プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 別荘生活 > 「終(つい)の棲家」の手前の素敵な時間

ブログ

< 構造見学会のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  貴重な情報 >

「終(つい)の棲家」の手前の素敵な時間

9月は、雨が多かったですね。

雨も必要なんでしょうけど、やっぱり晴れると気持ちが良いですね。

久しぶりの晴天の朝、モーニングウオークでの景色です。

南アルプス・甲斐駒ヶ岳の上にきれいな月が出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東からは朝陽が昇ります。

今の季節の日の出は茅が岳から。中央のところに、優しく見えるピークが金峰山です。

 

 

 

 

 

稲刈りも終わり、秋の景色になりました。

四季を通して、美しい景色を楽しむことが出来る場所ですね。

そんな景色を、都会から移り住み、楽しんで暮らしていた、うちの近所のS様ご夫妻が、高齢を理由に、住まいを離れることになりました。

うちの家から100mくらい離れたところですが、ここに住み始めてから25年くらいでしょうか。

趣味の絵や、森の暮らしを楽しみながらの生活でしたが、高齢になって、車の運転のことや、身体のことを考えると、ここで暮らし続けるのは、現実的ではないということで、元気なうちに転居されました。

 

小さな家とアトリエです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別荘や移住のための住まいづくりをしてると、「終の棲家」という言葉を、時々聞きますが、現実的には、終の棲家の一歩手前の住まいという事なんでしょうね。

S様も、この土地を気に入って暮らされて、十分に楽しまれたかと思います。

仕事や子育てを勤め上げた後に、好きな場所で、好きなことをやって過ごす、ご褒美のような時間ですね。

ただ、最後までそこで暮らせるかというと、現実的な問題が様々あるのは、将来の自分も同じことでしょう。

そう考えると、そこを離れるときに、手放しやすい資産、「金融資産」としての住まいという考え方が必要になりそうです。

この業界で、30年近く仕事をしていますと、うちのお客さまでも、住まいを手放された方が二人ほどいますが、二人とも「希望の金額ですぐに売れた」とおっしゃっていました。

この、「希望の金額」と「すぐに」、というのが、金融資産としての住まいのキーワードになりそうです。

仮に、お金に不自由せずに、気に入った住まいを手放すにしても、建物は残りますから、せっかくだったら、次の人にも、同じように気持ちよく使ってもらいたいですしね。

どうして、うちのお客様が、ご希望の金額で、すぐに手放すことができたか・・

もしかしたら、そこで過ごした時間が素敵であればあるほどに、金融資産として、手放しやすい家に育っていくのかもしれませんね。

建物が、しっかりしているというのは、大前提ですが・・

今日は、若干、現実的なお話ですが、「終の棲家の手前」の素敵な時間と、金融資産としての住まいの考え方のお話でした。

素敵な時間には限りがあるようなので、皆様の毎日、毎年を、お楽しみくださいませ。

それでは、また。

 

追伸 :今回紹介させていただいた、うちの近所のS様のお宅は、売りに出されています。絵画用のアトリエはアイデア次第でいろんな使い方ができると思います。終の棲家の手前の時間を過ごす場所として、ご興味のある方は、内覧も可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「終(つい)の棲家」の手前の素敵な時間

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/560

コメントする

< 構造見学会のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  貴重な情報 >

同じカテゴリの記事

ミニログの取り扱いを始めました!

 こんにちは。

少し前に、弊社フェイスブックページでも、紹介させていただきましたが、

この度、新商品として、スェーデンのミニログの取り扱いを始めましたので、紹介させていただきます。

今まで、お問い合わせをいただきながら、なかなか対応ができなかったミニログですが、北欧スェーデンの素敵な商品に出会うことができました。

新商品のミニログの一例を紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

同じ建物の内観パースになります。

 

小さいながら、キッチン・リビング・ダイニング・ベッドルームにトイレとシャワールームがあります。

 

 

 

 

 

世の中に、ミニログはたくさん出回っていますが、ようやく求めるものに出会えた感じがします。 

 八ヶ岳の自然の中に置いても美しそうです。

 

 

 

 

 

見た目が美しいだけでなく、内壁の気密・断熱パネルをオプションで選ぶことができますので、ランタサルミほどではありませんが、日本の一般的な住宅レベルとしては使えます。 

仕上げは、ランタサルミ同様にしっかり、美しく仕上げますので、ご安心ください。

 

 

 

 

 


倉庫や車庫は、もちろんですが、、ゲストルームや書斎、SOHOオフィスなんかにも、充分使えます。 

 

 

 

 

内装の仕上げも、ウッディーなものから、モダンな仕上げまで、対応可能です。

 

夜空を見上げるためだけにでも、作ってみたい空間ですね。

 

 

 

 

 

 

自然の中で、木に囲まれた素敵な空間をお探しの方は、お気軽にお問い合わせくださいね!

よろしくお願いいたします。  

 

 

 


伐採

2008年に完成した清里のS様のお宅で伐採を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の点検時に葉っぱが出ていなかったので、早速伐ることにしました。

手前の傾いた2本と奥にも葉っぱの出ていないカラマツがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物のそばの大きな木はクレーンを使って伐採します。

枯れているので水を吸い上げて無く、軽い木でしたが建物のそばなので慎重に作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物側に傾いた木だったので早めに伐って一安心です。

建物も安心したのかきれいな光が・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方には晴れ間も出てきてすっきりとしました。 

近年は松喰いや立ち枯れの木をよく見かけます。

春先には樹木の点検をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全に作業が出来て一安心の道すがらシカの群れを発見しました。

一度にこんなに見るのは初めてです。

増えすぎて作物を荒らすということで害獣扱いのようです。

楽園のようにも見えますが共存・バランスってのは難しいですね。

 

小さなビオトープを見てもホッとする今日この頃です。

身の回りの小さなところから安全なスペースを作っていくということですかね。

 

 


八ヶ岳のログハウスが情報誌に紹介されました

 

以前のブログで取材風景を紹介しておりました「リゾート物件情報」の夏号が発売されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

こんな感じの表紙です。

「原点回帰の高原スタイル」と題して八ヶ岳周辺のユニークな人や場所の特集記事を組んでいます。

早速O様のページを探してみると

「じゃーん!」

とこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「居ながらにして絶景のログハウス」と3ページの誌面で大きく紹介されています。

以前のブログでも紹介しましたがO様のお宅は目の前が山梨県の牧草地になっており、その先にはきれいな富士山が見えています。

紹介記事にもありますが、全国各地のリゾート物件を取材してこられた方が「奇跡のような眺望」と呼ぶほどの場所に建っています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特集記事の最初に登場する清里のレストラン「ロック」と「萌木の村」の代表でもある舩木上次(ふなきじょうじ)さんの記事の中にもありましたが、

「なにしろ、ここは世界で19しかないプレートのうち、4つの大陸プレートの山々が周囲に見え、山のミスワールドともいえるような趣の違う山風景を贅沢に一望できる稀有な場所。間違いなく世界で一番いい場所だと思っています。」と書かれています。

八ヶ岳、南アルプス、富士山・・ここから見える山々がそれぞれに違うプレートの上にあるからそれぞれの山の表情が違うってことだったんですね。

初めて知りましたが確かにそれぞれに山の形も違いますし、川の色や石の形も違います。

普段仕事で何気なく移動していましたがプレート間移動をしていたとは・・

ということで、上の写真は紙面では小さく紹介されていましたが牧草地から南アルプスを眺めるO様の後姿。

一番高く白く見えるのが甲斐駒ケ岳でBe-Leafの事務所は甲斐駒ケ岳のふもとの森の中にあります。

左側のところに少しだけ三角の白い頭が見えているのが日本で2番目に高い北岳です。

そうなんです、こちらの絶景は富士山だけではないんです。

だから「奇跡のような眺望」なんですね。

ちょうど取材も桜の頃で、晴天に恵まれて最高の撮影日和となりました。 

 

誌面にも紹介されていますが、そんな素晴らしいロケーションに建つログハウスで奥様は革靴工房をやっています。

お子さん向けのファーストシューズを見せていただきました。

生まれてから初めて自分の足で立って歩く記念のファーストシューズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーメイドで名前とメッセージを入れてくれて8400円(税込)だそうです。

世界に19しかないプレートのうちの4つが集まる奇跡のような場所で生まれるファーストシューズ。

どんな状況からも優しく、気高く、力強く。

奇跡のステップを踏み出す力を与えてくれそうです。

 

八ヶ岳特集のほかは全国各地のリゾート物件が多数紹介されています。

それぞれの物件は、間取りや金額はもちろんですが、

  • 車以外の交通の便
  • 物件の状況
  • 生活環境
  • レジャー環境
  • 眺望

 などの項目で細かく評価されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、家を建てる側から見るとやはり建物は仕上がってから見えなくなる部分が重要だと思います。

そんなときに工事履歴やメンテナンス履歴が残っていると便利です。

それは物件売買にかかわらず耐用年数の長い住宅の性質から考えて重要になってくると思います。

O様のログハウスの工事履歴はこちらに記録しております。 

O様のお宅は、奇跡のような眺望に建つ格好いいログハウスというだけでなく、工事履歴もきちんと残った住まいです。

いつまでも大切にしていただき、快適に過ごしていただければ嬉しく思います。

 

それでは最後にリビングから南アルプスに沈む夕日に照らされた富士山の眺めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「奇跡のような眺望」は過言ではないようですが、住宅に関わる者としましては景色や建物そのものよりもこの時間をオーナーご夫妻と共有できる事に何よりも幸せを感じます。

窓辺に立つと出会いから完成までの作業が思い出され、完成後にもこうして美しい景色をともに見れることに心から感謝です。

取材へのご協力もありがとうございました。 

 

この度、ご紹介をいただきました「リゾート物件情報」夏号は全国有名書店で発売されています。

ぜひ、覗いてみてくださいね。


白州の森

冬枯れの森をご紹介しようと思っていましたがひと雨ごとに白州の森に緑が広がりはじめる今日この頃です。

マイナスイオンたっぷりの夏の森もいいのですが、最近は冬枯れの明るい森も好きなのでぜひご紹介したいと思っていましたがあっという間にやってきた春にせっつかれ、そして追い越されてしまいました。

春は 「まだまだ遠いなあ」 と思ってからが早いですね。気がつけばすっかり春です。

広葉樹の森は冬に葉を落とし、隅々まで光を通すことで明るく暖かい冬を過ごさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に夏になると葉が茂り、森全体が大きな木陰を作ってくれるので涼しい夏をすごさせてくれます。

森に暮らして四季を通して「気持ちがいいなあ」と思えるのはこの自動調整機能つきのエアコンの中で暮らしているからなのです。

 

たとえばこの森をある一定の大きさ伐採したとするとその場所は夏に日差しをさえぎるものが無くなり腐葉土に含まれた水分は蒸発し、乾いた土地になってしまいます。

さらにその場所にジャリを入れてアスファルトを敷けば夏の太陽に照らされた地表の温度は上がります。

そして本来地面に蓄えられるはずの雨水はすべてアスファルトの上を流れていきます。

 

「木を伐ることは部屋から自然のエアコンをはずすこと。

アスファルトを敷くことはエアコンをはずした部屋にサウナの設備を入れること。」

と例えることも出来ます。 都会はますます暑くなっていくわけです。

 

 

 

 

 

 

 散歩コースです。森の中を犬達と朝夕2回歩いています。

春になって鳥達がにぎやかになってきました。

 

 

 

実を言いますと この森に暮らしてみて不便なことはありますが不快なことはほとんどありません。

冬が終わりになると春が楽しみですし、夏の終わりには秋を楽しみにしています。

いつも季節の移り変わりを肌で感じることができ、次の季節を楽しみにしながら暮らしています。

 

今回はギリギリ(アウト?)の冬枯れの森でしたが次の季節はきちんとご紹介しますのでお付き合い下さい。

 

 

 


このページのトップへ