プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 2013年9月アーカイブ

ブログ 2013年9月アーカイブ

バーチャルツアー 「Home and  Resort」

すでに、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ご好評をいただいておりますランタサルミバーチャルツアーにHome Styleが仲間入りしました。

今回も、建物のデザインはランタサルミ、施工はBe-Leaf、映像・音楽製作は環境音楽家でスタジオ・イオンを主宰する 小久保隆さんによるものです。

私達が住環境や音環境を通して目指す、居心地の良さや休息感を、実際にお住いのランタオーナーさん達にはもちろんですが、たくさんの人に感じていただければと思っています。

いつものように、美しい外観や洗練された室内空間に加えて、その礎となる工事の裏側まで見ることができるようになっています。

ぜひ、「Home and  Resort 」二つのランタサルミバーチャルツアーを通して、ご家族の安心感や休息の時間を手に入れる、きっかけにしていただければ幸いです。

 

Home Style  ラシア アレンジ 八ヶ岳

 

 

 

 

Resort Style プイスト アレンジ 八ヶ岳


プランニングガイドがリニューアルされました。

このたび、ランタサルミプランニングガイドがリニューアルされましたので、お知らせいたします。

 

新しくなった、プランニングガイドです。

素敵な北欧デザイン満載で、施工例の写真も豊富に掲載されています。

 

 

 

 

 

 

 

「ランタサルミと言えば設計アレンジ!」

と言っても過言ではないほど、お客様のライフスタイルや敷地環境にあわせたプランをご提案し続けておりますが、

「アレンジってどこまで可能なのかしら?」という素朴な疑問をお持ちの方には、とてもわかりやすいガイダンスになっているかと思います。

ログハウスと言えば、決まりきったプランの中からの選択のみと思われがちですが、設計の自由度や、キッチン、水廻りのバリエーションの豊富さを、ぜひ、新しくなったプランニングガイドでお確かめください。

 

さらに、今回のプランニングガイドには、リゾートスタイルのプラン例として、八ヶ岳に建つ、弊社施工の「プイスト」が2棟紹介されています。

 

冬の八ヶ岳を背景に、大屋根のログハウスらしいデザインが人気のモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 非日常を楽しむ総タイル貼りのリビングの床や、日照時間の長い八ヶ岳南麓の太陽の明かりがたっぷりと、とりこめるデザインになっています。

ともに、24時間の全館暖房を採用しています。

 

 

 

 

 

 

その他にも、敷地状況にあわせた4つのシーンのなかから、アレンジの可能性を紹介しています。

ぜひ、新しくなったランタサルミプランニングガイドで、皆様それぞれのライフスタイルに合ったログハウスを思い描いていただければと思います。

 

ランタサルミ コンセプトブックとあわせての資料請求は

電話0551-35-2269 Be-Leaf 吉良までお問い合わせください。

 

 


RIKAS AIKA Vol.10  豊かな時間を!

ランタサルミ通信「RIKAS AIKA」もいよいよVol.10を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインページの「今月の1棟」は八ヶ岳に建つゼロエネルギーログハウス、T様の「キルカス」が紹介されています。

 自然の豊かな場所に建つ、環境共生住宅です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T様のお宅は、4.5kwの太陽光発電を設置して、年間の売電金額が約22万円、リタイヤ後のご夫婦二人のオール電化の電気代(24時間全館暖房費を含む)が年間で約13、5万円、とその差額はなんと8万円以上のプラスになっています!

働くことから得る収入をあてにしない、リタイヤ後の生活の暖房光熱費を太陽光が全額まかなってくれて、さらに残るのは、助かりますね。

 

今まで、似たようなログハウスが八ヶ岳エリアには何棟あるのかわかりませんが、同じログハウスなのに、なぜ、同じことができなかったか・・

それは、単純にログハウスだから・・という理由で取り組まれてこなかったからなんですね。

T様のお宅は、「そこに取り組めばログハウスはここまで出来る!」っていう、ランタサルミ八ヶ岳のフラッグシップモデルです。

そんな、T様のお宅は、ログハウスマガジン「夢の丸太小屋に暮らす10月号」でも紹介されます。

 

8月に行われた取材風景です。

居心地の良さとランニングコストの安さの両立はログハウスならではだと思います。

北欧デザインも楽しみながらの八ヶ岳での日常では、まさに「RIKAS AIKA」豊かな時間を!楽しんでいただいております。

 

 

「RIKAS AIKA」にあわせて、9月末発売の「夢の丸太小屋に暮らす」でも、リタイヤ後のご夫婦での八ヶ岳での暮らし、本物の豊かな時間のヒントを見つけていただけると嬉しいです。 

 

 

 

 

 

ただ、単に木を組み合わせることで出来上がるログハウスの魅力。。

開拓者が作った小屋を真似て作られてきたログハウスですが、本当に真似をしなければならなかったのは、開拓者の家の作り方ではなく、未知の可能性に取り組む、開拓精神のほうだったんだと思います。

未知の豊かさに向けて、ランタサルミ八ヶ岳はさらに、さらに、取り組んでまいります!!

豊かな時間を!

 


豊穣と芸術の秋

秋ですね。

現場に通う途中の田んぼやソバ畑は収穫を待つばかりです。

 

手前の白いのがソバの花、その向こうの黄金色がお米です。

そして、その先にはメガソーラーの太陽光パネルが見えています。 

 

 

 

 

 

 

とうとう、自然の恵みを利用して、作物と一緒にエネルギーまで作るようになりましたね。

豊かな自然と食とエネルギーが共存する未来の姿です。

私たちのかける耕作や建設には手間や費用がかかりますが、それを働かせる、もっと、もっと大きな力は、無料で無限だと思うと、ものすごく大きな恵みの中で生かされていることを感じます。

こんな土地に住居を持つということは、同じ自然の力をもらって暮らしているということなんでしょうね。

この豊かさを、受け継いで未来へつなげるものへ関わっていきたいものです。

 

そんな、豊穣の秋を向かえる八ヶ岳で、書家の金森江仙 先生の個展が開かれています。

場所は小淵沢町にある、「ギャルリー アビアント」 さん。

こちらの建物は、北杜市在住の芸術家、アートワークポットマンの富永泰雄さんのフレスコ画やモザイクタイルなんかも見ることができます。

(ちなみに、富永さんちの息子さんとうちの下の子は同級生です。) 

 

 

 

 

 

金森先生とは、環境音楽家の小久保隆さんとのご縁でお知り合いになり、家内共々、親しくさせていただいております。

ギャラリー内の様子を少しご紹介しますね。

 

白い紙に、墨の濃淡と筆の動きを巧みに使いながら、表現をしていく作品は、「書」でもあり、「画」でもあり・・

 

ちなみに、真ん中の額に入った「桜」ともう一点飾られている「空」は、白州の森のbeleaf  cafe  でも常設展示をしています。

 

 

 

 

白い紙に、「水」と「墨」 をまぜて、表現していく書の世界は、何千年も続く自然の恵みを感じます。

金森先生の今回の個展のテーマは未来への「希望」だとおっしゃっていました。

素敵な作品をたくさんの人にみていただけるといいですね。

 

~個展について~

場所:小淵沢町のギャルリーアビアント

住所:北杜市小淵沢町上笹尾3332-1449

電話番号: 0551-36-4678  

 

9月13(金)、14(土)、15(日)、16(祭) 11時~17時まで開催されています。

ぜひ、この機会に、豊穣の八ヶ岳と素晴らしい芸術作品をお楽しみください。 


幻の?

つい先日のYahooのトップページに「幻のヘビ見つける」という記事があり、写真なんかも載っていたので、

「Yahooのトップページになるほど珍しいんだなあ・・」

と、思いながら、何気なく見ていた「シロマダラ」というヘビの姿。

 

おとといのお話ですが、白州町のとあるお宅で、ゴミ箱を移動しようとしたところ、

小さなヘビが、お昼寝してました。

「あらま、失礼」

と、もとに戻そうとして、思わず2度見。。

紹介されていたものとそっくりでした。

この写真の直径で10センチくらいの小さなヘビ。

似た種類もいるんですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

白州は自然の豊かな場所ですから、何がいても不思議ではありませんが、あんまりあらわれると、せっかくの希少価値がねえ・・

ということで、幻は幻のまま、そのままそっとしておきました。

 

 

 

 

そんな、こんなで、暑かった上に、悲喜こもごもの今年の夏も、幻のように過ぎようとしております。

 

 

 

 

 

サボっておりましたブログの更新も「困った時の生き物頼み」で、また、復活しますのでお付き合いくださいね。

それでは、また。


« 2013年8月 | メインページ | アーカイブ | 2013年10月 »

このページのトップへ