プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 2020年9月アーカイブ

ブログ 2020年9月アーカイブ

八ヶ岳の東と西で

 暑かった今年の夏の記憶もすっかり忘れつつ、気持ちの良い10月を迎えようとしています。

そんな気持ち良い季節を迎える八ヶ岳の東麓の野辺山と西麓の原村で工事中の、二つのランタサルミログハウスの足場が外れました。

ともに自由設計によるフリープランですが、外観デザインは、切妻型と大屋根モデルと趣が違います。

大屋根モデルの野辺山のY様のログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

積雪の多い、野辺山での暮らしを考慮して、車寄せにもたっぷりのスペースを設け、車寄せにつながる大きな外部倉庫も設けました

 

 

 

 

 

 

 

大きく出した庇で、室内が暗くならないように、屋根には明かり取りを設け、ウッドデッキへの雨落ちには、グレーチングを設置し雨の跳ね返りを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

基本的には、平屋ベースの建物に、車寄せや収納など、「余白」部分にたっぷりと余裕を持たせた、暮らしやすそうなログハウスです。

かたや、西麓の原村に建つログハウスは、ログハウスの定番、切妻型の大型ログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

延べ床面積、約150㎡で、屋根にはドーマーもある4LDKの大型ログハウスになります。

 

 

 

 

 

 

 

寝室から見える、白樺の林も美しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

二つのログハウスともに、想定外のコロナ禍の工事でしたが、おかげさまで、予定通りに足場を外すことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、八ヶ岳の東西で、趣の違うログハウスが、同じタイミングで足場が外れましたので、紹介させていただきました。

これから、仕上げの工事に入りますので、きれいに仕上げていきたいと思います!


気密測定を行いました。

 今日は、八ヶ岳の南麓と西麓に建つ、ランタサルミログハウスとランタシードの建物の気密測定を行いましたので、紹介させていただきます。

ちなみに、気密測定による数値は、C値で表され、おおむねC値が0.5c㎡/㎡以下になると高気密住宅の部類に入るとお考え下さい。

以前のブログで、外皮平均熱貫流率Ua値について書かせていただきましたが、Ua値は設計数値ですが、C値で表される気密性は、木材加工の正確さと、施工の丁寧さが重要になってきます。

ちなみに、今回の測定は、こちらの基準に合わせて行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳の西麓標高1250mに建つS様のランタサルミログハウスでの気密測定の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのログハウスの測定結果はC値0.5c㎡/㎡だったので、高気密住宅の部類に入る結果が得られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにS様のログハウスは、Ua値0.44w/㎡k、C値0.5c㎡/㎡のログハウスになるので、性能的には、高性能住宅の顔も持ったログハウスということになります。

 

同じ日に、この春完成したばかりの、八ヶ岳南麓に建つランタシードNK様でも、気密測定を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも、同条件で気密測定を行いましたが、こちらの測定結果は、C値が0.2c㎡/㎡でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、ランタシードは気密を取りやすいのがわかります。

こちらのお宅のUa値は0.38w/㎡kなので、C値0.2c㎡/㎡、Ua値0.38w/㎡kの建物ということになります。

Ua値は、いわゆる高断熱住宅に比べると大きいですが、数値だけを求めて窓を小さくしたりせず、プランを優先させています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてみると、ランタシードはもちろんですが、ログハウスも高気密・高断熱住宅メーカーのような性能が出せることが見えてきます。

趣味や嗜好性の強いログハウスですが、日常を楽しむためにも、住宅としての基本的な性能は押さえておきたいところですね。

 

というわけで、今日はランタサルミログハウスとランタシードの気密測定のお話をさせていただきました。

皆様の快適な住まいづくりの参考になれば幸いです。

それでは、また。


« 2020年8月 | メインページ | アーカイブ | 2020年11月 »

このページのトップへ