プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 薪作りの最近のブログ記事

ブログ 薪作りの最近のブログ記事

薪と薪小屋作り

薪ストーブユーザーに不可欠な薪と薪小屋作りのお話です。

今回はビルダー目線の志向を変えてユーザー目線での作業の様子をご紹介します。

と、もっともらしく言ったものの実は薪を伐ってる時間が無く、梅雨に入る前に軒下に入れておきたかったので、我が家の前でしばらく放置されていた丸太を長坂町のシルバー人材センターにお願いして玉伐りにしてもらったのです。

以前からシルバー人材センターのことは聞いていて、機会があったらお願いしようと思っていました。

60歳以上の方がセンターに登録して適材適所で派遣されるそうです。

 

事務所に戻ると作業は始まっていました。

 

 

 

 伐る人と運ぶ人に分かれて手際よく作業が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

太い丸太もあっという間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から始めて2時くらいには丸太はすっかり軒下に運ばれていました。

すごいパワーに「60歳以上の方が登録してると聞きましたけどすごいですね」というと

「俺はもう70に手が届くよ~」   と笑っていました。

次は伐ってもらった丸太を薪にする薪割り作業ですが、明日で48才になる私は

「またシルバーさんに来てもらうようだな・・」 と、このブログを書きながら心の中で思っています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残念ながら丸太を玉伐りにしただけでは温まらないのが薪ストーブです。

「薪ストーブは玉伐り・薪割り・火入れの3回体を温めてくれる」と言われますが、願わくば冬の1回きりにしてほしいと思う今日この頃です。

 

それはともかく、斧で丸太を割って薪にして、薪小屋に積んで乾燥させておかなければ冬に暖かい思いは出来ません。

ここでOBオーナーさんのT様自作の薪小屋を紹介します。

 

 

 

 

 この薪小屋はランタサルミログの梱包パレットや工事の残材で作られています。

 

 

 

 

 

 

 

 反対側からも。 

 

 

 上手にできてますね。梱包材と端材の限られた材料の中で何かを作るにはこのやり方がいいと思います。

しっかりしてほしい柱を立ててから柱同士をつなぎ、つながった柱と梁を最小限の方法で揺れないように筋違をとっています。

軸になる大きい材料以外は材料を短く使っているところがいいですね。

短いバッテン(筋違)の中央に横架材を短く入れてるところもまた上手いところです。

ちなみに、短い横の材料は3本とも種類が違います。

 

 

   

 

 

 材料の大きさもそろわないので前面合わせですが見た目はきれいにできてます。

 

 

 

 

 

 

 T様2作目です。

今度は横長バージョン。

端材の中からの材料選びが絶妙です。

基本的にはばらばらの材料でこれだけの形にまとめるのはかなり難しいかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 屋根材は妻壁サイディング材できれいに。

ポイントはしっかりと押さえてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、パレットや端材は薪小屋になり、さらに薪小屋作りで出た端材は細かく割って焚き付け用の薪になっていました。

 捨てるところはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ログキットの端材も梱包材もここまで使っていただけると本望ですね。

にしても、うちの軒下の丸太と比べると冬に向けての準備が全く違いますね。

 

冒頭に「今回はビルダー目線の志向を変えてユーザー目線での作業の様子を・・」などと上から目線で書いてしまいましたが薪と薪小屋づくりの情熱に関しては明らかにユーザーさんの方が上ですね。

「もしかしたら60歳を過ぎたら人間は自然にエネルギーがわいてくるのかも?」という不確かな希望を胸に、もう少し薪ストーブを楽しみたいと思う薪と薪小屋作りのお話でした。

 

 


スーパーウッズマン

丁寧な基礎作りでおなじみの丸和工業さんからの電話で

丸和さん    「伐採した木があるから薪にするかい?」  

吉良       「そりゃもうぜひぜひ取りに行きますよ」

丸和さん    「45センチくらいで切っておいたよ」

吉良       「うわー!それは助かります」

丸和さん    「運んでやるよ」

吉良      「それは助かるけどいいんですか?・・・・」

こんな感じのやり取りの数日後、薪をダンプに積んで事務所まで届けてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

積まれて来た薪を見てびっくりです!    

満載。

しかもすでに薪のカタチに。

家内の悲鳴のような喜びの声が森の中に響きます。

吉良     「丸太だとばっかり思ってたからダンプで開けてもらおうと思ってた」

丸和さん  「息子が9時過ぎから昼まで割っただけだよ」

9時過ぎから昼までって事は約3時間・・・・しかも斧で。

薪を割ったことのある人ならわかると思いますが3時間でダンプの屋根まで積み上げるほどにはどう考えても割れません。

確かに基礎工事中もすごいパワーの息子ですが・・・・ロッキー4でもこんなには。。。

しかも何をやらせても仕事が丁寧ときたものでダンプで開けていくどころかこんなにも丁寧に積み上げてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2列あるのですごい量です。

思わず家内に言ったスーパーウッズマンへの最大の賛辞を贈らせていただきます。

「うちにもこんな息子が欲しいなぁ」    笑笑笑笑笑

 

丸和工業さんの基礎工事の様子はこちらで見る事が出来ます。


薪と薪小屋

白州町で薪の販売をしている「きこり」さん、こと山栄建設さんのストックヤードに薪の様子を見に行ってきました。

このところ寒い日が続いて我が家の薪ストーブもフル回転で燃えてます。

北杜市周辺の薪ストーブオーナーの方々は大体10月の終わりくらいから燃やし始めて5月のはじめくらいまでは火を入れる方も多いのではないかと思います。

それだけに薪の調達は出来るだけいいものを安く手に入れたいものですね。 

 

 

 

 

 

 雑木も混ざっていると聞いていましたがナラの木だけをわりと大きめに薪にしていました。薪選びは乾燥はもちろんですが大きさも一つのポイントで火持ちがよさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

45センチで薪を切った半端部分を割ったものもアありました。

 

 

 

 

 

 

 薪小屋もひとつご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

TOYOTAのライトエースのサイトとカタログにもちょこっとだけ写っているかわいい小屋です。 

 

 

 

 

3区画の薪置き場と倉庫とロフトを持っています。

裏側に大きい薪置き場があるので薪のストック量は別荘での週末利用で1年分以上保管できます。

(裏の区画の写真はこちらのページの薪小屋のところにも少しだけ写っています。)

薪をストックする場合、3区画あれば焚きつけ用と乾燥したすぐ使える薪用、未乾燥の薪用、と用途に応じて薪を保管することが出来ます。

ひと区画だけの薪小屋では乾いてる薪が下になったりして時々面倒なことになります。

チェンソーや斧などの薪作りの道具も管理しやすく快適な薪ストーブライフをイメージして作りました。 

 

 

 

 

 

 倉庫の中は斧やチェンソー・ヘルメット・グローブにスコップ・雪かきなどを整理して置けるようになっています。ロフトもあるので極小コロニーヘーブとしても使用可能。

 

 

 

 


薪作り

薪ストーブの薪作りについてのお話です。

最近はオール電化などの影響もありまして家の中で炎を見ることも少なくなったのではないかと思いますが、切った木を割ってそれを燃やすことで暖房をする薪ストーブはなんともクラシックではありますがなかなか森での暮らしを楽しませてくれています。

 薪ストーブをお持ちの方はそれぞれの楽しみ方をされているかと思いますが我が家ではいつも子供達の手をかりて薪作りをしてきました。

おかげで子供達は木の乾燥具合や割りやすさ、火のつけ方や火力の調節等昔ながらの技術をたくさん身につけました。

薪の調達はとても手がかかり、重労働です。子供達も自分達がいなければ薪の準備が出来ないのを知っていますからそれぞれの存在の重要性を知った上で手伝ってくれています。

今の世の中は便利にはなりましたが、昔は子供達も含めて家族全員がそれぞれ欠くことのできない重要な仕事を持って暮らしていたのでしょうし、それだけに家族の絆も強かったのだと思います。

学校では有能感を持っている子供はたくさんいると思いますが家族の中でそれを発揮するチャンスが少なくなったんだと思います。

 

薪割りの作業中、高3の息子から 「ロッド・スチュアートが聞きたくなった」 との驚きの提案にCDをかけてあげたらなんとも白州の森にぴったりとはまった幸せな時間でした。

 薪作りは大変な作業ですが暖房のスイッチを入れてそれぞれの部屋に行く生活ではなかなか味わうことの出来ない森の生活の贈り物をいただいたようです。

 

 

 

 

 ロッド・スチュアート/ベストバラードコレクション

 

 

 


« 蓄熱・通気・遮熱など | メインページ | アーカイブ | 補助金いろいろ »

このページのトップへ