プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 仕事 > ウッドデッキの作り方

ブログ

< ログハウスの温熱環境  |  一覧へ戻る  |  「八ヶ岳ランタサルミフェア2018」を開催いたします! >

ウッドデッキの作り方

 こんにちは。

少し前に、フェイスブックページで紹介しておりました、白州町のN様のウッドデッキ改修工事が完了しましたので、ウッドデッキの作り方のコツを紹介させていただきます。

DIYで、ウッドデッキつくりに挑戦する際、参考にしていただければ、少しでも長持ちするかと思います。 

今回は、手に入りやすいSPFの注入材を使用しました。

ウッドデッキ塗装の基本は、組み立て前の下塗りです。

 

 

 

 

 

下塗りすることで、組み立てた後からでは、刷毛が入らないところまで、先に塗ることができます。

結局傷みやすい部分は、木材と木材の重なり部分なので、ここは、ぜひ塗っておきたいですね。

次は、屋根からの雨落ち部分です。

屋根に雪が積もったりすると、とけるまでの間、ずっとデッキに雨が落ちて、デッキの寿命を短くしてしまいます。

このようなオープンなデッキの場合は、落ちた雨水をいかに素早く「排水」するかが、長持ちするデッキのポイントになります。

   

 

 
 

 

今回は、屋根からの雨落ち部分にグレーチングを設置しました。

これで、雨水はスムーズに排水されます。

 

 

 

また、スノコとスノコのつなぎ目部分も、少し隙間を開けてあげると、排水が良くなり長持ちします。 

 

 

 

 

 

次は土台を守るために、土台の上端にガルバニウム鋼板の板金カバーを設置します。

 

 

土台が傷んでしまうと、後々の交換も大変なので、土台には、板金カバーをつけておきます。

 

 

 

 

 

 

また、基礎コンクリートの上に直接木材をのせると、濡れた時に乾きづらいので、基礎パッキンを入れて、排水を良くします。

 

 

 

 

細かいところですが、根太の取り付け部分も、金物を使用して、木材と木材が、くっつかないようにすると、スムーズに水が流れてくれますね。

 

 

 

 

DIYでやっていると、木材と木材がぴったりくっついたほうが、良さそうに思えますが、雨にさらされる部分を作る場合は、少し隙間を開けて、降った雨がスムーズに排水されるように作ったほうが長持ちします。

あとは、防腐塗料の下塗り後も、切断面は、必ず塗装してから、取り付けるといいですね。

これからDIYの季節にもなりますので、参考にしていただき、長く楽しめるデッキづくりに挑戦してくださいね!

ちなみに、このブログを読んでいただき、「やっぱり頼んだほうがいいかな・・」と思われた場合は、お気軽にお声がけください(笑)

というわけで、ウッドデッキの作り方のお話でした。

いい季節になりますね!せっかくなので長く楽しめるモノづくりに挑戦してくださいね!

 

 

 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ウッドデッキの作り方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/548

コメント(2)

韮崎のウーノ (2018年4月13日 23:42)

キラさん、ウッドデッキの作り方はプロはひと工夫が違いますね。
私も現在バーコラ付きのウッドデッキを作成しています。大きさは2M*5Mと小さいですが結構大変です。
塗装をしていると桜の花びらが飛んできて水玉模様になっています。
完成したらパッションフルーツの棚を作りますので果実を取りに来てください。


beleaf Author Profile Page (2018年4月14日 06:28)

韮崎のウーノさん、ありがとうございます!
2m*5mのパーゴラは、立派です!流石ですね!
実るものがあると、パーゴラの下で過ごす時間も楽しみですね!
私も、パーゴラの完成と、実りの季節を心待ちにしております。
何か、困ったことがあれば、ご相談くださいね!


コメントする

< ログハウスの温熱環境  |  一覧へ戻る  |  「八ヶ岳ランタサルミフェア2018」を開催いたします! >

同じカテゴリの記事

解体工事から学べる事

 あっという間に2021年も3月になろうとしています。

「今年の2月は逃がさない!」と、気合を入れて迎えましたが、やっぱり2月は早いですね。

そんな2月は、北杜市大泉町K様のお宅で解体工事が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社で、既存建物の解体から新築工事を行うのは、3棟目だと思いますが、建物の解体工事は、新築時の参考になる情報がたくさん隠れています。

いくつかの建物を解体してきて感じるのは、建物中心部に近い木材(建物外皮から遠い部材)は、まったく新築時と変わらない状態だという事です。

これは、どの建物にも共通している木造のすごいところです。

反面、外皮に近い、床組みや屋根の付近の傷みは、構造上致命的なダメージとなってしまいます。

この辺りは、今までの木造の弱点ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、つい先日、弊社で施工した築10年になるT様のお宅の床下の点検時に撮影した写真です。

 

ほぼ新築時のままの、きれいな床下環境でした。

基礎断熱や取り組んだ防湿措置の効果を感じます。

 

 

 

 

 

家を長持ちさせるには、建物外皮の耐久性は最重要課題と言えるかと思います。

木造の利点を生かして、弱点を克服することが大切ですね。

解体工事は、経験者から、現在の施工の答え合わせをしてもらっているような貴重な経験です。

大切にしたいと思います。

 

 

 


ログハウスの気密試験を行いました。

 2021年もスタートしました!

すっかり、ご挨拶が遅くなってしまいましたが、こちらのブログでは、初めてのご挨拶となります。

「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。」

 

昨年末から、お正月にかけての安定したお天気のおかげで、工事のほうも順調に進んでおりまして、昨年末に組み上げ工事を行った北杜市小淵沢町のランタサルミログハウスY様のお宅では、断熱・気密工事も完了して、建物の気密試験を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

建物の気密性能はC値で表されますが、測定C値は0.2c㎡/㎡と、ログハウスとは思えないほどの結果となりました。 


目標C値は0.5だったので、それ以上の結果に若干戸惑っておりますが・・ 

ログハウスでここまで出せるんですね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらのログハウスのUa値(外皮平均熱貫流率)は0.48w/㎡kとなっており、3地域における省エネ等級4とZEH基準をクリアしております。

おかげさまで、このところの数棟のお宅でデータ収集することが出来、弊社でキットアレンジしているログハウスと断熱の仕様では、Ua値、C値ともに0.5以下は、お約束が出来るようになりました。

Ua値、C値ともに0.5を切る建物の基本性能に、標準装備の1種の熱交換型換気システムと、床下設置の寒冷地用エアコン一台で、冬場の基本的な温熱環境を作っていきます。

より小さく、より簡易な暖房機で、より快適な木の家を作ることが出来るようになりました。

加えて、これからは、室内の「空気の質」も問われてくるようになるかと思います。

今年も、工夫しながら、ホンモノの木の家を作ってまいりますので、

2021年も、よろしくお願いいたします! 

 

 


今年も一年お世話になりました。

 今年も残すところ、今日を含めて二日となりました。

おかげさまで、今年も一年間を、無事に終わることが出来ました。

年末は、地鎮祭をお願いしている横手の駒ケ岳神社さんへ、一年間のお礼を兼ねて、参道の焚き火用の薪を届けたら、ホッと一息、一年が終わる感じです。

昨日も薪をお届けして、お茶をいただきながら「どうにか、一年過ぎましたね」なんていう、何でもないお話にも、若干の重みを感じました。

新しい年は、ビックリするくらいに嬉しい想定外の一年になるといいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も一年お世話になりました。

皆様も、暖かくして、良い年をお迎えくださいませ。


ランタサルミログハウスS様邸完成しました!

 11月に入り、朝夕に寒さを感じるようになった八ヶ岳です。

夏と冬の寒暖差の大きな八ヶ岳エリアでは、木材に熱を蓄えることで、やわらかな輻射熱を得られるような住まいづくりを心掛けていますが、そんな住まいがもう一つ完成しました。

以前のブログでUa値やC値の紹介をさせていただいた、S様のランタサルミログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数値の説明は、ここでは省略させていただきますが、Ua値0.44w/㎡k、C値は05㎠/㎡のログハウスで、

ログハウスでは、難しいと考えられがちな、高気密・高断熱住宅と同等の性能を持っています。

現在、床下エアコンを試運転中ですが、約90畳の床面積を、14畳の寒冷地エアコン1台で、外気温3℃に対して、室温は設定温度の18℃に保っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高気密・高断熱住宅と同等の性能・・と書きましたが、実はここから、ログハウスは真価を発揮できるようになります。

ログハウスは、温め続けることで、熱を蓄えることが出来るので、全体が輻射熱に包まれた優しい暖かさを感じることが出来ます。

これは、石膏ボードで仕上げられた、さらにハイスペックな高気密・高断熱住宅にも真似することが出来ません。

これだけ大量の木材を使用する真価ですね。

よく、ログハウスの温熱環境に関するお話で、「薪ストーブ一台あれば、冬はTシャツで過ごすくらい暖かい」なんて方もいらっしゃいますが、あれは、実は、Tシャツで過ごすくらいまで室温をあげないと暖かさを感じられないから、上げざるを得ないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、ゆっくりと冬に向けて、木材を温めていくことで、快適な温熱環境を作っていきます。

その温もりを、木材からの贈物のように感じていただけると嬉しいですね。 

八ヶ岳の大きな自然の中で、木に寄り添って生きる快適な住まいが、もう一つ完成しました。


八ヶ岳の東と西で

 暑かった今年の夏の記憶もすっかり忘れつつ、気持ちの良い10月を迎えようとしています。

そんな気持ち良い季節を迎える八ヶ岳の東麓の野辺山と西麓の原村で工事中の、二つのランタサルミログハウスの足場が外れました。

ともに自由設計によるフリープランですが、外観デザインは、切妻型と大屋根モデルと趣が違います。

大屋根モデルの野辺山のY様のログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

積雪の多い、野辺山での暮らしを考慮して、車寄せにもたっぷりのスペースを設け、車寄せにつながる大きな外部倉庫も設けました

 

 

 

 

 

 

 

大きく出した庇で、室内が暗くならないように、屋根には明かり取りを設け、ウッドデッキへの雨落ちには、グレーチングを設置し雨の跳ね返りを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

基本的には、平屋ベースの建物に、車寄せや収納など、「余白」部分にたっぷりと余裕を持たせた、暮らしやすそうなログハウスです。

かたや、西麓の原村に建つログハウスは、ログハウスの定番、切妻型の大型ログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

延べ床面積、約150㎡で、屋根にはドーマーもある4LDKの大型ログハウスになります。

 

 

 

 

 

 

 

寝室から見える、白樺の林も美しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

二つのログハウスともに、想定外のコロナ禍の工事でしたが、おかげさまで、予定通りに足場を外すことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、八ヶ岳の東西で、趣の違うログハウスが、同じタイミングで足場が外れましたので、紹介させていただきました。

これから、仕上げの工事に入りますので、きれいに仕上げていきたいと思います!


このページのトップへ