プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 暖房いろいろの最近のブログ記事

ブログ 暖房いろいろの最近のブログ記事

八ヶ岳の薪ストーブ専門店 お買い得情報

昨日はお休みを利用して12月恒例のカレンダー配りをしてきました。

珍しく一緒についてきたうちの奥様と八ヶ岳高原の薪ストーブ専門店「ティンバーライフ」さんへ。

うちで取り付ける薪ストーブのほとんどはこちらで取り付けてもらい、メンテナンスもやってもらっています。

夕方暗くなっていましたが、暗がりのデッキの前で何やら興奮気味の奥様の姿が・・

と、そこにはストーブまわりグッズの「70~90%OFF」の文字が・・

 

 

 

「もうずいぶん売れちゃったよ~」とご主人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても、女性はとかくこの表示に弱いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽつんと、

クマのドアストッパーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうして、案の定両脇に抱えられた数点は我が家へ・・

 

 

 

 

 

 

クマは早速バンダナマフラーをまかれ、名前は「Pocket ぽけっと」となりました。

ドアをストップさせることもなくテーブルの上でポケットに手を突っ込んで、ぽけっとしているからです。

 

 

 

 

 

一方彼は自分の職場へついてお仕事をしています。

 

 

冬になって、暗くなるのが早くなったので玄関の足元灯を人が通るたびにつけてくれます。

(まあ、お分かりかと思いますが人感センサーというやつですが)

前を通るたびに律儀に明かりをともしてくれる点燈夫さんとなりました。

 

 

点燈夫と言えば、サン テグジュペリの「星の王子様」にこんな一節がありました。

「ともかく、この男の仕事には、なんか意味がある。街燈に火をつけるのは、星を、一つ、よけいにキラキラさせるようなものだ。でなかったら、花を一つ、ぽっかりと咲かせるようなものだ。点燈夫が街燈を消すと、花もつぼんでしまうし、星も光らなくなる。とてもきれいな仕事だ。きれいだからほんとうに役に立つ仕事だ。」

と、それから

「ぼくは、あの人だけ、友達にすればよかったなあ」という王子様の言葉につながります。

 

この言葉は建築の仕事にもつながる言葉だなあと思います。

星を一つ、よけいにキラキラさせるために働きたいですね。

うちの奥様もよく言ってますが「うちみたいな暮らしが好きな人はたくさんいるだろうけど、本当にこんな暮らしができている人ってどのくらいいるんだろう?」

おっ、このお言葉はもしや、花を一つ、ぽっかりと咲かせてますかね!?

 

というわけで、いつものように話はそれてしまいましたが、八ヶ岳の薪ストーブ専門店「ティンバーライフ」さんでのお買い得情報のお話でした。(水・木曜日は定休日です)

お好きな方はお早めに。。

 

 

 


薪ストーブの火入れ

今日は、間もなく完成のKojimaさんファミリーのランタサルミログハウスで薪ストーブの取り扱い説明&火入れを行いました。

 

 

 

 

 

薪ストーブは北欧デザイン、デンマーク製のSCAN CI-8。

八ヶ岳高原のティンバーライフさんによる取扱い説明&火入れにだいちゃんも興味深げです。

 

 

 

 

 

これから先の何年間もこの木の家で炎を眺めてご家族で幸せに暮らしていただきたいと思った薪ストーブの火入れの一日でした。


ペレットストーブ

今日の白州は久しぶりの雪景色の朝でした。

積雪は15センチって感じです。

大泉のU様のログハウスの組上げが始まってからほとんど雪らしい雪が降っていなかったので仕事としてはとても助かっていましたが、降れば降ったできれいな景色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな雪の中、今日は岐阜県からペレットストーブメーカーの「シモタニ」さんがデモ機をもってきてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 2011グッドデザイン賞受賞の「concord ALCOTT」

 

 

 

 

 

最近は主暖房をサーマスラブ(土壌蓄熱式床暖房)にされる方が多いので補助暖房ならペレットもいいかな?

と、思っているのですが、なかなかいいデザインの機種もなく、実際に使用しているペレットの施工例がないので使用感や暖房能力がカタログ数値だけではわかりません。

で、探していたところ「シモタニ」さんのストーブがなかなか美しかったのでこの雪の中、デモ機を積んで訪ねていただいたわけです。

 

 

 

 

 

 

 ペレットストーブの燃料はご存知の通り、木材のクズや端材を砕いて圧縮したドッグフードみたいな材料を燃料として使用します。

この10K入りの袋がペレットストーブ本体の後ろのタンクに入り、燃焼中は自動供給なので手間いらずです。

 

 

 

 

 ペレットストーブは実際に火を燃やすという意味では薪ストーブの雰囲気がありますが、着火や火力調節などはダイヤル一つで出来ます。

着火剤に火をつけるという作業はありませんし、燃焼室を開けるのも灰受けの掃除のときくらいです。

また、煙突工事やレンガ積みなどの炉台工事が不要なのでどちらかというとFF式の石油ストーブを設置する感覚で設置が出来て、室内もわりとすっきりした雰囲気に仕上がるのが魅力だと思います。

 

 

 

 

 

  着火や火力調節はこちらのダイヤルで操作します。

ダイヤルが木でできていました。こういうのが嬉しいですね。

 

 

 

 実際のペレットストーブの使用感を薪ストーブと比較していただくために事務所での展示を考えていますのでその際はあらためてご報告しますね。

 

久しぶりの雪の日に届いた シモタニさんのペレットストーブのご紹介でした。

 シモタニさんのサイトはこちらです。

 

 

 


ログハウスで薪ストーブの入れ替え工事完了

以前のブログでご紹介しておりました白州町のK様のログハウスでの薪ストーブ入れ替え工事が完了しました。

以前のブログはこちらです。

選択されたストーブは北欧デンマークのSCAN製 CI-10というモデルでSCANのCIシリーズの中では最も大型のストーブです。

 

 

 

 

 

 

まずは古いストーブを取り外して外部二重煙突を掃除します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙突を掃除して、雨漏りしないようにコーキングをしてから耐熱スプレーでの再塗装をします。

 

 

 

 

 

煙突がきれいになったらいよいよストーブ搬入です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業は順調に進み、夕方には火入れ式となりました。

白州でも急に朝方冷え込み、少し肌寒い一日だったので試運転にはちょうど良かったです。

 

SCAN CI-10の特徴は50CMの薪も投入できる余裕のサイズとたっぷりと炎が楽しめるガラス面の広さです。

薪の状態や炉内の温度で刻々と変わっていく炎を楽しむことができます。

冬の長い北欧では眺める炎を美しく見せることも薪ストーブに求められる大切な要素なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの特徴は大型ストーブでありながら奥行きの薄いデザインなので省スペースで設置することができます。

さらに底面・側面・背面とヒートシールド構造になっているので壁面からの離隔距離も少ないためリビングへ出っ張りすぎない感じも良いかと思います。

省スペースで控え目でありながらしっかりと存在感があるところが北欧のデザインって感じですね。

 

 ただ、大型の一枚扉なので薪を足すときなど開口部が大きく、使い方に注意が必要かと思います。

こちらの炉台は広くて床との間に立ち上がりがありますが、炉台を少し広めに作っておくと薪がこぼれても安心だと思いました。

性能的には対流式ストーブの特徴か、暖かさの広がりが早く感じられました。

 

 

 

 

 

 

以前のモルソーの小型ストーブと前面の出幅はほとんど変わらない大型ストーブです。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、試運転であることを忘れて炎をながめておりますと工事中から気になり、お願いをしておりました(超)高級オーディオから音を出していただくことに。。。

夕暮れ時にログハウスの木に囲まれた空間で揺らめく炎をながめながら上質な音楽を聴けるというのは・・・まぁ、ここから先はつたない言葉よりもご想像にお任せします。

 

 

と、いいつつも。

いくつか聞かせていただいたアルバムの中ですごく気に入ったのがあったのでご紹介しますね。

私は知らなかったのですが有名なアルバムみたいです。

ヒリアード アンサンブルの「モリムール」というアルバムです。

  

 

 

The Hilliard Ensemble 「Morimur」

 

 バッハの曲にヒリアード・アンサンブル4人のコーラスとクリストフ・ポッペンという方のバイオリンです。

グレゴリオ聖歌とバッハが混ざったような曲調に独特の浮遊感のある歌声を聞きながら炎をながめていますと危うく「召されて」しまいそうでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで工事も無事に完了し、思わず時間を忘れてしまいそうなほどに美しい音楽と薪ストーブの炎に包まれた素敵な時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました。

 

暑かった夏も終わり、いよいよ薪ストーブに抱擁したくなる季節がやってきますね。

一つの季節が終わると次の季節の訪れが楽しみな白州の森での薪ストーブの入れ替え工事のご紹介でした。


ログハウスで薪ストーブの入れ替え工事

週末は予想外の大きな台風が通過し、ここ白州の森でも珍しく木々が大きく左右に揺れてたくさんの雨が降りました。

大きな被害の出たところもあるようです。

森の中にも小川が何本か流れていますが森の小さな川はなかなか氾濫しません。

大半の水は地面が吸収してくれるからだと思います。

地面が舗装されると便利になる反面、大雨が降った時に川に流れ込む水の量が増えていきます。

舗装路が増えて雨水を吸収してくれる土の地面が減っているのに水路や川幅は変わらないところは多いのではないでしょうか。

川幅と地面、舗装路のバランスを考えなければ大雨の時に当然水路や川はあふれていきます。

また、コンクリートの隙間などから侵入した水も簡単には蒸発せず溜まってしまったりするんでしょうね。

何事もバランスが大切で、災害の規模が想定を超えることが多くなってくると、これからは土の地面を広げていくような発想の治水といいますか、自然との付き合い方があっても良いのではないかとも感じます。

 

そんな台風の雨の止み間に白州町のK様のログハウスで薪ストーブの入れ替え工事の打ち合わせをしてきました。

現在ご使用の薪ストーブ。モルソーですかね。

愛されてきた感を醸し出していますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱性と蓄熱性の高いログハウスでは性能的にはこの大きさでそれほど問題が無いとのことですが大きい薪が入らないので次第に薪作りが大変になる前に入れ替えをしようという計画です。

新しい機種は今回も北欧デザインにこだわってSCAN CI10を選択されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は50センチの薪も投入出来てガラス面も広いので炎も良く見えそうです。

暖房能力も高いので北欧デザインとともにゆったりと薪ストーブライフが楽しめそうな機種ですね。

工事が完了したらまたご報告しますね。

 

話は変わりますが、K様のお宅をはじめて訪ねたのは今年の7月です。

ロフトが暑いので換気扇をつけて欲しいいということで換気扇工事をさせていただきました。

で、その時初めてお訪ねして以来、この夏中、私の心から離れないのがこちらの写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K様のお宅の前の森です。

何が?と思われるかもしれませんが森好きの私としてはこの整然とした森にすっかり心奪われてしまいました。

ちなみにこちらの森を見るまでとても満足してた事務所の前の森の写真はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはこれで自然な感じで良いかと思っていましたが、上の写真と比べると小径木が多く、少し風通しが悪そうに感じることや熊笹の生き生きした感じがまるで違います。

K様はお隣の敷地の地主さんに許可をもらって小径木を整理して熊笹を毎年春になるとご自分で刈っているそうです。

そうすると下の写真のような茶色に枯れた葉っぱが無くなって青々とした勢いのあるグランドカバーになるそうです。

気のせいかもしれませんが打ち合わせ中に室内に入ってくる風もストロークが長いというか厚み感のある風が入ってくるように感じました。

森は自然のままでも美しいと思っていましたが手を加えるとやっぱり見た目にも気持ちが良いですね。

こうして手入れしていると倒木や土砂災害なども減っていくんでしょうね。

来年はぜひうちもお隣の地主さんに相談して美しい森づくりに挑戦してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもかなり広い森を・・いくら見た目が気持ち良いからとは言え・・しかもお隣の土地。

土地や建物は個人の所有物であることは間違いありませんが、以前から外観はそれをながめる人のものでもあるような気がしていました。

見た目は人のもの・・って考え、感じたほうが景観や街並みが美しくなり、世の中が住みやすくなりそうな気がします。

そんな気持ちをあらためて感じて心奪われているK様のログハウスのまわりの景色です。

 

と、すっかり話がそれてしまいましたが、薪ストーブの入れ替え工事のお話でした。

新しくなったらまたしっかりご紹介しますね。


名残の炎

薪ストーブを使い始めてかれこれ10年以上になりますが白州の森の中では大体11月頃から焚き始めて3月いっぱいくらいまでは主暖房として薪ストーブのお世話になっています。

それでも森の中では6月くらいまではぼちぼちと肌寒い日に火を入れています。

今の時期に少しだけ眺める炎を楽しんでいらっしゃるユーザーの方も多いのではないでしょうか。

つけるとポッと暖かく、消えたからと言って寒いわけでもなく、

山菜の季節が終わり、すっかり緑におおわれた森の中で鳥の鳴き声を聞きながらほんの少しだけ火を入れる小さな楽しみ。

あと少しでしばらくの間お休みになる名残の炎のお話でした。


羊毛断熱材

先週末、羊毛断熱材の構造現場見学会+勉強会に参加してきました。

住宅に使用する自然素材に関心のある方は聞いたことがあるかと思いますが住宅の壁の中に入れる断熱材に本物の羊の毛(ウール)を使用します。

 詳しく知りたい方はメーカーHPをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 実際の施工現場を見せていただきました。

山梨県南アルプス市にあるこちらの会場は国産材を使用した長期優良住宅のモデルハウスとして公開されるそうなので羊毛断熱材の調湿・防音効果などを実際に体感することが出来ます。見学希望の方は連絡をいただければご案内いたします。(0551-35-2269吉良)

 

 

 

私たちはランタサルミログハウスの室内環境のすばらしさを体感しています。

夏場に室内に入ったときに感じるひんやりとした感じ(調湿効果)や、冬場の断熱・蓄熱効果はフィンランドパイン100%のなせる業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この室内環境に在来工法でも近づけてみたいと思っていますがその可能性を持っているのはログ材と同じ有機素材である羊毛断熱材ではないかと思っています。

ただ、1棟あたりに使用する一般的な断熱材に比べて30万円近く割高になることや壁の中に入れると見えなくなってしまうのでその負担増に対して見合うだけの効果がないとなかなかお客様にご提案することが出来ません。

「そんなところに費用をかけるならその分をシステムキッチンに・・」と言うお話になってしまいます(笑)

羊毛断熱材の宣伝の中にある

「光熱費半分!家の空気がきれいに!すごい調湿力!ずっと長持ち・環境にやさしい! 」

は、おそらくその通りだと思いますがその費用と効果は以前から体感してみたいと思っていました。

幸い、南アルプス市にあるこちらの住宅は 長期優良住宅のモデルハウスとして公開されるそうなので夏場の甲府盆地での室内環境を肌で感じることが出来ますので、皆様にも積極的に利用していただければと思います。

 

 

また、こちらのモデルハウスでは以前のブログでもご紹介したサーマスラブという土壌蓄熱暖房方式を採用していました。

 ただ断熱工法も含めて施工内容はサーマスラブの標準施工方法とは違っていたのでこちらも少しご紹介します。

 

 

 

 

 

こちらでは床下の深さを十分にとって羊毛による基礎の内断熱方式を採用していました。

ちょっとわかりにくい写真ですが木の下側は床下スペースで基礎の内側で断熱をしていました。

 

 

標準施工では基礎は外断熱工法で床下は10センチ程度しかありません。

興味のある方はサーマスラブ施工方法を比較してみてください。  

 

地熱利用や断熱効果よりも寒冷地ではないということもあり、シロアリ対策やメンテナンス性を優先した施工方法をとられたようです。

そのあたりは設計・企画者の判断の分かれるところだと思いますが住宅を進めるにあたり専門家の「配慮」があるのは大切なことで、何も考えずにマニュアル以上の取り組みをしないことのほうが問題なのだと思います。

ただ、こちらの施工方法で楽しみなのはサーマスラブは暖房方式から考えて室内の過乾燥が考えられますが羊毛の持っている断熱・調湿効果をどれだけ発揮できるかを実際に体感できるところだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨県産材や国産の杉材、土台には栗の木を使うなど自然素材をふんだんに使用したモデルハウスです。

 

 

 

3月末には完成して公開されるそうです。

イニシャルコストは高いがその効果に期待の持てる羊毛断熱材です。

構造状態を見たい方、また自然素材に関心のある方は住宅版エコポイントを利用して採用するチャンスの年だと思いますのでお気軽にお問い合わせください。

 

一般住宅はもちろんランタサルミでも使ってみたい! と思った羊毛断熱材の勉強会のお話でした。

 

 

 

 

 


サーマスラブと地熱利用

昨年の夏から施工させていただいておりました北杜市長坂町S邸において「地熱」について面白いデータを見る事が出来たのでご紹介いたします。

S様のお宅はサーマスラブという暖房設備を採用しております。

サーマスラブとは建物の基礎部分の土壌を温めることで建物全体を暖めるという暖房方法で、熱源としては深夜電力を利用して地中に埋設したサーマスラブパネルを暖めるという方法をとっています。建物地盤自体を蓄熱体として利用するため新たに蓄熱体を用意する必要がないので比較的安価に施工できるというメリットがあります。

詳しく知りたい方はサーマスラブHPをご覧ください。

 

北杜市の冬といえば八ヶ岳おろしが吹き、昼間でもマイナスになるほど寒いのですがS様のお宅は現場に入るたびになぜか「ほんのり暖かい?」のです。

現場に暖房設備はありません。

断熱材がいいから?イヤイヤ断熱材は暖房しなければどんなに厚くしてもそれ自体が室温をあげることはありません。逆に保冷庫のようになってしまう場合もあります。

今までも冬場の完成前の現場は何度も経験しましたが 「何か熱源がある!?」というこの感覚は初めてでした。

 

その何かの熱源は「地熱」でした。

サーマスラブの温度管理のためにスラブ温度(床下コンクリートの温度)のセンサーをコンクリートの中に埋設したのですがその温度が+10℃だったのです。

つまり外気温がマイナスのときでも床下の温度は安定して+10℃あるということです。

基礎の外側を断熱して床面に断熱施工をしていないので床下の地熱温度がそのまま室温に影響を与えているのです。

詳しくはこちらでご紹介しております。

地熱が年間を通して安定しているのは聞いたことがありますが実際にその暖かさを体感するのは初めてなのでふるえながら現場の中に入ってほんのりと暖かいのが地球の温もりだと思うとなんだか嬉しくなってしまいます。

実際に床下の温度が真冬で+10℃ということは凍結防止のヒーターは作動しないので冬場にヒーターの電気代は外部配管部分のみということになります。それだけでも冬場の電気代が月に数千円お得になります。

 

またスラブ温度が安定しているのは夏場も同じで外気温が+30℃以上でもおそらくスラブ温度は+20℃前後ではないかと思います。

この夏場の-10℃の温度差も利用することが出来ます。

冬場の+10℃と夏場の-10℃の外気温との差は共に私達の暮らしを快適にしてくれるフリーエネルギーです。

この地熱を利用したサーマスラブはうまいことを考えたものだと思います。

たまたまS様のお引越しが春からということで体感できた地球のぬくもり(電源を入れてしまうとわかりませんでした)ですが冷暖房の理想の究極は「無料で環境負荷がゼロ」だと思います。

そして住宅に自然素材を使用すると快適であるように冷暖房機器も自然エネルギー利用が快適なのだと思います。

サーマスラブの工事を通して木陰や陽だまりの心地よさを住宅に取り入れるヒントをいただいた気がします。

 

 

 地球と同じ形をしたドームハウスは太陽光を室内に効率よく取り込むことが出来ます。地熱利用のノウハウと太陽光を取り込む採光計画で地球のエネルギーを利用しながら冬暖かく夏涼しい暮らしが出来そうです。

「地球のこぶ」のようなローインパクトな暮らしがご希望の方には良いと思います。


外断熱は寒い!?

住宅の断熱方法には大きく分けて2種類あります。

内断熱と外断熱という言葉で分けられていますが壁の中に断熱材を入れるのが内断熱工法で壁の外側で外壁をスッポリ断熱材で覆うのが外断熱工法です。

ちなみに弊社では内断熱工法を選択しています。

TV等でも宣伝され、外断熱のメリットがもてはやされるなか急速に広まった感じはありますが最近ユーザー様の声として「うちは外断熱にしたんだけど家がなかなか温まらない」という声を耳にします。

そう言われるユーザー様の住宅の特徴は

・外断熱工法で施工

・別荘として週末のみ使用

・主な暖房機は室内にある対流型の(FFヒーター、ファンヒーター、エアコンなど)暖房機  

というのが特徴です。

 

実はこの条件にあてはまる家が温まりにくいのは当然といえば当然なのです。

その理由のひとつは別荘では普段生活していないので不在時には室温が下がってしまいます。

外断熱は構造上クーラーボックスと同じ構造なので冷たいものは冷たく保つ性能を持っているため不在期間の長いお宅で一度温度が下がってしまうとなかなか温まらないのです。

また、外断熱工法では壁の中が空洞になっているため室内だけ暖めれば良い内断熱工法と比べて暖房容積が大きくなるので家が温まるまでに時間がかかってしまいます。

このような状況は対流型の暖房機で顕著におこります。

たとえば床暖房が入っていれば寒さはそれほど感じないでしょう。

おそらく「寒い」と感じている方は週末に冷えきった室内に入り、土曜日と日曜日に暖房機を使用してそろそろ温まったかな・・と思うころに東京へ帰る。

という感じなのではないでしょうか?

逆に常に生活して暖房している場合には壁体内も暖まり輻射熱で快適に生活できると思います。

 

つまり今回のお話は断熱方法の優劣のお話ではなく 

建築地の環境や使い方を考えて断熱方法を計画しなければ断熱材の性能をを十分に発揮することが出来ないばかりか逆効果になってしまうこともあるというお話です。

誤解がありませんように 付け加えておきます。


薪ストーブについて

薪ストーブの施工例をご紹介します。

今回ご紹介する薪ストーブはどれも北米出身でそれぞれに独自の方法で薪の持っているエネルギーを効率よく熱エネルギーに変える能力を持っています。

その能力のひとつは、一般的に薪ストーブというと「薪を燃やす」というイメージをお持ちだと思いますが今回ご紹介するストーブたちは薪を燃やしたときに出る「煙を燃やす」という能力を持っている優れものたちなのです。

それぞれに薪を燃やすための燃焼室と煙の中に残っている成分を燃やすための2次燃焼室という部屋を持っています。

煙突からモクモクと煙があがっているのが暖炉のイメージですがその煙の分だけ貴重な薪資源を無駄にしていたということです。  

 

北杜市大泉町M邸バーモントキャスティング 「レゾリュート アクレイム」 

 標高1000mの八ヶ岳で30畳の吹き抜けとロフトを暖めています。お部屋が大きいので能力的には補助暖房といったほうがよいかもしれません。片開きのドアが特徴で炎が良く見えて楽しめます。薪の補給は上からも出来るので火の粉が飛ぶこともなく女性でも安心して使えます。デザイン的にも美しいモデルですね。 

 

 こちらのストーブには暖かい思い出がいっぱいです。 おいしいお茶をいただきながら笑ったり泣いたり・・とても大事にしていただき、たくさんのお話をしました。 

それはともかくこちらのストーブ廻りのレイアウトは美しい!でしょ 撮影用に飾り付けた?

いやいやこれは普段のひとコマ。その名の通りに 「アクレイム」 「賞賛」を贈らせていただきます。

 

 

長野県諏訪郡富士見町 K邸 バーモントキャスティング 「アンコール エヴァーバーン」 

 

 八ヶ岳高原のログハウスで24畳のLDKと2階を暖めています。能力的には主暖房として十分な能力があります。先代「アンコール」から*キャタリティックコンバスター「触媒」をはずしたモデルです。

 ランタサルミ ウインターキャンペーンでの薪ストーブプレゼント企画をバージョンアップされたK様はアンコールの非触媒方式を選択されました。それは仕事がら針葉樹を燃すことが多くなるだろうという理由での選択でした。

ちなみにこのレンガはK様の力作です。失礼、K様ご夫妻の力作です(笑) かっこいいですね、やはり薪ストーブとレンガは良く似合います。

ログハウスの気密・断熱性や蓄熱性との相乗効果もありこれ一台で余裕の暖房能力です。

これからもご家族の歴史とともにいつまでも暖め続けてくれるのでしょう。 

 

 

北杜市白州町 O邸 ダッチウエスト 「セコイア」

 

白州町のO様宅の薪ストーブはダッチウエストの「セコイア」です。なんと40畳のリビングに吹き抜け付のお部屋を暖めています。こちらは*キャタリティックコンバスター(触媒)付のモデルになります。一枚ガラスで炎もよく見え薪を横からも入れることが出来るので安全に長い薪を入れることが出来ます。

これで40畳のLDKを暖めることが出来るかな? と少し不安でしたがすごい暖房能力をもっています。

建物の南面にサッシが多いので冬場に光がよく入り、その余熱もあるのでしょうがそれにしても隅々まで暖かさがよく届いています。

ペットのワンちゃんも「2次燃焼が始まるとストーブのそばで眠ってしまう」のだそうです。動物は家の中で一番気持ちのいいところにいつもいますよね。

うちのネコも同じです。 

 

 

北杜市小淵沢町O邸 バーモントキャスティング 「アスペン」

 

小淵沢のO様のお宅はこの「アスペン」で12.5畳のLDKとつながりのある6畳の和室を暖めています。キッチンと並んで配置していますので暖房とともに調理器としても活躍しています。小さい割には暖房能力があり、炎がよく見えて天板が広いので使い安くなっています。

 完成してから7年が経ちましたが冬になると大活躍しているバーモントのアスペンです。

八ヶ岳での別荘建築の計画中は「冬が心配なの・・」と言っていた奥様も今では「冬がいいのよね」とすっかり変わってしまうほどに活躍している小さなストーブです。

アスペンが調度良いくらいの間取りが暮らしやすいかも、と思ったり します。

 

 

今回ご紹介しましたどのお客様もそうなのですが、薪ストーブは薪の準備の大変さにもかかわらず設置後の満足度がとても高い暖房機です。それは薪ストーブがただ単にお部屋を暖めるだけの暖房機と違い、それぞれのご家族の「暮らし」を暖めてくれているからではないかと思います。

皆様 暖かいばかりではない冬をお過ごしのようです。

 

薪ストーブのご紹介でした。 薪ストーブ選びの参考になれば幸いです。

*キャタリティックコンバスター(触媒)について    キャタリティックコンバスターとは未燃焼ガスを容易に再燃焼できるように2次燃焼室に設けられる触媒(蜂の巣状の小さな部品)  定期的なメンテナンスと交換が必要。

 


« 日記 | メインページ | アーカイブ | 蓄熱・通気・遮熱など »

このページのトップへ