プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 2020年11月アーカイブ

ブログ 2020年11月アーカイブ

ランタサルミログハウスS様邸完成しました!

 11月に入り、朝夕に寒さを感じるようになった八ヶ岳です。

夏と冬の寒暖差の大きな八ヶ岳エリアでは、木材に熱を蓄えることで、やわらかな輻射熱を得られるような住まいづくりを心掛けていますが、そんな住まいがもう一つ完成しました。

以前のブログでUa値やC値の紹介をさせていただいた、S様のランタサルミログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数値の説明は、ここでは省略させていただきますが、Ua値0.44w/㎡k、C値は05㎠/㎡のログハウスで、

ログハウスでは、難しいと考えられがちな、高気密・高断熱住宅と同等の性能を持っています。

現在、床下エアコンを試運転中ですが、約90畳の床面積を、14畳の寒冷地エアコン1台で、外気温3℃に対して、室温は設定温度の18℃に保っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高気密・高断熱住宅と同等の性能・・と書きましたが、実はここから、ログハウスは真価を発揮できるようになります。

ログハウスは、温め続けることで、熱を蓄えることが出来るので、全体が輻射熱に包まれた優しい暖かさを感じることが出来ます。

これは、石膏ボードで仕上げられた、さらにハイスペックな高気密・高断熱住宅にも真似することが出来ません。

これだけ大量の木材を使用する真価ですね。

よく、ログハウスの温熱環境に関するお話で、「薪ストーブ一台あれば、冬はTシャツで過ごすくらい暖かい」なんて方もいらっしゃいますが、あれは、実は、Tシャツで過ごすくらいまで室温をあげないと暖かさを感じられないから、上げざるを得ないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、ゆっくりと冬に向けて、木材を温めていくことで、快適な温熱環境を作っていきます。

その温もりを、木材からの贈物のように感じていただけると嬉しいですね。 

八ヶ岳の大きな自然の中で、木に寄り添って生きる快適な住まいが、もう一つ完成しました。


« 2020年9月 | メインページ | アーカイブ | 2020年12月 »

このページのトップへ