プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 日記 > 台風一過

ブログ

< 夏季休業のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  地形をよむ >

台風一過

山梨では、大きな被害もなく台風も通り過ぎてくれましたが、雨は結構降りましたね。

今朝、森を散歩していますと、白州の川にしては珍しく白濁した水が激しく流れておりました。

橋の上から撮影していますが、いつもは透き通ったきれいな水が流れている川が、白濁して増水しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散歩コースでは、この川が一番大きく、その他には数本の小川があります。

数本の川の中で、一番大きいこの川だけが水量が増えて、白濁していましたが、その他の川は、いつも通りの水量のきれいな小川でした。

ちなみに、こちらは我が家の裏の小川ですが、散歩コースの小川と同じく、水量もさほど増えもせず、いつものきれいな水が流れております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、この小さな流れは、雨の水というよりは、地下からしみだすことで流れを作っているんでしょうね。

うちの裏の小川は、涸れも増えもせずに、一年間、安定して流れていきます。

 

この二つの流れを見ていますと、住処を選ぶ際に、地形を読む力って大切だな、と感じます。

どうして、基本的な地形の読み方を、学校で教えないのかと不思議に思いますね。

うちの建っているところは、縄文の住処があったようですが、縄文人は当たり前のように地形を読み、うちの裏の小川のそばを、集落に選んでいたということでしょう。

土地の開発者に、地形を読む能力が備わっていれば、防げる災害も多いかと思います。

ぜひ、夏休みのお子さんたちと、地形と住処についてのお話なんかをされてみてはいかがでしょうか。

子供の頃にアイデアを入れてあげて、自然に安全な住処を見つけて、暮らせるようになればいいですね。

 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 台風一過

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/533

コメントする

< 夏季休業のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  地形をよむ >

同じカテゴリの記事

手作りのファーストシューズと・・

10月にしては、少し寒いスタートですが、やっぱり気持ちの良い季節ですね。

今日は、八ヶ岳のランタサルミオーナーでもある、O様の奥様が主宰する「まるる靴工房」さんのファーストシューズを紹介しますね。

と、あまりの可愛さに、このブログでも、今までに何度か紹介して参りましたが・・・

うちの次男夫婦に子供が産まれまして、とうとう、わたくしの孫にプレゼントする日がやってきてしまいました~!

偶然ですが、やはりランタサルミオーナーの白州町のO様のお孫さんと同じ年に生まれたので、二つ一緒にプレゼントです!

という、つもりでしたが、実は、ひとつは、O様が、プレゼントしてくれたんですよ! ありがとうございます!!

いつみてもかわいいですね~。

 

いつものことですが、贈る側が、まず手に取って喜んでしまいます。

 

 

 

 

 

 

こちら、初登場のちいちゃん。

我が家に来てくれて2か月と少しになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まれたと聞いて駆けつけた時に、グーパーしながら、息を吸ったり吐いたりするだけで、皆涙~(笑)でしたが、この小さい足が、はじめて靴に追いつく日が、今から楽しみです。

そんなかわいい、ちいちゃんの(笑)ファーストシューズを作ってくれた、まるる靴工房さん。

今週末の10月7・8・9日に原村で開催される、八ヶ岳のクラフトフェアに出展しています。

他にも、手作りのかわいい作品がたくさんありますので、ぜひ、クラフトフェアで手に取ってみてくださいね! 

 

 

 

というわけで、今日は手作りのファーストシューズと我が家のちいちゃんのご紹介でした(笑)

週末の八ヶ岳で、いい時間をおすごしくださいね!


10月に入りました。

10月に入りました!

2017年も、あと3か月。

早いですね。

10月のスタートの朝です。

茅ヶ岳から昇る朝日が、金峰山の頂上を照らしています。

北杜市の朝の景色です。

 

 

 

 

 

 

朝陽の見える場所まで、うちから2kmほどですが、8月にダイエットと称して始めたモーニングウォークのおかげで、天気の良い日は、こんな朝を迎えることが出来ます。

 

余談ですが、20年ほど前に作った、我が家のネームプレートも、月日とともにアイビーがからまっていい感じになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このアイビー、家を建てた時に、寂しかった庭にOBオーナーのK様が、自宅から持ってきて植えてくれたのですが、誘引したわけでもないのに、意思を持っているかのようにネームプレートを飾ってくれて、我が家の時間の経過を感じさせてくれます。

こうして、アイビーを見ていると、時間は失われていくものではなく、積み重ねられていくことがわかりますね。

今年は、新しいアイビーが 「K」 に向かって昇ってきましたよ~、この先どこへ向かうんでしょうか~笑

 

そんな、10月のスタートは、ランタサルミ完成物件の写真撮影でした。

 

南アルプスの眺望の美しい、富士見町のM様のお宅です。

 

絶好の撮影日和に恵まれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この被写体にプロの背中!

いいですね~。

富士見町のM様、北杜市のT様、突然お声がけしてしてしまいましたI様。

ご協力いただきまして、ありがとうございました。

かっこよく仕上げてもらってお届けしますね。

 

10月に入りました!

皆様方も、いい時間をお楽しみくださいね!!

 

 


台風は通り過ぎましたが

台風18号は、通り過ぎ、やっぱり今回も山梨には、大きな被害も無く、通り過ぎていきました。

稲が倒れることもなく、山梨は、いい季節に入っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一安心ではありますが、私の実家のある、大分県の南部・津久見市には大きな被害がありました。

台風による大雨で、車の屋根付近まで浸水被害があったということです。

昨日、送られてきた写真には、泥だらけの道路とゴミの山が写っています。

 

 

水位の高い時は、1.5mほどまでの水位だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溜まった泥や、使えなくなった生活用品のゴミの山の処理は、まだこれからみたいですし、作業をしている人の足元はみな泥だらけです。

 

まだ、水位が高く、家族も近寄れなかったときに、2階に避難している、うちの母親を心配して、水の中を、何キロも歩いて食べ物と水を運んでくれた友達がいます。

水の引いた翌朝には、友達二人で、とりあえず、うちの前の道路の泥をかいて、歩けるようにしてくれたそうです。 

山梨に来てから30年近く経ちますが、電話口で「どうにかしとくから、大丈夫だよ」と言ってくれる友達には、こみ上げてくるものがありますが、除泥作業中に電話したら、「作業の支障になるから切るよ~」と笑いながら、電話を切られました。

 

ありがたいとしか、言いようがありませんが、

泥だらけの写真を見て、たぶん30年でいちばん故郷に帰りたい気持ちです。

出来ることをやっていきたいと思います。

 


地形をよむ

いよいよ、お盆休みに入って、車の数も増えてきた八ヶ岳エリアです。

 

前回のブログで、住処と地形の話をしましたので、地形の話をもう少し紹介しますね。

よく、山のすそ野や林道を走るときに、曲がりくねった道に出くわすことがあるかと思います。

こんな感じで、見通しの悪いカーブが連続する道路です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この連続するカーブには、地形情報がたくさん隠れているのに、お気づきでしょうか?

というのは、このカーブ、山側へ入り込むカーブは地形上の谷を表し、谷川へふくらむカーブでは、そこに尾根があることがわかります。

カーブのきつさや大きさで谷や尾根の緩急を見ることが出来ますし、尾根部分は乾いた土地を表し、谷部分には水がある可能性が高いですね。

 

また、富士山の5合目あたりを走ると、まっすぐに続く道がありますが、すなわち、あの道路は尾根や谷の少ない富士山の形を表しています。

私たちは、情報を2次元で見る習慣が、ついてしまいがちですが、カーブが続く山道に出会うことがありましたら、山の立体感を想像しながら走ってみてはいかがでしょうか?

そうすると今度は、その地形から生まれた水が川になり、川が流れて海へつながることや、形状による乾漆での植生の違いなど、時間の流れ、時間軸が見えてきます。4次元ですね。

(参考までに、比較的直線道路の場所は、植林など手の入った森が多く、カーブの連続する場所では、雑木や自然の深い森が多いです。これは尾根や谷の連続する場所では、日向と日陰の場所が出来て育ちが均一でなかったり、植林をしても、出荷までに手間がかかるので、かえって、自然の森が残っているということかと思います)

 谷川に大きく膨らむカーブに地面の渇きを感じる・・笑

そんな、見方を、お子さんの小さいころに、さりげなく入れておくと、もしかしたら人生の中で役に立つことがあるかも!! しれません。。

夏休みのドライブ中の暇つぶしネタに、良かったらご使用下さいね。

 

それでは、皆さま、気をつけて楽しい夏休みをお過ごしくださいませ!

 

 


このページのトップへ