プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 日記の最近のブログ記事

ブログ 日記の最近のブログ記事

春が来ました!

 今年も、春がやってきました。

八ヶ岳周辺の里山は標高700mから1200mくらいの標高差がありますので、桜の季節を長く楽しむことが出来ます。

事務所のある白州町(標高700m)の桜は、ほぼ満開です。

雪の残る甲斐駒ヶ岳と桜の重なる美しい季節です。

 

 

 

 

 

 

 

標高の低い里山に住むメリットは、春の訪れが早く、緑を楽しむ季節が長いところです。

今年も、いい季節がやってきますね。

そんな、春の日、「八ヶ岳デイズ」の最新号も発売されました。

 

八ヶ岳デイズも10年目になるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

今号も地域情報満載で、創刊から10年が経過した、「今」の八ヶ岳や、諏訪湖エリアや韮崎の情報まで紹介されています。

弊社の広告は、いつもの目次の隣です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今号は、小淵沢町のNK様邸を紹介させていただきました。

住まいを考えるときに、「空が見える窓」って想像したことが無い方は、ぜひご覧になってくださいね。

空間の広い里山に暮らすと、窓に空がある暮らしを手に入れることが出来ます。

住まいと過ごす長い時間を考えると、手に入れる価値のある景色だと思います。

「いったい何を言ってるんだろう・・?」と思われた方は、ぜひ八ヶ岳デイズの最新号を手に取ってみてくださいね(笑)

 

 

 

今日は、春の訪れと、八ヶ岳デイズ最新号のお知らせでした。

コロナ過でも、春はやってきますね!

いい季節を、楽しんで参りましょう!!

 


stay home with fun !

 お正月からブログをさぼっておりますが、この間に世の中はすごいことになってしまいました。

とても残念ではありますが、現状は辛抱するしかないですね。

極力、人との接触を防ぐためのキーワード「stay homeうちで過ごそう」、ですが、うちで過ごすことにストレスを感じてる方も少なくないようです。

本来、家は一番リラックスできる場所なはずですから、それはそれで、あらためて住まいについて考える機会になるかもしれません。

3月に完成したばかりのランタシードNK邸は子育て世代のために計画しました。

富士山、八ヶ岳、南アルプスをのぞむロケーションに建つ住宅モデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタサルミでは、比較的、開放感のある吹き抜けリビングを設けることが多いですが、こちらのモデルは、延床を35坪程度におさめたかったので、日本の6畳間を基本の構造ブロックにして、積み木のように重ね、組み合わせています。

なので、リビング・ダイニング・キッチン・個室・ファミリールームは、それぞれに6畳間を越えることはありませんが、リビングが2次元・3次元的な中心にあるため、八ヶ岳の大きな空とつながり、窮屈さを感じない間取りになっています。

2階のファミリールームです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった6畳ほどのスペースですが、このスペースでも十分楽しい時間は過ごせますね。

 

階段の吹き抜け部分を利用して、ベンチと本棚を作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった6畳のお気に入りのスペースがあれば、家族は幸せに過ごすことができる! ハズ・・

という想いを、それぞれの区画で感じてもらえるように計画した建物を、子育て世代の方々には、ぜひ見ていただきたい建物です!

この騒動を乗り越えて、「stay home with fun!!」って思える住まいづくりを、思い描いてまいりましょう!!

お部屋でもお庭でも、家族で過ごすことが出来る、たった6畳のスペースがあれば、世界のだれよりも幸せになれる!

ハズ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年もよろしくお願いいたします。

 新年明けまして、おめでとうございます!

すっかり、ご挨拶が遅くなってしまいましたが。

今年も、こちらのブログもボチボチ更新してまいりますので、一年間、よろしくお願いいたします。

そんな昨日は、原村のS様のランタサルミログハウスの地鎮祭でした。

心配していた週末の雪も大したことなく、お天気にも恵まれた、すがすがしい地鎮祭となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、伐採工事、基礎工事と進んで行きます。

小淵沢で進行中のランタシードNK邸も足場が取れて、すっきりしました。

 

富士山がきれいに見える場所に建つ、高断熱・高気密の住宅仕様のランタシードです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタサルミでは、別荘仕様の比較的間取りの大きなプランが多いですが、こちらのお宅は、6畳間の区画を組み合わせて作っていますので、住宅として、北欧住宅をご検討中の方には、参考になるプランかと思います。

実際に、北欧の住まいを見学しても、小さな間取りを上手くレイアウトして、周辺環境と調和しているお宅が多かったので、参考にしたプランとなっています。

こちらは、完成見学会も予定しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

また、工事中ではありますが、室内の見学はいつでも可能です。

工事中のほうが、住宅の無垢の性能を感じやすいかと思いますので、現場見学につきましても、お気軽にお問い合わせくださいね!

寒い、毎日ですが、工事は順調に進んでおります。

今年も一年、よろしくお願いいたします。


令和を迎えても

 こちらのブログもすっかりご無沙汰しておりまして、申し訳ありません。

皆さま、大型連休はゆっくりお休みできたでしょうか。

お陰様で、連休中は、OBのお客様と過ごすことも多く、私たちにとっては、いい時間を過ごさせていただいております。

完成から15年になる、白州町のO様には、毎年のようにお声がけいただき、連休や年末に楽しい時間を過ごさせていただいております。

 

偶然、オーナーのO様と、H様がお知り合いという事で、同じ時間を過ごさせていただいております。H様も新築から20年が経過しようとしています。

 

 

 

 

 

 

毎回、皆様の凄いお話を聞くのを、家内と一緒に楽しみにしており、この場に一緒にいれるだけでも幸せですが、今年も、施工時を思い出しながら、いい時間を過ごさせていただきました。

また、完成から、ちょうど10年になる、白州町のO様のランタサルミログハウスでも、外壁のメンテナンスに挑戦したいという事で、材料の調達などお手伝いをしておりました。

メンテナンスに使用するサシュコ社の塗料は、個人でメンテナンスをするには、販売単位が大きすぎるので、在庫品で間に合うものは、使っていただきました。

 

 

 

 

 

 

傷みの激しい部分は、サンディングもしたので、大変だったと思いますが、きれいに仕上がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成の時代に関わらせていただいた、お客さまも、これからは、メンテナンスを考えていく必要がありますね。

完成後の工務店の役割も大切です。

建築当初、「初めから、ここに建っていたかのようで、ずっとここに建ち続けるログハウスにしたい」とおっしゃっていたO様の言葉が、10年越し、代替わりして、受け継がれ、実現していきます。

 

 

 

 

 

 

平成から令和へと時代は変わりましたが、私たちは、住まいの周りの背景のように、変わることなく建物のそばに居たいと思います。

どうか皆様、これからも末永く、よろしくお願い申し上げます。

 


今年もよろしくお願いいたします。

2018年がスタートしました!

今年の山梨は、穏やかなお正月でしたね。

新年あけましておめでとうございます!

元旦の早朝ウオーキングの景色です。

金峰山がきれいに見えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

穏やかに始まった2018年。

今年は、10年目になるホームページのリニューアルも予定しております。

このホームページがきっかけで出会うことが出来たお客様や、思わぬ受賞、数々の雑誌掲載など、作らせていただいている私共まで楽しませていただいた10年間でした。

10年間でホームページに投稿した、ブログ写真や工事の進捗写真は、あわせて1万4千枚!にもなるようです。

「1万4千って・・!!」

そう思うと、リニューアルも寂しい気持ちにもなりますが、次の10年に向けて、また一緒に楽しんでいただけるホームページに育てていきたいと思っています。

もちろん、こちらのページは、お客様との共有財産なので残す形をとりますが、

どうか、今後も変わらず、ご愛顧いただきますように、よろしくお願い申し上げます。

 

それでは、皆様にとって2018年が、益々良い年になりますように!!

ということで、新年のご挨拶とさせていただきます!

 今年もよろしくお願いいたします。


クリスマスの贈り物

2017年も、まもなく終わりですね。

今年のクリスマスは、朝から降っていた雨もあがり、いいお天気になってきました。

そんな、クリスマスイブの朝、素敵なプレゼントを届けていただきました。

ランタサルミオーナーのK様からの贈り物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、そのプレゼントは、7月に生まれた、息子夫婦の子供、ちさちゃんへのプレゼントでした!

「ででん!」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの、ちさちゃん。

もしかしたら、生まれて初めてのクリスマスプレゼントだったかな。

こんな素敵な愛情に恵まれて、すくすくとと育ってほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し前に、息子夫婦にK様のランタサルミを見学させていただいたときに、奥様が、気に留めておいてくださったんですね。

家族皆で、とっても嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

皆様も、素敵なクリスマスをお過ごしいただき、新年は、みんなで「のびのび、びよよよよーん」

といきましょうね!!

 


手作りのファーストシューズと・・

10月にしては、少し寒いスタートですが、やっぱり気持ちの良い季節ですね。

今日は、八ヶ岳のランタサルミオーナーでもある、O様の奥様が主宰する「まるる靴工房」さんのファーストシューズを紹介しますね。

と、あまりの可愛さに、このブログでも、今までに何度か紹介して参りましたが・・・

うちの次男夫婦に子供が産まれまして、とうとう、わたくしの孫にプレゼントする日がやってきてしまいました~!

偶然ですが、やはりランタサルミオーナーの白州町のO様のお孫さんと同じ年に生まれたので、二つ一緒にプレゼントです!

という、つもりでしたが、実は、ひとつは、O様が、プレゼントしてくれたんですよ! ありがとうございます!!

いつみてもかわいいですね~。

 

いつものことですが、贈る側が、まず手に取って喜んでしまいます。

 

 

 

 

 

 

こちら、初登場のちいちゃん。

我が家に来てくれて2か月と少しになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まれたと聞いて駆けつけた時に、グーパーしながら、息を吸ったり吐いたりするだけで、皆涙~(笑)でしたが、この小さい足が、はじめて靴に追いつく日が、今から楽しみです。

そんなかわいい、ちいちゃんの(笑)ファーストシューズを作ってくれた、まるる靴工房さん。

今週末の10月7・8・9日に原村で開催される、八ヶ岳のクラフトフェアに出展しています。

他にも、手作りのかわいい作品がたくさんありますので、ぜひ、クラフトフェアで手に取ってみてくださいね! 

 

 

 

というわけで、今日は手作りのファーストシューズと我が家のちいちゃんのご紹介でした(笑)

週末の八ヶ岳で、いい時間をおすごしくださいね!


10月に入りました。

10月に入りました!

2017年も、あと3か月。

早いですね。

10月のスタートの朝です。

茅ヶ岳から昇る朝日が、金峰山の頂上を照らしています。

北杜市の朝の景色です。

 

 

 

 

 

 

朝陽の見える場所まで、うちから2kmほどですが、8月にダイエットと称して始めたモーニングウォークのおかげで、天気の良い日は、こんな朝を迎えることが出来ます。

 

余談ですが、20年ほど前に作った、我が家のネームプレートも、月日とともにアイビーがからまっていい感じになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このアイビー、家を建てた時に、寂しかった庭にOBオーナーのK様が、自宅から持ってきて植えてくれたのですが、誘引したわけでもないのに、意思を持っているかのようにネームプレートを飾ってくれて、我が家の時間の経過を感じさせてくれます。

こうして、アイビーを見ていると、時間は失われていくものではなく、積み重ねられていくことがわかりますね。

今年は、新しいアイビーが 「K」 に向かって昇ってきましたよ~、この先どこへ向かうんでしょうか~笑

 

そんな、10月のスタートは、ランタサルミ完成物件の写真撮影でした。

 

南アルプスの眺望の美しい、富士見町のM様のお宅です。

 

絶好の撮影日和に恵まれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この被写体にプロの背中!

いいですね~。

富士見町のM様、北杜市のT様、突然お声がけしてしてしまいましたI様。

ご協力いただきまして、ありがとうございました。

かっこよく仕上げてもらってお届けしますね。

 

10月に入りました!

皆様方も、いい時間をお楽しみくださいね!!

 

 


台風は通り過ぎましたが

台風18号は、通り過ぎ、やっぱり今回も山梨には、大きな被害も無く、通り過ぎていきました。

稲が倒れることもなく、山梨は、いい季節に入っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一安心ではありますが、私の実家のある、大分県の南部・津久見市には大きな被害がありました。

台風による大雨で、車の屋根付近まで浸水被害があったということです。

昨日、送られてきた写真には、泥だらけの道路とゴミの山が写っています。

 

 

水位の高い時は、1.5mほどまでの水位だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溜まった泥や、使えなくなった生活用品のゴミの山の処理は、まだこれからみたいですし、作業をしている人の足元はみな泥だらけです。

 

まだ、水位が高く、家族も近寄れなかったときに、2階に避難している、うちの母親を心配して、水の中を、何キロも歩いて食べ物と水を運んでくれた友達がいます。

水の引いた翌朝には、友達二人で、とりあえず、うちの前の道路の泥をかいて、歩けるようにしてくれたそうです。 

山梨に来てから30年近く経ちますが、電話口で「どうにかしとくから、大丈夫だよ」と言ってくれる友達には、こみ上げてくるものがありますが、除泥作業中に電話したら、「作業の支障になるから切るよ~」と笑いながら、電話を切られました。

 

ありがたいとしか、言いようがありませんが、

泥だらけの写真を見て、たぶん30年でいちばん故郷に帰りたい気持ちです。

出来ることをやっていきたいと思います。

 


地形をよむ

いよいよ、お盆休みに入って、車の数も増えてきた八ヶ岳エリアです。

 

前回のブログで、住処と地形の話をしましたので、地形の話をもう少し紹介しますね。

よく、山のすそ野や林道を走るときに、曲がりくねった道に出くわすことがあるかと思います。

こんな感じで、見通しの悪いカーブが連続する道路です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この連続するカーブには、地形情報がたくさん隠れているのに、お気づきでしょうか?

というのは、このカーブ、山側へ入り込むカーブは地形上の谷を表し、谷川へふくらむカーブでは、そこに尾根があることがわかります。

カーブのきつさや大きさで谷や尾根の緩急を見ることが出来ますし、尾根部分は乾いた土地を表し、谷部分には水がある可能性が高いですね。

 

また、富士山の5合目あたりを走ると、まっすぐに続く道がありますが、すなわち、あの道路は尾根や谷の少ない富士山の形を表しています。

私たちは、情報を2次元で見る習慣が、ついてしまいがちですが、カーブが続く山道に出会うことがありましたら、山の立体感を想像しながら走ってみてはいかがでしょうか?

そうすると今度は、その地形から生まれた水が川になり、川が流れて海へつながることや、形状による乾漆での植生の違いなど、時間の流れ、時間軸が見えてきます。4次元ですね。

(参考までに、比較的直線道路の場所は、植林など手の入った森が多く、カーブの連続する場所では、雑木や自然の深い森が多いです。これは尾根や谷の連続する場所では、日向と日陰の場所が出来て育ちが均一でなかったり、植林をしても、出荷までに手間がかかるので、かえって、自然の森が残っているということかと思います)

 谷川に大きく膨らむカーブに地面の渇きを感じる・・笑

そんな、見方を、お子さんの小さいころに、さりげなく入れておくと、もしかしたら人生の中で役に立つことがあるかも!! しれません。。

夏休みのドライブ中の暇つぶしネタに、良かったらご使用下さいね。

 

それでは、皆さま、気をつけて楽しい夏休みをお過ごしくださいませ!

 

 


« 建築資材 | メインページ | アーカイブ | 暖房いろいろ »

このページのトップへ