プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 仕事 > ウッドデッキの作り方

ブログ

< ログハウスの温熱環境  |  一覧へ戻る  |  「八ヶ岳ランタサルミフェア2018」を開催いたします! >

ウッドデッキの作り方

 こんにちは。

少し前に、フェイスブックページで紹介しておりました、白州町のN様のウッドデッキ改修工事が完了しましたので、ウッドデッキの作り方のコツを紹介させていただきます。

DIYで、ウッドデッキつくりに挑戦する際、参考にしていただければ、少しでも長持ちするかと思います。 

今回は、手に入りやすいSPFの注入材を使用しました。

ウッドデッキ塗装の基本は、組み立て前の下塗りです。

 

 

 

 

 

下塗りすることで、組み立てた後からでは、刷毛が入らないところまで、先に塗ることができます。

結局傷みやすい部分は、木材と木材の重なり部分なので、ここは、ぜひ塗っておきたいですね。

次は、屋根からの雨落ち部分です。

屋根に雪が積もったりすると、とけるまでの間、ずっとデッキに雨が落ちて、デッキの寿命を短くしてしまいます。

このようなオープンなデッキの場合は、落ちた雨水をいかに素早く「排水」するかが、長持ちするデッキのポイントになります。

   

 

 
 

 

今回は、屋根からの雨落ち部分にグレーチングを設置しました。

これで、雨水はスムーズに排水されます。

 

 

 

また、スノコとスノコのつなぎ目部分も、少し隙間を開けてあげると、排水が良くなり長持ちします。 

 

 

 

 

 

次は土台を守るために、土台の上端にガルバニウム鋼板の板金カバーを設置します。

 

 

土台が傷んでしまうと、後々の交換も大変なので、土台には、板金カバーをつけておきます。

 

 

 

 

 

 

また、基礎コンクリートの上に直接木材をのせると、濡れた時に乾きづらいので、基礎パッキンを入れて、排水を良くします。

 

 

 

 

細かいところですが、根太の取り付け部分も、金物を使用して、木材と木材が、くっつかないようにすると、スムーズに水が流れてくれますね。

 

 

 

 

DIYでやっていると、木材と木材がぴったりくっついたほうが、良さそうに思えますが、雨にさらされる部分を作る場合は、少し隙間を開けて、降った雨がスムーズに排水されるように作ったほうが長持ちします。

あとは、防腐塗料の下塗り後も、切断面は、必ず塗装してから、取り付けるといいですね。

これからDIYの季節にもなりますので、参考にしていただき、長く楽しめるデッキづくりに挑戦してくださいね!

ちなみに、このブログを読んでいただき、「やっぱり頼んだほうがいいかな・・」と思われた場合は、お気軽にお声がけください(笑)

というわけで、ウッドデッキの作り方のお話でした。

いい季節になりますね!せっかくなので長く楽しめるモノづくりに挑戦してくださいね!

 

 

 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ウッドデッキの作り方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/548

コメント(2)

韮崎のウーノ (2018年4月13日 23:42)

キラさん、ウッドデッキの作り方はプロはひと工夫が違いますね。
私も現在バーコラ付きのウッドデッキを作成しています。大きさは2M*5Mと小さいですが結構大変です。
塗装をしていると桜の花びらが飛んできて水玉模様になっています。
完成したらパッションフルーツの棚を作りますので果実を取りに来てください。


beleaf Author Profile Page (2018年4月14日 06:28)

韮崎のウーノさん、ありがとうございます!
2m*5mのパーゴラは、立派です!流石ですね!
実るものがあると、パーゴラの下で過ごす時間も楽しみですね!
私も、パーゴラの完成と、実りの季節を心待ちにしております。
何か、困ったことがあれば、ご相談くださいね!


コメントする

< ログハウスの温熱環境  |  一覧へ戻る  |  「八ヶ岳ランタサルミフェア2018」を開催いたします! >

同じカテゴリの記事

ログハウスの温熱環境

昨日は、富士見町のIA様のランタサルミログハウスへ、2年目の点検へ伺いました。

そこで、見せていただいた、部屋ごとの室温・湿度表示をおことわりして、紹介させていただきます。

 

昨日は、寒かったので外気温が1℃に対して、基礎断熱された1階の床下が14℃、その他の室内が、それぞれ20℃と23℃です。

 

 

 

 

 

OFFICEの湿度19%が「?」ですが、地熱利用の床下空間も含めて、全館を1室と考える住環境が数字で表れています。

 

この住環境を作る要素は、地熱・蓄熱体としての木材とコンクリート・断熱・気密、それに熱交換の換気システムによる空気の流れ、あとは、それに加える暖房による熱源です。

 

 

 

それらを組み合わせると、温められた木材の輻射熱によって、室温を上げすぎなくても寒くない、何かに包まれた「あの感じ・・」が生まれます。

ただ、「あの感じ・・」は、よく考えられたログハウス以外では経験する場所がないので、それを言葉で表すのは、とてもむつかしい・・

一番わかりやすいのは、寒冷地で2度目の冬を越された、お客様の笑顔でしょうか。

ランタサルミが、お客様に支持されているのは、初めは、外観などのデザインだけど、暮らし始めてからは、その住み心地・温熱環境かな・・と感じる2年目の点検でした。

 


住宅リフォーム工事

こんにちは。

あっという間に2017年も、12月になってしまいました。

今日は、先日、ご案内しました、リフォーム工事での床研磨によるリフォーム工事について報告しておりませんでしたので、紹介させていただきます。

10年間使用されたパインの無垢材の床を、専用の機械を使って研磨していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

研磨作業というと、粉塵が気になるところですが、このサイクロン集塵機が、よくできていて、研磨による粉塵は、表に出てきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーナー部分も専用の機械がきれいに仕上げてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンダーがけ完了です。荒砥・中砥・仕上げの3工程でサンディングを行います。

日焼けや傷などの表面を削り取り、パイン材の白い木目が出てきました。

 

 

 

 

 

今回は、傷みの激しいリビング・ダイニングだけ、サンディングしたので、その他の場所と色合わせをするために、オスモウッドワックスの「パイン」で着色後、オスモフロアークリアで仕上げます。

 

 

beforeです。

ワンちゃんもいたようで、キッチンへの動線は、細かな傷がたくさんあります。

 

 

 

 

afterです。

傷もなくなり、色合わせをしたので、自然な仕上がりになりました。

 

 

 

 

今回の工事に合わせて、外壁もリニューアルしました。

10年間で、日焼けによって黒くなった外壁を、手洗いできれいにして、オスモの外装用クリアで仕上げます。

 

 

ブラシでの手洗い後、オスモの外装用クリアで仕上げます。

ウエスタンレッドシダーの表情がよみがえりました。

コーキングも剥がして、新たに施工しなおします。

 

 

屋根材のスレートも塗りなおします。

プライマー処理後、遮熱塗料で仕上げます。

 

 

 

 

 

遮熱性能を持つ塗料「パラサーモ」の2回塗りで仕上げます。

屋根の再塗装は、プライマー・仕上げ塗装2回の3工程で仕上げていきます。

 

 

 

今日は、築後10年の住宅リフォーム工事を、紹介させていただきました。

こうしてみると、やっぱり良質な無垢材は、しっかり蘇ってくれるので、リフォームのやりがいがありますね。

今回紹介させていただいた、特殊な床材の研磨工事などは、中古住宅を購入された直後とかは、採用しやすい工事かと思いますので、ご興味のある方は、ぜひご相談くださいね。


テーマのある家

こんにちは。

10月に入り、白州町で進行中のF様のお宅のリフォーム工事も順調に進んでおります。

こちらのお宅、新オーナーのF様が、築浅の建物を、今年の夏に手に入れられて、現在リフォーム中です。

2006年当時の新築図面を見せていただくと、なんと新築時に「美味しい庭 白州 ○○ 農園」というテーマが書かれています。

 

面白いですね。

 

家の外側のテーマを決めて、それに沿って家づくりが進められたのを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめて、うかがったときに、まず目に入ったのが、このトゲトゲの木。。

これは、九州だとカボスの木なんですが、スダチかな?

このトゲトゲを山梨で見るのは初めてで、懐かしさを感じました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お庭には、実のなる木がたくさん植えられて、広い畑エリアもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北側の深い軒や、倉庫も「農園」というテーマに沿って、作られていますね。

 

 

 

 

 

 

築年数が20年以上だと、建物自体に価値は無くなるなんて話をよく耳にしますが、新築時につけられた、「おいしい庭」というテーマは、初代で着手され、受け継がれて価値を増していく・・そんな風にも見えてきます。

そんな建物に、手を加えて、さらに長く楽しんでいただければ嬉しいですね。

というわけで、今日は、この建物の本当の実りは、まだ先にありそうな、「テーマのある家」のお話でした。

それでは、また。 

 


空気集熱システム「ビオソーラー」の設置

今日は、曇り空の八ヶ岳ですが、毎日暑いですね。

現在進行中の茅野市E様のお宅で、空気集熱システムビオソーラーのパネルを設置しました。

 

屋根の上に設置するのが一般的な空気集熱パネルですが、ビオソーラーはシンプル&コンパクトなシステムなので壁面や、今回のような窓の庇などに設置することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観は、こんな感じの設置状況です。

 

センサースイッチを使った空気集熱システムです。

お湯取りなど多機能な集熱システムもありますが、ビオソーラーは空気集熱に目的を絞ったシンプルなシステムです。

 

 

 

 

シンプルなシステムなので、設置場所の自由度も高いですね。

集熱パネルから建物内部へダクト配管を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室内を赤外線サーモカメラで撮影すると、ダクト接続部分の温度が高いのがわかります。

今日は、曇り空で外気温26度くらいなので、自然対流だけでも外気温+6℃くらいの集熱が出来ています。

この温まった空気を、基礎断熱された床下に送り、床下のコンクリートを蓄熱していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルを設置したら、温度センサー付きの換気扇を回すだけなので、基本的には太陽熱というフリーエネルギーで暖房負荷を減らすシンプルなシステムになります。

夏と冬に冷暖房依存度の高い、昔ながらの住宅は、春と秋は居心地が良いのですが、

建物の断熱性を上げて、外皮性能を高くしていくと、春と秋には、外気温に比べると、室内が寒じるという皮肉さを感じます。

春と秋に、外気の気持ちよさを、室内に送り込んであげて、1年の中での春と秋の期間を延ばしながら、基礎コンクリートに蓄熱し、冷暖房負荷を減らしていく、というシステムなので、四季を通して寒暖の差が大きい八ヶ岳エリアには向いているだろうな・・と想像しております。

 

また、実績データを見ながら、「冬季の水抜き不要」とまで性能が確かめられたら、報告させていただきます。

工事のほうも、夏の間やっていますので、空気集熱を実感してみたい方は、お気軽にお声がけください。

今日は、空気集熱システム・ビオソーラーの紹介でした。

それでは、また。 

 


このページのトップへ