プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 仕事 > 作品作り

ブログ

< 八ヶ岳見学会へのご参加ありがとうございました!  |  一覧へ戻る  |  軽井沢ニューモデルハウスOPENのお知らせ。 >

作品作り

昨日は、暑かったですね!

ちょうど昨日は、八ヶ岳での撮影日だったので、とっても暑かったですが、作品的には、最高のお天気でした。

雲一つない青空と新緑、それと急に鳴きだしたセミの声の中での撮影です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の撮影作品は先日、見学会をさせていただいた、八ヶ岳の標高1500m、K様のお宅です。

見学会も晴天でしたが、さらなる晴天です!

 

青い空に、裏もいい顔!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西傾斜の北側接道を利用したビルトインガレージを作ったので、北面も個性的な表情です。

 

 

 

 

 

 

 

ぐるっと一周してメインのお顔はこちらになります。

晴天と新緑の中での撮影です。

とっても、気持ちが良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

が、標高1500mとはいえ、さすがに暑い。

今回の撮影は、「ずーっと眺めてますよ」

と、時たまマニアックな方に、ご好評をいただいています(笑)ランタサルミバーチャルツアーでもおなじみの、環境音楽家 小久保隆さんと写真家の西林 真さんによる、バーチャル作品の撮影です。

 

小久保さんとは、15年来、ログハウスのスタジオのメンテナンスをさせていただいている関係で、撮影していただいていますが、うちのブログでも時々紹介しているブルーレイディスク「Finland」なども、小久保さんと西林さんによる作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちみたいな、

八畳・・♪ ひとまの小さな事務所・・♪ の神田川的な小さな事務所が、はたしてこんな贅沢なお願いをしてもいいのかしら?

と疑問を抱きつつも、ついつい頼んでしまい、バーチャル撮影も3作目を迎えました。

いい建物作らせていただいて、それをいい作品に仕上げていただけるなんて、

いっつも思っていますが、本当に幸せです。

 

しかも、今回は、以前のブログでも少し紹介しました、空撮用ヘリ「ファントム+GoProカメラ」も初登場です!

 

 

でたぁ・・

と、さっそうと飛び立ったファントムです。

が、、、

なんと、この後、悲しい出来事が・・

 

 

 

 

 

しかしながら、そこはさすがにプロ! 

ファントムに何が起こったかは、ご想像にお任せするとして、その前に撮った空撮は、すごいものになっております!

そりゃもうすごいのが撮れてますので、完成をお楽しみに。

 

今回のバーチャルはナイトバージョンも撮っていただきました。

夜も素敵ですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お休みのところ、夜まで撮影に入らせていただきました。

K様には、遅くまでご協力いただきまして、ありがとうございました。

 

というわけで、日和にも、良きご縁にも恵まれているのも感じながらの、作品作りのお話でした。

 

 

 

ひとつひとつの作品に暮らす皆様が、幸せに暮らしていただけますように。 

 

 

 

 

 

 

皆様お疲れ様でした。

一日、ありがとうございました。


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 作品作り

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/424

コメント(2)

CHOROBEAR (2014年6月 5日 14:43)

お〜こちらのログもバーチャルに!!
楽しみにしていますね〜♬


beleaf Author Profile Page (2014年6月 5日 15:26)

CHORO BEARさま
そうです、お越しいただいた、K様のお宅です。
バーチャルも素敵ですが、ファントムの空撮もすごいですよ!
お楽しみに!


コメントする

< 八ヶ岳見学会へのご参加ありがとうございました!  |  一覧へ戻る  |  軽井沢ニューモデルハウスOPENのお知らせ。 >

同じカテゴリの記事

ログハウスのUa値について(4)

  ログハウスのUa値について八ヶ岳での施工例をもとに、3回にわたり実例数値などを紹介させていただきましたが、4回目の今日は、Ua値から少し外れたログハウスのお話をさせていただきますね。

前回までのブログでも紹介させていただきましたが、一般的な木造住宅の壁は、断熱された壁面に比べてガラス面による熱損失が大きくなるのですが、ランタサルミログハウスの場合は木製トリプルガラスサッシのU1.09w/㎡kに対して、114㎜の厚みのログ壁のU値は1.05w/㎡kと、ほとんど熱貫流率の変わらない窓と壁の組み合わせになっています。

簡単に言いますと、壁面とガラス面の断熱性が同じくらいなんですね。

ただ、窓辺に建つと、やはりガラス面のほうが、日射を感じます。

熱貫流率が近いのに、日射による暖かさが違うのは不思議ですね。

その理由は、木材の性質の一つである「熱の伝わりにくさ」、木材の熱容量によるものです。

つまり、木材は、熱貫流率は大きいが、温まりにくい。

そして、一度温まると冷めにくいという性質を持っています。

このログ壁の性質は、断熱材を厚く入れて壁のU値を小さくした高性能住宅にも真似することが出来ません。

そういう意味では、すべてのログハウスオーナーさんは、すごい壁の中で暮らしているわけですが、ログハウスオーナーさんのログハウスへの評価は様々ですね。

「ログハウスは暖かい」という人もいれば「寒い」という人もいます。

夏の暑い日の、室内のヒンヤリとした感じや、冬の温まったログ壁に包まれた、なんとも言えない居心地の良さは、ログハウスからの贈物とも言えますが、この魅力は、木材以外の部分の性能が弱いと出てこない・・と言いますか、その性能がマイナスに働いてしまうこともあるからなんですね。

そういった意味では、一見ログハウスとは無縁に感じる省エネ基準Ua値は、その数値が、外皮熱貫流率の平均を表している分だけ、ログハウスの住み心地を測る数字として、一般の方にも、ある程度、入居後の温熱環境が、「読める」、数値ではないかと思います。

よく、「薪ストーブ一台あれば冬はあったかいですよ」なんて言葉を聞きますが、薪ストーブ一台あれば、プレハブにシングルガラスの窓でも暖かいわけですから、そこから「読める」、温熱環境とは大きく違います。

ただ、私たちが目指しているのは、単に断熱された住まいではなく、ちょうど今の季節の森の中にいるような室内環境で一年間を過ごしたいわけで、それを比較的容易に作ることが出来るのがログハウスと言え、そんなログハウスの住み心地を一般住宅に応用したのがランタシードになります。

ですから、ご検討中のお客様に、「ランタサルミとランタシードでは、どちらがお勧めですか?」と尋ねられると、いつも困ってしまいます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のUa値シリーズブログはこれで終わりになりますが、あまり表に出てこないログハウスのUa値のお話は、参考になりましたでしょうか。

ちなみに弊社では、断熱地域区分3地域の中でも、特に夏と冬の寒暖差の大きい八ヶ岳エリアで、住み心地の良い住まいづくりに取り組んでいます。

ご紹介しました実例による,ランタサルミ&ランタシード弊社施工例のUa値は、どの地域でも自信を持ってお勧めできますので、ぜひ参考にしていただき、木の家からの贈物を、ご家族で、たっぷりと受け取ってくださいね!

住まいの温熱環境を整えると、住まいが住まい手を幸せにしてくれるのがわかると思います!!

というわけで、長くなってしまいましたが、ログハウスのUa値については、ひとまず終わりとさせていただきます。

お付き合いいただきまして、ありがとうございました。


ログハウスのUa値について(3)

 ログハウスのUA値(外皮平均熱貫流率)についての3回目になります。

前回は、八ヶ岳に建つ、ランタサルミログハウスの、実際のUA値について書きましたが、今回はランタサルミの北欧住宅「ランタシード」のUA値について、実際の数値を紹介させていただきます。

その前に、ランタシードについて、簡単に説明しますと、ランタサルミの北欧デザインと北欧部材を利用し、基本構造は日本の在来工法で作る住宅になります。

ログハウスに比べると、設計の自由度が高く、断熱や気密性能も上げやすいですね。

それで、実際にどのくらいのUA値になるかといいますと,

こちらの長野県の富士見町・3地域に建つM様のお宅は、0.28w/㎡kとなっています。

前回、お話しましたログハウスのUA値が、大体0.45前後だったので、UA値としてはかなり小さく、つまりは熱が逃げにくくなっていきます。 

 

 

 

 

 

 建物外皮の中でも熱損失の大きい窓は、北欧仕様の木製トリプルガラスサッシを標準採用しているので、開放感を損なうことなく建物外皮の性能を上げることが出来ます。

(木製サッシU値1.09w/㎡k)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

次に、こちらの茅野市の標高1500mに建つ I様のお宅は、UA値0.31となっております。

 

 こちらも3地域の省エネ基準0.56をクリアしております。

 

 

 

 

 

 

  

 UA値は、建物外皮の平均熱貫流率になりますので、UA値を求めていくと、当然、壁に比べて断熱性能の低い窓を小さくしていくと有利になってくるわけですが、それでは、本末転倒ですね。

 

 

 

ただ、やはり、ガラス面積が大きくなると、UA値が大きくなってるのが、今回、紹介している実例数値からもわかるかと思います。

こちらの原村の3地域に建つM様のお宅は、0.39となっております。 

ガラスの面積が大きいと数字は大きくなってきますが、3地域の基準0.56は余裕でクリアしており、北海道などの1地域の基準0.46もクリアしております。

 

 

 

 

 

 

 数値を求めるとリビング上部の窓は、はずしたいところですが、日常を考えると、尊い景色で、窓の大切さを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

また、こちらの山梨県北杜市の3地域・小淵沢に建つNK様のお宅は0.38となっております。

 

 富士山や八ヶ岳といった眺望の美しい場所に建っています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも、東側へ向けて大きな開口部を設けていますので、UA値は大きくなってきますが、住まい手は、四季を通して、自然とのつながりを感じながらも快適に暮らしたいわけなので、数字だけを求めることは避けたいところです。

八ヶ岳の広い空とのつながりを感じながらの日常です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、上の写真にあるような、柱のすぐ横にドアや窓を作ることや、ペイント仕上げの壁はログハウスでは難しいので、ランタシードのほうがログハウスに比べて設計の自由度が高いと言える、一例になります。 

ということで、今日は、八ヶ岳での施工例をもとに、北欧住宅・ランタシードのUA値を紹介させていただきました。

やはり、単純にUA値だけを比較すると、ランタシードのほうが数字を小さく、つまり断熱性のを上げやすいことや、ガラスの面積が増えると、数字が大きくなってくることもわかりますね。

ざっくりと、ログハウスとランタシードでUA値比較しますとログハウスで0.45w/㎡k、ランタシードで0.33w/㎡kといったところが、八ヶ岳でのランタサルミ実例数値という感じですね。

どちらの数値も、3地域の中でも特に1年間の寒暖差の大きい八ヶ岳で、目標数値としてお勧めできる数値だと思います。

ただ、目指していくべきは数値ではなく、住まい手の住み心地なので、あまり数字は求めすぎないのが大切だと思いますね。

例えば、ランタシードと比較すると数値上UA値の劣るログハウスには、いいところもたくさんあります。

具体的には、一般的に言われる、木材の調湿効果などに加え、ログ壁の「重さ」とか「熱容量」(熱をためる力)とかが、ログハウスのマニアックな魅力になりますが、お好きな方は、次回の、そんなお話にもお付き合いいただければ嬉しいです。

まあ、そもそも、ログハウスを住まいに選ぶのに、温熱環境を期待して選ばれる方が、あまりいらっしゃらないので、ログハウスの快適な温熱環境はオマケみたいなものかもしれませんが、これは、建築後の数十年間に渡る「木からの贈物」ともいえる、結構な贈物じゃないかと思っていますので、もうしばらくお付き合いくださいね。

それでは、また。

 

 

 


ログハウスのUa値について(2)

 前回のブログ、「ログハウスのUA値について」の続きになります。

今日は、実際に八ヶ岳エリアで建てられたランタサルミログハウスがどのくらいのUA値かを紹介させていただきますね。

まずは、こちらの建物を紹介させていいただきます。

ランタサルミの「タイデ」というモデルで、八ヶ岳の西麓、原村の断熱地域区分で言いますと3地域に建っています。

こちらの建物のUA値は0.45w/(㎡K)となっております。

 

 

 

 

 

 

3地域の省エネ基準値が0.56なので、基準値をクリアし、1地域の北海道の0.46もクリアしたログハウスです。

続きましては、ランタサルミの「ぺイリ」というモデルですが、八ヶ岳南麓の北杜市の中でも比較的標高の低い、断熱地域区分の4地域に建築されています。

こちらの建物のUA値は0.48w/(㎡k)となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4地域の省エネ基準値は、0.75なので、基準値をクリアしており、3地域の0.56もクリアしてますね。

ちなみに八ヶ岳南麓は、3地域と4地域のエリアがありますが、実際の建築にあたっては、3地域と考えて計画することをお勧めします。

3例目は、現在進行中のフリープランのログハウスです。

こちらのUA値0.44となっております。

 

こちらの建物は、八ヶ岳の西麓・原村の3地域で進行中ですが、こちらも1地域の省エネ基準をクリアしています。

 

 

 

 

 

 

と、施工実例とUA値を紹介させていただきましたが、前回のブログでもお伝えしたように、100mm厚の木材はグラスウール10k100mmの半分程度の断熱性しかありません。

にもかかわらず、寒冷地の省エネ基準をクリアできるのは、UA値が、外皮の熱貫流率の平均を表しているからなんですね。

ひらたく言いますと、八ヶ岳エリアに建つランタサルミログハウスは、1階部分を占めるログ部分以外の部位、床・妻壁・屋根・サッシの性能が高いから、平均点が上がっているということになります。

各部位の断熱仕様につきましては、ここでは説明しませんが、実際に完成後の建物内部に入っても、体感的には心地よく、断熱・調湿・遮音などバランスの良いログハウスに仕上がっているかと思います。

ただ、高断熱仕様の住宅メーカーの出している、0.2や0.3台のUA値をログハウスで求めるのは、コストの問題もあり、現実的ではないかと思います。

それでは、ランタサルミの北欧住宅「ランタシード」では、どのくらいの数値が出るのか・・

次回のブログで実例をもとに紹介させていただきますね。

皆様の、寒冷地での快適な住まいづくりの参考になれば幸いです。

 

 

 

 


ログハウスのUa値について

 コロナ禍の5月となりました。

早く落ち着いてほしいですね。

すっかり来客対応も少なくなったところで、少し落ち着いて、ログハウスの断熱性能について書いてみようと思います。

2020年以降は、完全に義務化されるといわれていた省エネ基準の義務化は何故か見送りとなりました。

その際、用いられる予定だった建物の省エネ性能を測る基準のUA値という値がありますが、「ログハウスのUA値」と検索しても、なかなか出てこないので、少しシリーズ化して書かせていただきますね。

ついでに、弊社で取り扱いをしている、ランタサルミの北欧住宅「ランタシード」との比較をUA値を使って説明させていただきます。

ランタサルミの住宅に、ご興味を持っていただき、「ログにしようか?シードにしようか?」とご検討中の方へ、参考になれば幸いです。

少し、長くなりますので、今回は、イントロダクションとして、用語説明と省エネの地域区分について説明させていただきます。

まずはUA値について・・

こちらは、難しい言葉で言いますと、「外皮平均熱貫流率」と言いまして、平たく言うと、建物外皮(建物の外部と接する部分)を通して熱がどのくらい出入りするかを表し、「数値の少ないほう」が熱の移動が少なく性能が高い家ということになります。

外皮と言いましても、床下・外壁・窓ガラス・屋根と部位ごとに、熱の通しやすさ(熱貫流率)は変わってきますので、その値をざっくり平均して出した値がUA値ということになります。

とりあえず、ざっくりでもわかりやすい建物の断熱性の平均値という感じでしょうか。

で、日本全国を寒冷地から温暖な地域まで、8つの地域に分けて、UA値の基準を設け、2020年に「義務化」しようとしましたが、なぜか、延期?となってしまいました。

ちなみに弊社のある、山梨の八ヶ岳エリアは、地域区分で3地域、または4地域にあたり、義務化の際の省エネ基準は、3地域で0.56、4地域で0.75のUA値となっております。

ちなみに、ログハウスに使われている木材にも断熱性があるのをご存じの方も多いかとおもいますが、木材の熱伝導率は、グラスウール10kの半分程度の断熱性能しかありません。

八ヶ岳エリアでは、断熱性と気密性にこだわって、ログハウスを作ってきました。

それらのログハウスは、木材の断熱性以上に住み心地の良いものになっているかと思っていますが、

実際の施工例の仕様をもとに、ランタサルミログハウスとランタシードで、どのくらいのUA値が出るのか・・寒冷地の省エネ基準をクリアできるのか・・

また、どのくらいのUA値を目指すのが、この地域で適当なのか・・

などなど、個人的な見解も交え、説明させていただきますので、ご興味のある方は、お付き合いくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 


地盤について

 2019年も、6月になってしまいました。

本当に、一年は早いですね。

今日は、現在、小淵沢で工事中のランタシードNK邸の地盤についてのお話です。

ご存知の方も多いかと思いますが、基礎の構造は、地盤調査データをもとに計画します。

地盤調査の様子です。

スエーデン式サウンディング法で地盤データを調査を行いました。

 

 

 

 

 

今回の工事は、地盤調査の解析データから、計画地の一部が盛土だったことが分かりました。

通常、盛土は、見た目で判断できる場合が多いのですが、おそらく近くの土を利用しての盛土らしく、解析データ等のおかげで、判別することができました。

そのため、計画を変更し、建物配置を盛土部分から、3mほどずらし、基礎の形状を変更しました。

確認申請も計画変更で再申請です。

その後、実際に基礎工事が始まり、掘削してみると、表土の黒い部分から、盛土の状況が良く分かります。

 

 

黒土の部分が右側にいくほど下がっているところが盛土部分で、その下の赤土が地山と言われる、建物の支持地盤となります。

 

 

 

 

 

 

建物の配置を移動して、基礎の深さを変更して、ようやく盛土部分から外れた感じがわかりますね。

地盤データがあればこそ、掘削前に地層断面に見当をつけることができます。

通常、盛土の場合は、地盤改良を行ったり、基礎形状をベタ基礎にすることで、改良せずに基礎を作ったりするやり方も、テクニックとしてありますが、長い目で考えると、テクニックよりも、地山を選びたいところです。

ただ、工期の事を考えると、地盤の再調査や申請の出し直しなど、避けたいところではありますが、この断面を見ると、やっぱり変更して良かった思います。

建物は、基礎の上に乗っていると思われがちですが、実は、この地山の上に乗っていますので、基礎の出来と同じくらい、掘削後の地盤の出来も大切になってきます。

また、掘削しているオペレータには、柔らかい層と硬い層の区別がつきますので、柔らかい層は、図面に関わらず、取り除いてくれるオペーレータだと、安心できますね。

最終的には、解析データを利用しつつも、人の判断が大切だという事だと思います。

地盤調査のおかげで、掘削前に地層の検討はつけることができるようになりました。

解析データを利用して、安心して暮らすことができる、支持層に建物を作っていきたいと思います。

 

 


このページのトップへ