ導いてくれますように。

 

今日はO様に靴を届けていただいたので、白州の森の事務所でお昼をご一緒させていただきました。

秋晴れの森の中で建築中の頃のお話やうちの実家の九州のお話、O様のスタートしたばかりの新しい生活のお話などなど楽しい時間を過ごさせていただきました。

残念ながら私たちはこんなかわいいファーストシューズを持って大人になることはできませんでしたが、秋の陽射しがゆっくり動いていくのを感じながら、今日この時間をともに過ごせてとても幸せに思いました。

 

 

 

 

 

 

ということで、出来上がったばかりのファーストシューズのご紹介でした。

あ、そうそう。ちなみにお値段は8400円(税込)で作ってくれます。

素敵なプレゼントですね。

 

O様のご主人のブログはこちらです。

ご夫妻の八ヶ岳での新しい生活が積み重なっていくのが楽しみです。

 

 

 

 

 


手作りのファーストシューズ

八ヶ岳高原の小淵沢町にあるランタサルミログハウスO様のお宅はログハウスの一部を利用して革靴工房を営まれています。

 

 

 

 

 

 

 

まるる靴工房さんです。奥様が作ってくれます。

 

 

私たち夫婦はともに九州出身で山梨に来て23年となるわけですが月日が経つのは早いもので姪っ子たちはそれぞれに結婚して家庭を持ち始めています。

つい最近も家内の姪っ子に赤ん坊が生まれたとのお知らせで、何か贈り物を!と話したところ。。。

やっぱりあれしかないでしょう。

ということで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りの小さなファーストシューズにすることにしました。

上のほうに3つ並んでいるかわいい靴がそうです。

生まれてきた赤ん坊が初めて立って歩くときのサイズで作ってくれます。

そしてその靴にメッセージを入れて大切にとっておくわけですね。

配色もメッセージもオーダーメイドで作ってくれます。

 

サンプルはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

表革・裏革・糸・ヌキ型を選ぶことができます。 

 

 

 

が、、、、

これがまた難しい。

カラーバリエーションってやつが実に難しい。

ランタサルミの工場塗装の建具の色を決めるオーナーさんの気持ちになります。

 で、決めた配色は赤ん坊が待望の女の子ということもあって女の子らしい配色にすることにしました。

出来上がったらまたご紹介しますね。

 

それにしてもこんな靴持ってたら大きくなっても嬉しいでしょうね。

小さかったことはもちろんですが、愛されて生まれてきたこと、恵まれて育ったことや両親にいつも抱かれていたこと・・なんかをいつも感じることができますよね。

写真なんかの思い出と違うところは大きさや重さを手に取って肌で感じることができるところですかね。

成長の過程での親子の関係や見える世界も変わってきそうな気がします。

 

仕上がりを楽しみにして、彼女がこの靴を履く日を楽しみにして、数十年後の彼女のそばにこの小さな靴があることを楽しみにしています。

 

手作りのファーストシューズのお話でした。

 

 

 

 


小作品

ナラの端材を使って一輪挿しを作りました。

マーガレットを挿すイメージで作りましたが、季節が早いということでガーベラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットで試験管を買って差し込みました。

倉庫にあった端材にユーモアを加えた贈り物です。

世界に一つだけの花♪  になりますように・・

 

 

家造りはオンリーワンかナンバーワンかと考えますと

ナンバーワンの技術が注がれたオンリーワンのアイデア満載の家が良いですね。

どちらの要素も下がった分だけ「満足度」や「喜び」が小さくなるのが家造りなのでなかなかきびしい世界です。

 


小作品

久しぶりに小作品です。

随分前になりますが写真を入れる小さな棚を作りました。

それ以来子供たちの写真を入れてずっと玄関に飾っています。

月日が経つのは早いもので子供たちは「あっ!」という間に大きくなってしまい、今では二人とも大学生ですが今もこの写真の雰囲気そのままで暮らしているようです。

 

 

 

 現場の端材で作ったものです。

まわりの棚にはお気に入りの小物をおいて大好きなものに囲まれている感じを作りたかったのでこんな形になりました。棚の上にはHPのバナーの写真に出てている仲良しの鳥たちをいつも置いています。

 

 

 

 

少し前の話ですが長男が久しぶりに帰ってきたときに「うちは家族の仲がいいから幸せだよ」 と。

幸せ?・・幸せって言葉を子供から聞くのは初めてでした。

幸せって感覚は少しだけ不幸せや不自由を感じないと現れてこないのでしょう。

大学へ行って自分で生活を始めて少しだけ思い通りにならなくなったときに家族の仲がいいことを「幸せ」って感じて、それが拠り所になれば嬉しいですね。

 

少し話がそれますが、うちのホームページ制作でお世話になった株式会社BALANCeの伊藤さんのブログのなかで日齢というお話が面白かったのでご紹介します。

日齢っていうのは生まれてから何日たったかという年齢の日にちバージョンだそうです。

こちらで生まれた日を入力すると簡単に日齢が出てきます。

 ちなみに現在45歳の私は今日で生まれてから16602日目になります。

なんだか急に自分の人生をあらためて振り返ってみたりします。

いい出会いに恵まれてきたことや、比較的創造的でいることが出来たこと、家族とのいい時間を過ごせたことなどを思うとひとまず「ホッ」とします。

 

ロコキャッチグー

もちろん家族の一員である動物たちとすごした時間や存在も大切です。

重ねる一日を大切に思うと、偶然ここで一緒に暮らしたかのような彼らの存在にも家族のような必然性を感じ、誰一人(匹?)として欠くことのできない大切な存在であることに気がつきます。

 

そういえばホームページも11月17日でリニューアルから1年が経過しました。

ということはホームページは生まれてから今日で371日目です。

1周年を迎えたホームページも変わらずたくさんのアクセスをいただいておりまして建築中の別荘のお客様にも喜んでいただいております。

こちらも一日一日と作業を重ねながらますます皆様のお役に立てるサイトに育てていきたいと思います。

 

ちなみにホームページのバナーに使われている仲良しの鳥の置物ですが、これは私がペルーに旅行に行ったときに「ポコ ア ポコ」という日本の方が経営しているお店で欲しそうにしている私に「それなら差し上げますよ」と言ってご主人からいただいたものです。

それ以来とても大切にしています。

偶然ですが「ポコ ア ポコ」という言葉はスペイン語で「ゆっくりと、少しずつ...」という意味だそうです。

ゆっくりと少しずつ一日一日を大切に積み重ねて家族やBe-Leafという小作品をしっかりとしたカタチに作り上げていきたいと思います。

 

 


手作りの小物たち

木で作る小物をご紹介します。

   

 

 

 

 

引き戸の取っ手をマッコウクジラにしてみました。

材料はウエスタンレッドシダーのツーバイフォーの端材です。

 

 

クジラに見え・・ますよね。

ログハウスの2階の子供部屋にある引き戸の取っ手です。

この扉を開けるとお父さんとお母さんのいるリビングダイニングとつながっているので

「ごはんだよ~」 はここから聞こえてきます。

子育ての時間はあっという間に過ぎてしまいますね。

この窓を通して尊い時間をご家族で楽しんでいただければ嬉しいです。

 

端材で作った木の小物の紹介でした。

 

 


« 小さな家 | メインページ | アーカイブ | 建築資材 »

このページのトップへ