プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年7月アーカイブ

ブログ 2018年7月アーカイブ

Up With Logs!

記憶に残るくらいに暑い夏だった気がしますが、朝晩は涼しさも感じる、八ヶ岳エリアです。

今日は、原村で進行中のM様のランタサルミログハウスのログの組み上げの様子を紹介させていただきます。

暑い夏ですが、ログと一緒に、気分も上げて行きましょう!!

ログ積みの始まり、まずは土台をセットしていきます。

ランタサルミログハウスの主要構造は欧州赤松ですが、土台・根太には国産ヒノキを使用します。

 

 

 

 

 

土と根太組が終われば、次は24mmの厚貼り合板でステージを作ります。 

 

 

 

 

ステージには、撥水塗料をはじめに塗ってから、作業を始めます。 

 

 

 

 

 

ログを積む前に、2階の壁を組み立てておきます。 

 

 

 

 

 

 

先に、壁フレームを作っておくと、ログを組み上げた後の棟上げがスムーズにいきます。

 

 

 

 

 

 

煙突のフレームも先に作って段取りをしておきます。 

 

 

 

 

 

下準備が出来たところで、いよいよ組み上げスタートです。

 

 

 

 

 

 

ランタサルミオリジナルの加工に加え、気密パッキンと断熱材を入れながら、一段づつ、交互に組み上げていきます。 

 

 

 

 

 

一段積んでは、木製のダボを打ち込んでいく作業の繰り返しです。

 

 

 

 

 

 

ログが積み上がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の上端のログがつながると、一気に建物らしくなってきます。 

 

 

 

 

 

ログが組みあがったら、2階の床下地を作っっていきます。

 

 

 

 

 

 

2階の床組みを行います。

あたり前ですけど、全部、「木」ですね! 

 

 

 

 

 

棟木にも、防湿シートを先貼りして、垂木固定用の金物を先につけて、準備しておきます。

 

 

 

 

 


2階の床ステージが出来たら、事前に作っておいた妻壁フレームをクレーンで上げます。 

 

 

 

 

 

小屋組みの準備が、段取りよく進んで、棟上げとなります。

 

 

 

 

 

 

棟が上がると、事前に取り付けておいた金物に垂木を固定していきます。

 

 

 

 

 

垂木の厚み235mmは、すべて断熱層になるので、転び止めと気流止めを兼ねてブロック材を取り付けます。 

 

 

 

 

屋根の形が出来上がってきました。

暑いですけど、ここまでの日中の作業中は、一度も雨に降られてないですね! 

 

 

 

 

 

野地合板を貼ったら、屋根外通気の胴縁を取り付け、その上から、遮熱・透湿性能のある、防水紙、ルーフラミテクトを貼っていきます。

壁も屋根も下地が大切です。 

 

遮熱・透湿ルーフィングを貼って雨仕舞が出来ていきます。

 

 

 

 

 

 

と、雨仕舞が出来たところで、週末は雨になるようですね。

暑い中の作業でしたが、ここまで一度も降られずに作業することができました!

まだもう少し、暑い日が続くかと思いますが、ログと一緒に気分も上がりましたでしょうか!?(笑)

これから、秋に向けて、作業は仕上げに入っていきます。

季節も良くなってまいりますので、

ランタサルミの家づくりに興味のある方は、ぜひ、見学にいらしてくださいね! 

 


住まいの周りの工事

 今日は、新築工事と並行して行われる維持管理工事など、住まいの周りの小さな工事を紹介させていただきます。

まずは、伐採工事です。

昨年、新築工事をさせていただいたI様のお宅で、隣地を買い増しされたこともあり、お庭をきれいにしていきます。

 

 

高所作業車を利用して、高木の伐採を行います。

 

 

 

 

 

 

 

この機械、クレーンが入れないところまで入っていける高所作業車ですが、日本に一台しかないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

伐採後の木は、なんとアリの巣になっていて、空洞でした!

見た目は、まったく普通の木でしたが、中身は空洞って怖いですね。

それにしてもアリの仕事もすごい・・

 

 

続きましては、昨年、リフォーム工事入らせていただいたF様のお宅の進入路づくりです。

 

全長40mくらいの、コンクリート道路を作っていきます。

 

 

 

 

 

カーブの型枠を作って、砕石で下地を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートを打設して、刷毛引きで仕上げていきます。 

 

 

 

 

道路右側が畑エリアで左側が住宅エリアと、広い敷地の境界の役割もするコンクリート道路です。

子供がちいさいうちに、こんな道路が敷地内にあると楽しそうですね。

 

 

 

続きましては、エアコン工事です。


最近、夏が暑くなってきたので、エアコン工事の問い合わせも多くなってきました。

完成から14年になる、白州町のO様のお宅で、エアコン工事に入らせていただきました。

 

 

 

最近のエアコンは、冬の暖房に特化したものもあるので、主暖房を薪ストーブにされている方も、薪ストーブと違って、エアコンは室内が負圧にならないので、エアコンを主暖房として使い、薪ストーブは、補助暖房として楽しむのも一案だと思います。

続きましては、外装のリフォーム工事です。

いつもお世話になっている、K様のお宅で、外部リフォーム工事に入らせていただきました。

K様のお宅は、この春のキッチンリフォームに続いて、外回りもきれいにしたいということでした。

まずは、ログ部分の洗浄です。

 

 

 

 

 

 

 

屋根もきれいに洗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

洗浄後、下地塗装を行います。

 

 

 

 

 

下塗り1回、仕上げ2回の3工程で仕上げていきます。

きれいに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

屋根は、私たちが仕上げて、外壁は、洗浄のみを、お手伝いして、仕上げはK様ご夫妻がセルフで仕上げました。

20年以上経過していますが、手入れがいいので、きれいですね。

 

 

 

ログハウスは、傷みやすいと言われますが、軒を深くして、定期的にメンテナンスをしていくと、何年もつのかわからないくらい、長持ちしますので、これからも大切に使っていただきたいですね。

 

 

というわけで、普段は、なかなか紹介しきれない、住まいの周りの小さな工事の、最近の施工例を紹介させていただきました。

こうしてみると、皆様、リピートの方々ばかりですが、工務店が、お住まいの傍にいることで、少しでも日常が快適になったり、安全だったり、長持ちしたりすれば、皆、嬉しいですね。

というわけで、今日は、住まいの周りの小さな工事を紹介させていただきました。

それでは、皆様、まだまだ暑い日が続きますが、お身体に気を付けてお過ごしくださいませ。 

 


« 2018年6月 | メインページ | アーカイブ | 2018年8月 »

このページのトップへ