プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 2012年9月アーカイブ

ブログ 2012年9月アーカイブ

山梨の空、パリの空へ 編

思わずシリーズが長くなり、タイトルが微妙になりつつあります。

「山梨の空・パリの空」、「山梨の空・パリの空その2」のあとに「翻訳こんにゃくー」が挟まってしまったためでもありますが、タイトルには気をつけなければいけません(笑)

書家の金森先生から、先日こちらから送った写真が届いたとのお知らせをいただきました。

「早っ!」 って感じです。

 

翻訳機能にも驚きましたが、こんなに早く、無傷で間違いなく先方のお手元に届くんですね。

「うーん、まさにいい仕事の集大成の一枚」と自画自賛も交えて・・

オーナーも喜んでくださっているとのことです。

 

 

 

で、なんとギャラリーにかけていただき、金森先生の「書」との束の間のコラボレーションです。

 

 

 

この写真A3サイズあるのですが、先生の書はこうしてみると大作ですね。

 

 

 

 

 

もとの写真の山梨の空です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、金森先生から一緒に送られてきたパリの空です。

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、どちらも美しい。。

「トレビア~ン」  とワイングラスをカチッとあわせたような空たちです。

(カチッと聞くとお笑いの「髭男爵」が思い浮かんでしまう条件反射が若干悲しいですが・・)

 

そういえば以前に「笑門」って書いたブログで、ちょうどこの写真のログハウスのオーナーO様から届いたお土産のお話を書いたことがあります。

ブログの最後にはO様からのお土産と一緒に「ぜひとも次は世界に「いいね!」と言ってもらえる作品を目標にして・・・」

と書かれています。

で、気がついてみるとO様のお宅はパリの空へ。

「笑う門には福来る」と昔から言われます。

時々、ユーモアは神様なのではないかと感じるときもあります。

振り返ってみるとくだらないことをたくさん書いているこのブログですが、

もしも本当に笑う門には福がやってくるのであるならば。。。

つらいことがあっても大きな空に向かって「ワッハッハッ」と笑ってみたいと思います。

(ワッハッハッと聞くとアニマル浜口が思い浮かんでしまう条件反射もさらに悲しいです・・)

がっ!それではみなさん明るい未来を目指してご一緒に「ワッハッハッ」。

 

 

 

 

 

 金森先生ありがとうございました。

無事なお帰りを心からお待ちしております(笑)


翻訳こんにゃく

山梨の空・パリの空 その2の続きです。

小淵沢のO様のログハウスの写真が無事にパリへ向けて旅立ちました。

梱包を閉じる前に「やはり何か英語でもいいから書き添えねば・・」と考えて、ふとインターネットで「翻訳」って検索してみると・・

あるではないですか 「エキサイト  翻訳」

なんと、日本語の文章を書くだけで8か国語を自由自在に翻訳してくれます。

 

 

 

フランス語を指定して、日本語文章を入力し、翻訳ってボタンを押すだけでフランス語のお手紙が出来上がりました。

はたして、翻訳された文章が注文通りなのかどうかは知る由もありませんが、手のくわえようもないため、このまま切り取り、梱包のなかへ。

 

 

 

 

 

 

 

すごいですね~。

「あのころの未来に僕らは立っているのかな・・」って歌がありましたが、そんな気持ちになりました。

その後、梱包された箱を持って郵便局の窓口へ。

「そうだよな、確か自分の住所も逆に書くんだよな」

と、番地、地名、町名、市名、県名、国の順番でローマ字で・・

学生の頃、そろそろ30年も前にもなりますが、アメリカのヘビーデューティーに憧れて通信販売でアメリカ製品を購入していた頃を思い出しました。

まだ、郵便為替みたいな現金等価物を使って購入して、船便で送ってきてたような記憶があります。

耐久性があり、使い心地が良く、デザインが素敵だった憧れの 「Made in USA」

いくつかのお気に入りのブランドがありましたが、それぞれの会社はきちんと環境意識を持って環境問題に取り組んでいることに「すごいな~」と感じたものです。

日本はまだ発展途上の公害問題なんかが残ってた頃だったんでしょうかね。

カタログの写真だけを頼りに、手間と時間をかけて届いた商品は梱包の新聞紙さえとっておきたいほどのトキメキをおぼえました。

耐久性・使い心地・デザインの美しさ・それから環境への配慮・・

そう考えると、あの頃の強いトキメキはそのまま今の仕事にもつながっています。

 

「あんなこといいな♪できたらいいな♪♪」

と思い描いた未来に少しづつ、確実に近づいているのを感じる今日この頃ですが、無邪気に思い描いていたものに比べると世の中に明るさというか機嫌の良さが足りないような気がします。

翻訳機能から感じたトキメキや仕事として選んだ心地よい住まいづくりを通して明るい未来をもう一度、思い描きなおしてみたいですね。

 

 「ほんやく こんにゃくゥゥー」って感じに。。

あっ、ちなみにコレ、ドラえもんの道具です。

 

 

 


構造見学会へのご参加ありがとうございました。

先週末の連休を利用して開催させていただきました韮崎市のランタサルミログハウス構造見学会へご参加をいただきまして、ありがとうございました。

遠いところから足を運んでいただき感謝しております。

先週末は土曜日が晴天で暑いくらいの日でしたが、日曜日は一転雨模様の肌寒さを感じるくらいの一日でした。

そんな天候の変化の中、二日間を過ごしたわけですが、「やっぱりログハウスはすごいなあ」とあらためて感じました。

そのわけは、外が暑い日は室内は涼しく、外が肌寒い日は室内が暖かく感じるところです。

これは室温が変化しているのではなく、室内環境を一定に保とうという木の性質によるものだと考えられます。

常に人の体に適した温度・湿度環境を保とうとしているため、外部環境の変化による影響を受けにくいということです。やっぱり木はすごいですね。

断熱材で仕切られた壁には真似が出来ない室内環境が大量の木材によって出来上がります。

そんな木材の性質を生かす(生かしきる)ためにはログハウスの「木」以外の部分の材料選択や丁寧な施工が大切なことが分かってきました。

U様のお宅は築後15年のまだ比較的新しい一般木造住宅を解体してのログハウスの新築工事です。

前の家を建てた最初の冬に寒くて建て替えを考え始めたというU様の

「ログハウスみたいな建物があるってことを知らなければ選択すらできないから、ぜひたくさんの人に体感してほしい」

というお言葉には重みがあります。

 

話は変わりますが、最近のうちの見学会の特徴は、遠方から訪ねてくださる方が多いことと、もう一つはお客様やOBオーナーさんの説得力がすごい!ことでしょうか。

住み心地や美しさを常に考えながら計画していくわけですが、実際に暮らされているのはオーナーさんなのでその言葉の説得力がすごいのは当たり前かもしれませんが、ほとんど口をはさむ機会を与えられないのもどうかと思う今日この頃です(笑)

いや、ありがたいことです。

時々、問い合わせの方から「Be-Leafの皆様へ・・・」みたいなメールが届きますが、「Be-Leafの皆様?」って聞くと最近ではOBの方々の顔が思い浮かびます。

もう一度言わせていただきますが、本当にありがたいことです(笑)

 

と、また話が長くなってしまいましたが、このたびの構造見学会へのご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、私が言うのも変ですが、

BeーLeafの皆様。皆様が快適に暮らせるように努力を続けていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。。

 

 


山梨の空・パリの空 その2

前回のブログの続きです。

金森先生がうちのために書いてくださった「空」のパリでの晴れ姿が届きましたのでお披露目します。

 

 

 

無限に広がり、すべての可能性を内包する「空くう」ですね。

奇跡のような毎日はこの「空」から生まれます。

美しい。

 

 

 

ギャラリーのオーナー夫妻と。

 

何とも言えない気品の漂ったご夫妻で。。

「醸(かもし)出てる」って表現も変ですが、真似をするには数世代の時間が必要な気がします。

 私たちも追いつけるように、住環境の分野で社会に貢献したいと思います。

 

 

 

そんな素敵なオーナーご夫妻の後ろには「桜」もみえますね。

金森先生が作品を書いていた環境音楽家・小久保隆さんの武川スタジオは北杜市武川町にあり、樹齢2000年ともいわれる「神代桜」で有名な場所です。

桜も山梨のイメージでしょうか?

 

角度を変えてもう一枚。

 

 

 気のせいかパリの空気のほうが似合っている気もします・・

マリー・ローランサンのようなタッチで・・

 

 

 

 

 

 

というわけで、パリのギャラリーでのうちの「空」・・ちゃんと呼ぶにはあまりにも立派な晴れ姿のお披露目でした。

 

今回この「書」を書いてくださった金森江仙 先生の個展が山梨県北杜市小淵沢町でも予定されています。

場所 山梨県北杜市小淵沢町 「ギャルリー アビアント」

日時 8月30日~9月16日 (2013年)

 来年の個展なので、また近くなったらご紹介させていただきます。

 

と、こうしたお話の中でギャラリーのオーナーさんが「富士山を窓に写したお宅が好き」ということで、小淵沢のログのO様におことわりして写真を送らせていただくことになりました。

 

 

 

北杜市・八ヶ岳エリアを中心に非常に狭いエリアで仕事をさせていただいておりますが、いつも「心が動く」作品づくりを心掛けております。

施工エリアは狭いですが、感動は大きな空のように広がってほしいと思っていますのでパリでもこの建物を見て誰かの心が動くと嬉しいです。

喜んで送らせていただきます。

 

 

 

 

 

と、写真はスタンバイできたのですが、考えてみたら何かメッセージが必要ですね。

フランス語?

そういえば第2外国語はフランス語をとってました・・

中年美男子のフランス語の先生の顔以外は何も思い出せませんが、、、


山梨の空・パリの空

この夏、毎朝の楽しみにしていたのは東の空から昇る朝日をながめることでした。 

 

 

自宅兼事務所は山梨県北杜市白州町の森の中、ちょうど白州町の名水公園べるがとサントリーの白州蒸留所の間くらいの場所にあります。

 

 

 

 

 

昨年までは赤松林だったところが今年の冬に大規模に伐採されて東側が開けました。

おかげで毎朝秩父の山並みからのぼる朝日をこんな感じにきれいに眺めることが出来ます。

金峰山の五丈岩のシルエットもきれいに見える飽きることのない景色です。

また、この伐採のおかげでこの夏は一日中心地よい風が事務所を流れて、とてもいい気分で過ごすことも出来ました。

住みたいと思った土地に住み慣れた家と一緒に引っ越した気分で、あらためて環境の大切さを感じます。

と、毎朝いい気分で過ごしていますと・・

今年は環境音楽家の小久保隆さんのおかげで素敵なバーチャル映像を作っていただいたり、一度行って見たかった諏訪湖の花火を素敵な方々と見せてもらったりと、たくさんのアーティスティックな夏の思い出をいただきました。

その一つが女性の書道家、金森江仙(こうせん)先生との出会いです。

お会いしたのは昨年になりますが、小久保さんの音楽と金森さんの書とのコラボ企画のお話の中でいくつかの作品を見せていただいておりました。

「うちも小久保さんに格好いいの作ってもらいましたよ」と金森先生にバーチャルの作品を見てもらったところ・・

なんと、うちのためにも書いてくれるというお話をいただきまして・・

 

我が家のために「空」と書いてくださいました。

 

 

 

 小久保さんの武川スタジオで出来上がったばかりの作品です。

空が笑っているような素敵な「空」です。

 

 

 

 

 

 

 白州の森から見る空やうちの建築を見ていただいて「空がとても印象的だった」とのことで書いてくださいました。

 

うちのHPの施工例の写真はそれぞれの建物に500枚くらいの工事写真がありますが、いつも着工前の写真からスタートします。

そこから工事がスタートして着工前の何もない時より美しく仕上がってほしいと思っていますので、作品の余白と思われがちな「空くう」の美しさを感じていただけたのはとても嬉しいです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、夏の終わりに我が家に届くのを心待ちにしておりました金森先生の「空」ですが、なんとパリでの個展に同行することになり、現在はパリの空の下におります。

パリでは下記の日程で個展が開かれているそうです。

我が家の「空」ちゃんも飾られているかと思いますので機会があればぜひお立ち寄りください。

 

パリのギャラリーは 5 RUE LOUIS BRAILLE PARIS 12区

日程は9月14日から9月29日(11時~19時)日曜・月曜日はお休み

9月22日の16時から19時(現地時間)はデモンストレーションが行われるそうです。

 

 

どうか我が家の「空」ちゃんが無事に戻ってこれますように・・

山梨の空の下で祈っております。

あっ!金森先生もご無事で(笑)。。。  

 

 


八ヶ岳エリアでのログハウス構造見学会のお知らせ

9月9日の日曜日にランタサルミログハウスの軽井沢モデルハウスで開催された「住まいの相談会」へご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、休日にも関わらずこころよく見学させていただきましたオーナー様にも感謝申し上げます。

そこで今回のお知らせですが、八ヶ岳エリアで進行中の韮崎市U様のお宅でログハウスの構造見学会を開催させていただけることになりました。

軽井沢で見ていただいた美しいログハウスの裏側(構造)を見ることが出来ます。

HP内の進捗状況でも詳しく紹介していますが、U様のお宅はタイトモールド工法による一体打ちのベタ基礎や土壌蓄熱式暖房サーマスラブ、170mm厚のウレタン吹付け断熱、屋根面換気の通気メタル工法など構造に関しては今までのログハウスの作り方では考えられないほど改良・進化しています。

美しさと住まいとしての快適さを追い求めるランタサルミ・Be-Leafの作るログハウスの完成後には見えない構造部分をぜひ見ていただきたいと思います。

おそらく、今のところ、このスペックのログハウスは日本では山梨のここでしか見れないと思いますので、住まいとしての高性能・高品質なログハウスに関心のある方はぜひご参加ください。

ちなみにですが、「RANTASALMI PUISTO バーチャルツアー」でおなじみの大泉町のU様のお宅も同じ構造になっています。

美しく、強く、快適なランタサルミログハウスの構造見学にぜひいらしてくださいね。

 

 

詳細・ご予約につきましては下記までお願いします。

 

日時 9月22日(土)・23日(日) 10時~16時

場所 山梨県韮崎市 *中央道韮崎ICから車で10分

連絡先 Tel 0551-35-2269 E-Mail info@beleaf.jp 吉良まで

 

 


小さな家3

最近「小さな家」っていう検索キーワードでうちのホームページを訪ねてくれる人が多いなあ。。

と、気になったのでYAHOOで「小さな家」って検索してみると・・

なんとトップページに出てくる「小さな家の画像」(Yahoo検索 画像)ってところの一番上に、以前のブログでランタサルミのテルヴァパースキーというモデルを紹介した写真が出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの写真、ランタサルミのサウナコテージ「テルヴァパースキー」です。

 

400万件以上の小さな家の画像の一番上ですね。

美しい家、住み心地の良い家を常に追い求めているわけですが、何事も一番上は気持が良いですね。

しかも、かの有名建築家コルビジェの「小さな家」より上に表示されてますね。

追い求めすぎて空気も読めずに追い越してはいけないところまで来てしまった感じもしますが(笑)

美しく建てること、住まう人が快適なことはもちろんですが、工事中の構造体や基礎の鉄筋の組み方、配管の美しさなんかもあわせてみていただけるホームページになればと思いながら更新していますので嬉しい限りです。

また、そんなHPをたくさんの方々が見てくださっているおかげでもあります。

いつもありがとうございます。

 

ということで、ランタサルミは歩みを止めずにまだまだ前に進んでいきますよ!

フィンランドを出荷したばかりの八ヶ岳高原大泉町のH様のログハウスもコンパクトなログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンパクトなサイズに美しさや上質さを兼ね備えたランタサルミのログハウスが間もなくやってきます。

 

コルビジェの「小さな家」も家族へ向けた「思い」から生まれた美しいかたちですね。

やっぱり住まいは「人が住むために人が作るもの」ですから、その「思い」がとっても大切なんですね。

「思い」の順位は勝手に決めても良さそうなのでいつでも一番上を目指していきたいと思います。

 

「小さな家」への「大切な思い」のお話でした。

 

 

 

 


週末(9/9)は軽井沢へ

八ヶ岳ではようやく朝夕秋の気配も感じられるようになりましたが、皆様のところではいかがお過ごしでしょうか?

今週末の9月9日、軽井沢モデルハウスにおいて「ランタサルミログハウス マイホーム相談会」がおこなわれます。 

軽井沢の最新物件の見学からモデルハウスでのマイホームの資金計画相談、森のバーベキューなども予定しています。

夏の終わりの軽井沢で素敵なログハウスを実際に体感してみませんか。

 

また、ログハウスばかりでなく高級北欧住宅「RANTA SEED」もスタートしました。

「RANTA SEED」の原点ともいえるランタサルミのハイセンスなログハウスを一度に見ることが出来るチャンスです。

 

 

 

詳しくはこちらのパンフレットをご覧ください。

軽井沢相談会.pdf

  

 

では、週末の軽井沢でお待ちしております。 

 

 日時 9月9日 10時~16時

場所 ランタサルミ軽井沢モデルハウス 

*食事や配車の都合で予約が必要です

お問い合わせ 0551-35-2269(吉良まで) 

 

 


« 2012年8月 | メインページ | アーカイブ | 2012年10月 »

このページのトップへ