プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 仕事 > ログハウスの点検

ブログ

< ミニログの取り扱いを始めました!  |  一覧へ戻る

ログハウスの点検

 連休は、お天気に恵まれましたが、このところ、雨が多いですね。

今日は、ランタサルミログハウスの点検の様子を紹介させていただきます。

今回の点検は、北杜市のU様の6年目の点検になります。

 

ログハウスは、経年による木材の乾燥・収縮でセトリングという現象がおこるため、あらかじめスクリューボルトで調整できるようになっています。

 

 

 

 

 

 

通常4~5年で落ち着きますが、今回は、外観目視で、窓の上のセトリング調整が必要だと思われたので、点検に入らせていただきました。

 

南側の大きな開口部を支えるためのスクリュージャッキを調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

窓上部の隙間は、セトリング対策用に設けてあり、通常は断熱材を入れて、取り外し可能なカバーボードを取りつけています。

 

 

 

 

 

 

 

セトリング調整にあわせて、床下の点検にも入らせていただきました。

U様のお宅は、基礎断熱がされているので、床下空間と居住空間が同一空間の扱いになっています。

床下の状況です。

構造材及び合板は、6年経過しても、カビもなく、とても良い状況でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真がさかさまですが、床下地合板の裏側です。

ほとんど、6年前の施工時と変わらないですね。

 

 

 

 

 

 

 

基礎に換気口を設けないと、湿気がこもって、床構造が傷みやすいという方もいるようですが、6年経過して、この状態なので、換気口を設けて、湿った空気を床下へ入れるよりは、基礎断熱をして、床下を居室と同一空間として管理したほうが良いですね。

ちなみに、合板や構造材には、念のため、防蟻・防カビ材として、人体に害のないホウ酸を散布しています。

 

今回の点検では、24時間換気の、自然給気口も点検しました。

空気のきれいな八ヶ岳ですが、フィルターは、土埃でしょうか、汚れていました。

 

 

 

 

 

 

 

お掃除すると、きれいになります。

フィルターをきれいにして、いい空気を吸っていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

というわけで、今日は、北杜市のランタサルミログハウスU様のお宅の、6年目の点検状況を紹介させていただきました。

ログハウスに、メンテナンスは、つきものなので、定期的にメンテナンスしながら、いつまでも、快適に使っていただければ、私たちも幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ログハウスの点検

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/552

コメントする

< ミニログの取り扱いを始めました!  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

ミニログの取り扱いを始めました!

 こんにちは。

少し前に、弊社フェイスブックページでも、紹介させていただきましたが、

この度、新商品として、スェーデンのミニログの取り扱いを始めましたので、紹介させていただきます。

今まで、お問い合わせをいただきながら、なかなか対応ができなかったミニログですが、北欧スェーデンの素敵な商品に出会うことができました。

新商品のミニログの一例を紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

同じ建物の内観パースになります。

 

小さいながら、キッチン・リビング・ダイニング・ベッドルームにトイレとシャワールームがあります。

 

 

 

 

 

世の中に、ミニログはたくさん出回っていますが、ようやく求めるものに出会えた感じがします。 

 八ヶ岳の自然の中に置いても美しそうです。

 

 

 

 

 

見た目が美しいだけでなく、内壁の気密・断熱パネルをオプションで選ぶことができますので、ランタサルミほどではありませんが、日本の一般的な住宅レベルとしては使えます。 

仕上げは、ランタサルミ同様にしっかり、美しく仕上げますので、ご安心ください。

 

 

 

 

 


倉庫や車庫は、もちろんですが、、ゲストルームや書斎、SOHOオフィスなんかにも、充分使えます。 

 

 

 

 

内装の仕上げも、ウッディーなものから、モダンな仕上げまで、対応可能です。

 

夜空を見上げるためだけにでも、作ってみたい空間ですね。

 

 

 

 

 

 

自然の中で、木に囲まれた素敵な空間をお探しの方は、お気軽にお問い合わせくださいね!

よろしくお願いいたします。  

 

 

 


ウッドデッキの作り方

 こんにちは。

少し前に、フェイスブックページで紹介しておりました、白州町のN様のウッドデッキ改修工事が完了しましたので、ウッドデッキの作り方のコツを紹介させていただきます。

DIYで、ウッドデッキつくりに挑戦する際、参考にしていただければ、少しでも長持ちするかと思います。 

今回は、手に入りやすいSPFの注入材を使用しました。

ウッドデッキ塗装の基本は、組み立て前の下塗りです。

 

 

 

 

 

下塗りすることで、組み立てた後からでは、刷毛が入らないところまで、先に塗ることができます。

結局傷みやすい部分は、木材と木材の重なり部分なので、ここは、ぜひ塗っておきたいですね。

次は、屋根からの雨落ち部分です。

屋根に雪が積もったりすると、とけるまでの間、ずっとデッキに雨が落ちて、デッキの寿命を短くしてしまいます。

このようなオープンなデッキの場合は、落ちた雨水をいかに素早く「排水」するかが、長持ちするデッキのポイントになります。

   

 

 
 

 

今回は、屋根からの雨落ち部分にグレーチングを設置しました。

これで、雨水はスムーズに排水されます。

 

 

 

また、スノコとスノコのつなぎ目部分も、少し隙間を開けてあげると、排水が良くなり長持ちします。 

 

 

 

 

 

次は土台を守るために、土台の上端にガルバニウム鋼板の板金カバーを設置します。

 

 

土台が傷んでしまうと、後々の交換も大変なので、土台には、板金カバーをつけておきます。

 

 

 

 

 

 

また、基礎コンクリートの上に直接木材をのせると、濡れた時に乾きづらいので、基礎パッキンを入れて、排水を良くします。

 

 

 

 

細かいところですが、根太の取り付け部分も、金物を使用して、木材と木材が、くっつかないようにすると、スムーズに水が流れてくれますね。

 

 

 

 

DIYでやっていると、木材と木材がぴったりくっついたほうが、良さそうに思えますが、雨にさらされる部分を作る場合は、少し隙間を開けて、降った雨がスムーズに排水されるように作ったほうが長持ちします。

あとは、防腐塗料の下塗り後も、切断面は、必ず塗装してから、取り付けるといいですね。

これからDIYの季節にもなりますので、参考にしていただき、長く楽しめるデッキづくりに挑戦してくださいね!

ちなみに、このブログを読んでいただき、「やっぱり頼んだほうがいいかな・・」と思われた場合は、お気軽にお声がけください(笑)

というわけで、ウッドデッキの作り方のお話でした。

いい季節になりますね!せっかくなので長く楽しめるモノづくりに挑戦してくださいね!

 

 

 


ログハウスの温熱環境

昨日は、富士見町のIA様のランタサルミログハウスへ、2年目の点検へ伺いました。

そこで、見せていただいた、部屋ごとの室温・湿度表示をおことわりして、紹介させていただきます。

 

昨日は、寒かったので外気温が1℃に対して、基礎断熱された1階の床下が14℃、その他の室内が、それぞれ20℃と23℃です。

 

 

 

 

 

OFFICEの湿度19%が「?」ですが、地熱利用の床下空間も含めて、全館を1室と考える住環境が数字で表れています。

 

この住環境を作る要素は、地熱・蓄熱体としての木材とコンクリート・断熱・気密、それに熱交換の換気システムによる空気の流れ、あとは、それに加える暖房による熱源です。

 

 

 

それらを組み合わせると、温められた木材の輻射熱によって、室温を上げすぎなくても寒くない、何かに包まれた「あの感じ・・」が生まれます。

ただ、「あの感じ・・」は、よく考えられたログハウス以外では経験する場所がないので、それを言葉で表すのは、とてもむつかしい・・

一番わかりやすいのは、寒冷地で2度目の冬を越された、お客様の笑顔でしょうか。

ランタサルミが、お客様に支持されているのは、初めは、外観などのデザインだけど、暮らし始めてからは、その住み心地・温熱環境かな・・と感じる2年目の点検でした。

 


住宅リフォーム工事

こんにちは。

あっという間に2017年も、12月になってしまいました。

今日は、先日、ご案内しました、リフォーム工事での床研磨によるリフォーム工事について報告しておりませんでしたので、紹介させていただきます。

10年間使用されたパインの無垢材の床を、専用の機械を使って研磨していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

研磨作業というと、粉塵が気になるところですが、このサイクロン集塵機が、よくできていて、研磨による粉塵は、表に出てきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーナー部分も専用の機械がきれいに仕上げてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンダーがけ完了です。荒砥・中砥・仕上げの3工程でサンディングを行います。

日焼けや傷などの表面を削り取り、パイン材の白い木目が出てきました。

 

 

 

 

 

今回は、傷みの激しいリビング・ダイニングだけ、サンディングしたので、その他の場所と色合わせをするために、オスモウッドワックスの「パイン」で着色後、オスモフロアークリアで仕上げます。

 

 

beforeです。

ワンちゃんもいたようで、キッチンへの動線は、細かな傷がたくさんあります。

 

 

 

 

afterです。

傷もなくなり、色合わせをしたので、自然な仕上がりになりました。

 

 

 

 

今回の工事に合わせて、外壁もリニューアルしました。

10年間で、日焼けによって黒くなった外壁を、手洗いできれいにして、オスモの外装用クリアで仕上げます。

 

 

ブラシでの手洗い後、オスモの外装用クリアで仕上げます。

ウエスタンレッドシダーの表情がよみがえりました。

コーキングも剥がして、新たに施工しなおします。

 

 

屋根材のスレートも塗りなおします。

プライマー処理後、遮熱塗料で仕上げます。

 

 

 

 

 

遮熱性能を持つ塗料「パラサーモ」の2回塗りで仕上げます。

屋根の再塗装は、プライマー・仕上げ塗装2回の3工程で仕上げていきます。

 

 

 

今日は、築後10年の住宅リフォーム工事を、紹介させていただきました。

こうしてみると、やっぱり良質な無垢材は、しっかり蘇ってくれるので、リフォームのやりがいがありますね。

今回紹介させていただいた、特殊な床材の研磨工事などは、中古住宅を購入された直後とかは、採用しやすい工事かと思いますので、ご興味のある方は、ぜひご相談くださいね。


このページのトップへ