プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 2014年3月アーカイブ

ブログ 2014年3月アーカイブ

慎重に

このところ、雪害の点検まわりで、日常をさらに上回る忙しい日々を送っていますが、とあるお宅を訪ねたところ、

「ドスン」 と大きな音が・・

大きな木の根っこのところに落ちたので、枝でも折れたかな?と音のしたほうを見てみると・・

この子でした。

あわてて、かけあがって、忙しなく動いてたので、ピンボケですが、リスですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に、しても「ドスン」ってキミ、  あの音は、背中から落ちたでしょ・・

 

「サルも木から落ちる」ってことわざがありますが、リスが落ちるバージョンは、さらに、注意喚起のレベルが高い気がします。

ことわざにするなら、「リスさえも木から落ちる」 ですかね。

 

忙しい日々ですが、リスさえも木から落ちるくらいですから、

私たち人間は、そうとう慎重に生きなければならないということを学んだ、

雪害の点検まわりでのお話でした。


ランタサルミ10周年「サイズアップキャンペーン」が始まります!

おかげさまで、ランタサルミログハウスがスタートして、今年で10周年となりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタサルミでは、10年分のご愛顧に感謝いたしまして、

ログサイズアップの「サイズアップキャンペーン!」を開催いたします。

 

 

 

 

 

 

ひとまわり大きなログサイズで、夢の北欧スタイルを手に入れてくださいね!

 

棟数限定企画です、ご予約はお早めに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンペーン概要

・開催期間:2014年10月末までにご成約の方が対象です。

・棟数:全国20棟限定になります。

・備考:サイズアップによる部材費の差額が対象になります。

・お問い合わせ:有限会社Be-Leaf Tel0551-35-2269  吉良まで

 


恵まれて

昨日は、弊社が参加しています、山梨県木造住宅協会主催の木造住宅フェアが、開催されました。

このイベント、4回目を迎え、毎年、3月のこの週に行われるのですが、毎年毎年、お天気に恵まれまして、昨日も穏やかな、いい天気での開催となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Be-Leafのランタサルミブースでは、今年もヨーヨー釣りを準備しました。

名水百選にも選ばれた、白州の名水を使用していますので、こだわりの名水ヨーヨーです!

この子たちが、大きくなって、お金持ちの男性の玉の輿に座った時に、弊社を選んでいただこう!

という、かなり息の長い営業活動に励んでおります。

 

 

 

 

 

 

前日までに、家内と作った200個のヨーヨーは、すべて子供たちの手へ。。

そんなヨーヨー釣りも3年目を迎えました。

昨年までは、建築への関心の少ないイベントでしたが、今年は北欧住宅や薪ストーブへの関心が高く、用意した資料も、一部は無くなるものもありました。

自然志向や良質なものへの志向は、年々高くなっていくんだろうなっていう、嬉しい変化も感じられました。 

 

 

へろへろになりながら、作ったプレゼント。

せめてその精神だけでも、やなせさんに少しでも近づければ・・

 

 

 

 

 

 

というわけで、今年も、いいお天気と、子供たちの笑顔と、それから、私たちの健康にも恵まれて、

昨年と同じ一日を、同じように終えることができました。

心から楽しかったです。

来年もよろしくお願いします!

 

と、言いつつも、それなりの疲労感と共に、帰ってきますと、玄関のデッキの上に紙袋が置いてありました。

なかを覗いてみますと、自然農に取り組む、ランタサルミオーナー O様からの贈り物でした。

手作りのお醤油です。 

 

 

 

 

 自然農へ取り組む、Oさまのブログはこちらです。 

 

 

 

 

丁寧に作られた説明書きには、O様が全国から集められた厳選素材、丸大豆・小麦・麹・塩・仕込み水・仕込み樽が書かれていました。

その中の二つの素材、塩と水。

お塩は、私の故郷大分県南部の海の塩「なずなの塩」、お水は現在の住まいである、白州町の天然水でした。

ちょうど、帰りにお寿司を買って帰ったので、早速いただいたお醤油は、

それはもう、体にも心にも、しみわたる、ありがたいお醤油で、元気が出ました。

 

たくさんの笑顔に恵まれて、お客様にも恵まれて、暮らしてきた自然にも恵まれて・・

自分たちが、恵まれていることがしみる、そんな一日でした。


新作「癒しの森~フィンランド」発売

先日の「四次元ポケット」というブログの冒頭で、

「 いつも、私達をワクワクさせてくれる、環境音楽家の小久保隆さんとカメラマンの西林さん・・」

という紹介をさせていただきました、小久保さんと西林さんのチームの新作が発売になります。

その名も、「The Forest of Healing  Finland 癒しの森~フィンランド」という、タイトルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CD+ブルーレイで1890円という破格の値段で、3月28日に発売になります。

 

な、な、なんと!今回、発売前にも関わらず、サンプル動画が公開されております!

私も見させてもらいましたが、フィンランドの自然と小久保さんの音楽と映像プロデュースに西林さんの描写力の融合レベルがすごいです。

こういう、すごい人達がひょっこり訪ねてくれる、Be-Leafの事務所もなかなかすごい!?(軽く便乗)

ちょうど昨年、ランタサルミでフィンランドに行った数週間後の撮影だったために、ロケ地の打ち合わせということで、うちの事務所で、お話をしたりしたものですから、感動もひとしおです。

 

それにしても、今回、お二人の製作したワクワクは、すごいですよ!

フィンランドに行った時も、なんて美しい国だろう、と思いましたが、

私が、雑ぱくに感じた美しさを支える大きな自然と小さな命に、小久保さんの音楽と西林さんの描写力でアプローチしています。

この数年、音ばかりでなく、映像にも力を入れて、広がってきた小久保さんの世界が、作品として、ひとつにまとまりました。

全部で13章に分かれた作品のどれも紹介したいところですが、ログハウスメーカーなので、ひとつだけ紹介させていただきますと、

帰国後にお会いした時に、見せてもらった写真の中にあった、超素敵なログハウスが

Chap06 「Finnish Home」 に出てきます。

元ログビルダーの胸はキュンキュンの小さなログハウスは、実は薪小屋なのだそうです。

薪小屋も、このくらいの気持ちで製作しないと、この作品で表現されている、美しい景観は得られないということですね。

これらの景色が、撮影のために準備されたのではなく、日常の風景だということも、あらためて、私達の住環境を考えさせられます。

美しい自然に、美しい住まい。。 きっと我々にも出来るはずです。

 

 

なにはともあれ、少しでも多くの人に見ていただきたいと思い、紹介させていただきます。

サンプル動画は、下のタイトルからお楽しみください。

「The Forest of Healing  Finland 癒しの森~フィンランド」

 

購入・お問い合わせにつきましては、小久保隆さんの主宰する(株)スタジオ・イオンのweb siteまでお問い合わせください。

 

 

 

今日は、いつもお世話になっている、小久保さんと西林さんのチームによる新作「癒しの森~フィンランド」発売のお話でした。

 

追伸

ムーミン達やニョロニョロが、どこから現れてもおかしくない映像の中で、

Chap8「Quiet Forest」は、おさびし山にしか見えません(笑)

 


3月23日は山梨県木造住宅フェア!

今年で4回目をむかえます、山梨県木造住宅協会主催の「山梨県木造住宅フェア」が今年も開催されます。

日時は今週末の3月23日(日曜日)、10時から16時まで。

会場は、南アルプス市の木の国サイト芝生広場で行われます。

 

昨年と同じように、山梨県木造住宅協会の会員や協賛メーカーの展示に加えて、お子様向けのミニSLに餅つき大会、手作り木工教室など準備してお待ちしております。

 

 

それにしても、このイベント・・

弊社の参加は4回目になりますが・・

住宅フェアとは名ばかりで、建築へのお問い合わせは、一度も無く・・

出来るのは、子供たちの楽しそうな行列ばかり・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント参加者は、年々増加し・・

家内と夜なべして作る、子供たちへのプレゼントはあっという間に無くなり・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一体、これは何のためにやってるのか?って、考える余裕もないほどの忙しい一日に・・

どうして今年も挑戦するかと言いますと・・

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

この笑顔に会えるからなんですねー!

 

 

 

今年も楽しみにしております。

 

その他、ミニSL・餅つき大会など、たくさんのイベントを用意してお待ちしていますので、

皆さんで遊びに来てくださいね。

詳しくは山梨県木造住宅協会(055-298-4141)までどうぞ。

 

4回目を向かえる、山梨県木造住宅フェアのお知らせでした。

Be-Leafの目指す「行列のできる工務店」を垣間見ることができるイベントへ、

ぜひ脚をお運びくださいませ(笑)


四次元ポケット

 いつも、私達をワクワクさせてくれる、環境音楽家の小久保隆さんとカメラマンの西林さんが、日曜日の朝、事務所を訪ねてくれました。

小久保さんの主宰する、スタジオ・イオン武川スタジオのログハウスのメンテナンスを、かれこれ15年くらいやらせていただいておりますが、お会いするたびに、新しい未来の道具を持って私達を楽しませてくれます。

好評をいただいております、ランタサルミバーチャルツアーのリゾートスタイル、ホームスタイル、ともに、小久保さんと西林さんのチームに作っていただきました。 

 

見たことのない方は、ぜひタブレットで、小久保さんの音楽と共に、ランタサルミの世界をお楽しみください。

  八ヶ岳の小川のそばに建つ「PUISTO」という、リゾートスタイルモデルです。

 

 

 

 こちらは、韮崎市に建つ、ファミリーユースの「ラシア」というモデルです。

 

 

この映像、「今、こんなことやってんですよ」って、小久保さんに、初めて見せていただいたときは、ぜひ、ランタサルミでも作ってもらいたい!と思いましたが、すでに2作も作っていただきました。

しかも、オリジナルサウンド付です! 

 

そんな、小久保さんが、今回持ってきたのが、こちら・・・

「タケコプター!?」

ではありません(笑)

 これは、ファントム2というラジコンヘリコプターにGoProという(ビデオ)カメラを取り付けたものです。

つまりは、空中動画撮影ということです。

 

日曜日の朝、白州の森から見上げる青い空まで一気に上昇します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラジコンを巧に操縦するのは、カメラマンの西林さん。

これは、きっとカメラマンだから、撮影を担当されているのだと思いますが、

どう見ても、ファントムでの仕事はいつもの3倍は楽しそうに見えます(笑)

 

家のまわりを、移動しながら撮影中です。

ファントムに接続されたGoProカメラは、ジャイロ機能によって常に姿勢が安定しているので、撮れた映像は、驚くほど見やすいものになっています。 

 

 

 撮影した動画は、早速You Tubeにアップしてくださっていますが、撮影のリクエストに応えて、うちの奥様が、窓から手を振ってしまったために、

「絶対、公開NGよっ!」

と、きつめに言われております。

 

 

 

 

 それにしても、撮れた映像は、面白い映像になっています。

この森で暮らしながら、「気持ちがいいな」とか「楽しい家だな」と感じることは多いのですが、上から見たほうがその理由を理解しやすいですし、おそらくですが、今の住環境に満足されていない方も、上から、住まいを俯瞰(ふかん)で見てみると気づきが早いのではないでしょうか。

 

以前から、気になっていた、スズメバチの巣も、近くから観察・・

カメラの視線が安定しているので、自分が鳥になって飛んでいるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

まさにこれは、夢のタケコプター!ですね。

 

小久保さんが、本物のタケコプターを持って、

「吉良さん、ほら、タケコプター!」 チャッチャラチャチャチャ~♪

と、自作の音楽までつけて現れる日は、そう遠くはない!

と感じた、ある日曜日の朝の、白州の森での出来事でした。

 

 

 追伸1  小久保さんミニ情報

エグザイルのAtushiさんのニューアルバム「Music」の中の10曲目「Interlude」は小久保さんの作品です。

アルバムの前半と後半をつなぐ役割の自然音が収録されています。 

アルバム後半のAtushiさん。「もしかしたら、本当はこんな表現がしたいのでは?」と思えるほどに素敵でしたし、小久保さんのやさしい音が、表現の場面転換にとても効いてました。

 

 

 

 

 

追伸2

今回撮影の動画は、残念ながら、家庭内の諸事情により公開は禁じられておりますが、

OBオーナー様には「こっそり」お見せしますので、ご希望の方はどうぞ(笑)


ランタサルミ「今月の1棟」

3月3日は、ひな祭りでしたね。

ランタサルミのホームページで、毎月、ご好評をいただいております、ランタサルミ「今月の1棟」に、弊社施工、韮崎市のU様の「ラシア」が選ばれています。

ランタサルミホームページ 「今月の1棟」 はこちらです。

 

リビングとつながる「和」のスペースに飾られたお雛様

お子さんたちの成長の節目をお祝いするスペースは、優しいピンクの珪藻土で仕上げました。

 

床面積46坪のサイズに、吹き抜けのリビングと、独立したダイニングキッチンに、3つのベッドルームを持つプラン「ラシア」

ゲストルームとして設けられた和のスペースは、引き込み戸でリビングとの一体感を持たせています。

 

 

 

 

計画時より、こちらのゲストルームは、奥様の生け花や、ご家族の節目をお祝いするスペースにしようと考えられてきましたが、偶然、写真撮影の時に飾られていた、お雛様のおかげで、

2014年の3月は、「ランタサルミ今月の1棟」「ランタサルミカレンダー2014」「Be-Leafオリジナルカレンダー」・・

と、U様のお宅の「ラシア」を紹介させていただくことになりました。

これは、ひな祭りに乗じて、ランタサルミ的には、どこを見てもラシアの「ラシア祭り!」って感じになっていますね(笑)

 

 

その素敵な暮らしぶりは、こちらの「バーチャルツアーHomeStyle」でも紹介させていただいております。

(環境音楽家 小久保隆さんによる音楽が流れます)

 

 

 

 

「こんな住まいがあることを知らなければ選択することも出来ないから、たくさんの人に紹介してください」

というオーナーのU様は、10年以上、いろんなログハウスメーカーを見てまわった結果、ランタサルミを選択していただきました。

その選択理由のひとつでもある、目には見えない、施工の裏側や実際の住み心地は、こちらの「違い」というブログで紹介しております。

 

美しくて、住み心地の良いランタサルミで、ご家族の尊い時間を、さらに!楽しんでいただきますように。。

ひな祭りと共に、今月1か月間は、ランタサルミの「ラシア祭り!」もあわせてお楽しみくださいませ。(笑)

 

今日は、ランタサルミ「今月の1棟」にも選ばれた、韮崎市のU様ファミリーの「ラシア」のお話でした。

 

 

 

 


雪景色の中で

「雪かきが大変です!」ブログが続いたので、

今日は、辛くない雪景色を紹介しますね。

まずは、八ヶ岳です。

 八ヶ岳の西麓、原村から見た景色です。

 

雪景色に青空、

空には月も出ていました。  

 

 

 

 

 

続きましては、ランタサルミの青いレウトです。

 

 

 

 人気の高い平屋モデルレウトのアレンジモデルです。

 

 ブルーと白のコントラストは美しいですね。

 

 

 

 

 

 

こちらのレウトから振り返ると、甲斐駒ケ岳がきれいに見えていました。  

 

 甲斐駒もきれいですね。(寒そうですが)

山の稜線の縁取りも面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳南麓では、昨年、外部塗装工事をさせていただいた「ランタ ターティ」 もきれいでした。

 

 

 雪景色で見ると、また印象が違いますね。

塗装の仕上がりもよく、築年数の経過を感じさせないログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 動物たちも、時々現れます。

 

 

 

 シカも、大雪直後は、背中まで埋もれていましたが、ようやく歩きやすくなってきたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎工事の時に出てきた石を、庭石にした大泉町のH様のお宅では、庭石が何ともいい感じになっていました。

 

 

石にくぼみがあって、一升分水が溜まると、「一生貯まる」にかけて縁起物とされていますが、こちらの石はたっぷりと溜まる上に、いい感じの溜まり具合です。

 雪のとけ具合いと、水のあふれ具合に、雪を踏んでしまうのがもったいないくらいです。

基礎屋さんのいい仕事です。 

 

 

 

雪の中からウサギの親子も救出です。

 

 

 もちろん、置物。

 

 

 

 

 

 

 

 

雪で、エサがないのか、毎日、スズメのように野鳥が集まります。 

 

大雪の影響か、我が家のエサ台は、大人気になっています。

ただ、ヒマワリの種の食べすぎか・・

どの野鳥もふっくらしてきた気がします・・ 

あげすぎか・・ 

 

 

 

 

というわけで、今日は、あまり辛くない雪景色のご紹介でした。

 まだまだ、雪は残っていますが、グーちゃんの寝顔にも、春の気配も感じられる今日この頃です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、皆様、 Have a Good Day !

 

 


« 2014年2月 | メインページ | アーカイブ | 2014年4月 »

このページのトップへ