プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 仕事 > ログハウスのUa値について(3)

ブログ

< ログハウスのUa値について(2)  |  一覧へ戻る  |  ログハウスのUa値について(4) >

ログハウスのUa値について(3)

 ログハウスのUA値(外皮平均熱貫流率)についての3回目になります。

前回は、八ヶ岳に建つ、ランタサルミログハウスの、実際のUA値について書きましたが、今回はランタサルミの北欧住宅「ランタシード」のUA値について、実際の数値を紹介させていただきます。

その前に、ランタシードについて、簡単に説明しますと、ランタサルミの北欧デザインと北欧部材を利用し、基本構造は日本の在来工法で作る住宅になります。

ログハウスに比べると、設計の自由度が高く、断熱や気密性能も上げやすいですね。

それで、実際にどのくらいのUA値になるかといいますと,

こちらの長野県の富士見町・3地域に建つM様のお宅は、0.28w/㎡kとなっています。

前回、お話しましたログハウスのUA値が、大体0.45前後だったので、UA値としてはかなり小さく、つまりは熱が逃げにくくなっていきます。 

 

 

 

 

 

 建物外皮の中でも熱損失の大きい窓は、北欧仕様の木製トリプルガラスサッシを標準採用しているので、開放感を損なうことなく建物外皮の性能を上げることが出来ます。

(木製サッシU値1.09w/㎡k)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

次に、こちらの茅野市の標高1500mに建つ I様のお宅は、UA値0.31となっております。

 

 こちらも3地域の省エネ基準0.56をクリアしております。

 

 

 

 

 

 

  

 UA値は、建物外皮の平均熱貫流率になりますので、UA値を求めていくと、当然、壁に比べて断熱性能の低い窓を小さくしていくと有利になってくるわけですが、それでは、本末転倒ですね。

 

 

 

ただ、やはり、ガラス面積が大きくなると、UA値が大きくなってるのが、今回、紹介している実例数値からもわかるかと思います。

こちらの原村の3地域に建つM様のお宅は、0.39となっております。 

ガラスの面積が大きいと数字は大きくなってきますが、3地域の基準0.56は余裕でクリアしており、北海道などの1地域の基準0.46もクリアしております。

 

 

 

 

 

 

 数値を求めるとリビング上部の窓は、はずしたいところですが、日常を考えると、尊い景色で、窓の大切さを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

また、こちらの山梨県北杜市の3地域・小淵沢に建つNK様のお宅は0.38となっております。

 

 富士山や八ヶ岳といった眺望の美しい場所に建っています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも、東側へ向けて大きな開口部を設けていますので、UA値は大きくなってきますが、住まい手は、四季を通して、自然とのつながりを感じながらも快適に暮らしたいわけなので、数字だけを求めることは避けたいところです。

八ヶ岳の広い空とのつながりを感じながらの日常です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、上の写真にあるような、柱のすぐ横にドアや窓を作ることや、ペイント仕上げの壁はログハウスでは難しいので、ランタシードのほうがログハウスに比べて設計の自由度が高いと言える、一例になります。 

ということで、今日は、八ヶ岳での施工例をもとに、北欧住宅・ランタシードのUA値を紹介させていただきました。

やはり、単純にUA値だけを比較すると、ランタシードのほうが数字を小さく、つまり断熱性のを上げやすいことや、ガラスの面積が増えると、数字が大きくなってくることもわかりますね。

ざっくりと、ログハウスとランタシードでUA値比較しますとログハウスで0.45w/㎡k、ランタシードで0.33w/㎡kといったところが、八ヶ岳でのランタサルミ実例数値という感じですね。

どちらの数値も、3地域の中でも特に1年間の寒暖差の大きい八ヶ岳で、目標数値としてお勧めできる数値だと思います。

ただ、目指していくべきは数値ではなく、住まい手の住み心地なので、あまり数字は求めすぎないのが大切だと思いますね。

例えば、ランタシードと比較すると数値上UA値の劣るログハウスには、いいところもたくさんあります。

具体的には、一般的に言われる、木材の調湿効果などに加え、ログ壁の「重さ」とか「熱容量」(熱をためる力)とかが、ログハウスのマニアックな魅力になりますが、お好きな方は、次回の、そんなお話にもお付き合いいただければ嬉しいです。

まあ、そもそも、ログハウスを住まいに選ぶのに、温熱環境を期待して選ばれる方が、あまりいらっしゃらないので、ログハウスの快適な温熱環境はオマケみたいなものかもしれませんが、これは、建築後の数十年間に渡る「木からの贈物」ともいえる、結構な贈物じゃないかと思っていますので、もうしばらくお付き合いくださいね。

それでは、また。

 

 

 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ログハウスのUa値について(3)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/573

コメントする

< ログハウスのUa値について(2)  |  一覧へ戻る  |  ログハウスのUa値について(4) >

同じカテゴリの記事

今年も一年お世話になりました。

 今年も残すところ、今日を含めて二日となりました。

おかげさまで、今年も一年間を、無事に終わることが出来ました。

年末は、地鎮祭をお願いしている横手の駒ケ岳神社さんへ、一年間のお礼を兼ねて、参道の焚き火用の薪を届けたら、ホッと一息、一年が終わる感じです。

昨日も薪をお届けして、お茶をいただきながら「どうにか、一年過ぎましたね」なんていう、何でもないお話にも、若干の重みを感じました。

新しい年は、ビックリするくらいに嬉しい想定外の一年になるといいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も一年お世話になりました。

皆様も、暖かくして、良い年をお迎えくださいませ。


ランタサルミログハウスS様邸完成しました!

 11月に入り、朝夕に寒さを感じるようになった八ヶ岳です。

夏と冬の寒暖差の大きな八ヶ岳エリアでは、木材に熱を蓄えることで、やわらかな輻射熱を得られるような住まいづくりを心掛けていますが、そんな住まいがもう一つ完成しました。

以前のブログでUa値やC値の紹介をさせていただいた、S様のランタサルミログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数値の説明は、ここでは省略させていただきますが、Ua値0.44w/㎡k、C値は05㎠/㎡のログハウスで、

ログハウスでは、難しいと考えられがちな、高気密・高断熱住宅と同等の性能を持っています。

現在、床下エアコンを試運転中ですが、約90畳の床面積を、14畳の寒冷地エアコン1台で、外気温3℃に対して、室温は設定温度の18℃に保っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高気密・高断熱住宅と同等の性能・・と書きましたが、実はここから、ログハウスは真価を発揮できるようになります。

ログハウスは、温め続けることで、熱を蓄えることが出来るので、全体が輻射熱に包まれた優しい暖かさを感じることが出来ます。

これは、石膏ボードで仕上げられた、さらにハイスペックな高気密・高断熱住宅にも真似することが出来ません。

これだけ大量の木材を使用する真価ですね。

よく、ログハウスの温熱環境に関するお話で、「薪ストーブ一台あれば、冬はTシャツで過ごすくらい暖かい」なんて方もいらっしゃいますが、あれは、実は、Tシャツで過ごすくらいまで室温をあげないと暖かさを感じられないから、上げざるを得ないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、ゆっくりと冬に向けて、木材を温めていくことで、快適な温熱環境を作っていきます。

その温もりを、木材からの贈物のように感じていただけると嬉しいですね。 

八ヶ岳の大きな自然の中で、木に寄り添って生きる快適な住まいが、もう一つ完成しました。


八ヶ岳の東と西で

 暑かった今年の夏の記憶もすっかり忘れつつ、気持ちの良い10月を迎えようとしています。

そんな気持ち良い季節を迎える八ヶ岳の東麓の野辺山と西麓の原村で工事中の、二つのランタサルミログハウスの足場が外れました。

ともに自由設計によるフリープランですが、外観デザインは、切妻型と大屋根モデルと趣が違います。

大屋根モデルの野辺山のY様のログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

積雪の多い、野辺山での暮らしを考慮して、車寄せにもたっぷりのスペースを設け、車寄せにつながる大きな外部倉庫も設けました

 

 

 

 

 

 

 

大きく出した庇で、室内が暗くならないように、屋根には明かり取りを設け、ウッドデッキへの雨落ちには、グレーチングを設置し雨の跳ね返りを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

基本的には、平屋ベースの建物に、車寄せや収納など、「余白」部分にたっぷりと余裕を持たせた、暮らしやすそうなログハウスです。

かたや、西麓の原村に建つログハウスは、ログハウスの定番、切妻型の大型ログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

延べ床面積、約150㎡で、屋根にはドーマーもある4LDKの大型ログハウスになります。

 

 

 

 

 

 

 

寝室から見える、白樺の林も美しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

二つのログハウスともに、想定外のコロナ禍の工事でしたが、おかげさまで、予定通りに足場を外すことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、八ヶ岳の東西で、趣の違うログハウスが、同じタイミングで足場が外れましたので、紹介させていただきました。

これから、仕上げの工事に入りますので、きれいに仕上げていきたいと思います!


気密測定を行いました。

 今日は、八ヶ岳の南麓と西麓に建つ、ランタサルミログハウスとランタシードの建物の気密測定を行いましたので、紹介させていただきます。

ちなみに、気密測定による数値は、C値で表され、おおむねC値が0.5c㎡/㎡以下になると高気密住宅の部類に入るとお考え下さい。

以前のブログで、外皮平均熱貫流率Ua値について書かせていただきましたが、Ua値は設計数値ですが、C値で表される気密性は、木材加工の正確さと、施工の丁寧さが重要になってきます。

ちなみに、今回の測定は、こちらの基準に合わせて行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳の西麓標高1250mに建つS様のランタサルミログハウスでの気密測定の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのログハウスの測定結果はC値0.5c㎡/㎡だったので、高気密住宅の部類に入る結果が得られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにS様のログハウスは、Ua値0.44w/㎡k、C値0.5c㎡/㎡のログハウスになるので、性能的には、高性能住宅の顔も持ったログハウスということになります。

 

同じ日に、この春完成したばかりの、八ヶ岳南麓に建つランタシードNK様でも、気密測定を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも、同条件で気密測定を行いましたが、こちらの測定結果は、C値が0.2c㎡/㎡でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、ランタシードは気密を取りやすいのがわかります。

こちらのお宅のUa値は0.38w/㎡kなので、C値0.2c㎡/㎡、Ua値0.38w/㎡kの建物ということになります。

Ua値は、いわゆる高断熱住宅に比べると大きいですが、数値だけを求めて窓を小さくしたりせず、プランを優先させています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてみると、ランタシードはもちろんですが、ログハウスも高気密・高断熱住宅メーカーのような性能が出せることが見えてきます。

趣味や嗜好性の強いログハウスですが、日常を楽しむためにも、住宅としての基本的な性能は押さえておきたいところですね。

 

というわけで、今日はランタサルミログハウスとランタシードの気密測定のお話をさせていただきました。

皆様の快適な住まいづくりの参考になれば幸いです。

それでは、また。


掲載物件の温熱環境

 毎日、猛暑のニュースが続いておりましたが、白州では、少し涼しい週末を過ごしております。

今日は、前回のブログで紹介させていただいた、「Lightning」掲載のNK様邸の、この夏の温熱環境を紹介させていただきます。

(ちなみにこちらの建物のUa値は0.38w/㎡Kです。)

NK様邸、8月20日の13時ごろの温度計です。

1番上が外気温

2番目が基礎断熱された床下の温度

3番目が1階のリビング・ダイニング

4番目が2階のファミリースペース

 

となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高1000mの小淵沢の南側日陰で33℃は珍しく無くなってきましたが、基礎断熱された床下は、25℃と安定しています。

目指しているところは、この床下環境に1種換気を利用して、地階・1階・2階と温度差の少ない家づくりですが、この数字を見ると、ほぼ想定通りに機能しているのがわかります。

ちなみに、1階と2階はエアコンが1台動いていますので、空調されていますが、1・2階の温度差は少ないのがわかります。

今回は、真夏のデータですが、冬は東面に設けた大きな開口部から、太陽の熱を午前中に取り込んで一日中暖かく過ごしてもらう想定ですが、こちらも上手く働いてくれると一年を通して、ストレスなく過ごしていただけるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、NK様邸の真夏の温熱環境実測値を紹介させていただきました。

皆様の快適な住まいづくりの参考になれば、幸いです!

それでは、また。

 

 

 

 

 


このページのトップへ