プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 仕事 > ログハウスと一般住宅の違い

ブログ

< お天気に恵まれて  |  一覧へ戻る  |  ゼロエネルギーとゼロエミッション >

ログハウスと一般住宅の違い

現在進行中のランタサルミログハウスU様邸は既存の建物を解体してから工事を行う建て替え工事です。

築15年の一般住宅ですが、建物の解体の様子を通して今回新しく建てるログハウスとの仕様の比較をしてみたいと思います。

「建てた最初の冬にあまりに寒くて建て替えを検討し始めた」

というU様に選択していただいたランタサルミログハウスの構造の裏側を見ていただければと思います。

まずは基礎工事からです。

こちらでは一般的な布基礎で作られていました。

換気口を設けて床下を換気しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新築の基礎は基礎断熱のベタ基礎を採用します。

線で建物を支える布基礎に対して面で支えるベタ基礎を基礎の外側から断熱します。

さらに、コンクリートのつなぎ目の無い一体打ち工法で一枚岩のような基礎が出来上がります。

下の写真が工事の様子です。

断熱型枠を採用したタイトモールド工法でコンクリートのつなぎ目の無い一体型のベタ基礎を作ることが出来ます。

(完成したら見ることが出来ない基礎工事だけをまとめた施工例はこちらで見ることが出来ます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎断熱を行うことで地面にもともとある地熱を利用することが出来るようになります。

冬は外気温が-10℃でも基礎内部は8℃くらいに保たれます。

逆に夏は外気温が35℃でも基礎内部は23度くらいなので室温を下げるのに役立ちます。

また、コンクリートのつなぎ目の無いベタ基礎は強いのはもちろんですが、シロアリの侵入や雨水の床下への浸入を防いでくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は屋根面の構造です。

下の写真は解体途中の屋根です。

一般住宅では標準的な構造かと思いますが、構造材は小さく、夏の熱い陽射しを遮る断熱材は2階の天井裏にグラスウールが敷きこまれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタサルミでは屋根の構造材にもがっちりとした大きな材料を使用します。

素材はもちろんフィンランドパイン100%です。

大きな梁に釘留めでは無く、金物で両サイドから固定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根面での断熱は195mmの垂木の中に170mmの厚みでウレタンの吹付け断熱を行います。

断熱工事の完了時は下の写真のようになります。

さらに防湿シートを貼って天井材を貼ります。

ちなみに壁は100mm厚で同じく吹付けを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在来工法では50mmのグラスウールが貼られていました。

50mmという厚みもですが、どうしても窓周りに隙間などが出来てしまいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な在来工法が上の写真のように柱の間に断熱材を入れているのに比べてログハウスは下の写真のように無垢の木を組み合わせることで壁を作ります。

 木を横に組むことで建物倒壊の危険性が非常に低いことは、見た目にもわかるかと思いますが、この20年で起きた大きな震災でも報告されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真が今回のU様のお宅でも使用するログ材です。

2枚の木を背中合わせで貼りつけたラミネート材を使用しています。

ラミネート材の特徴はくるいや割れが出にくく雨水や風が浸入しにくくなっています。

この材木そのものが一般住宅での仕上げ材と断熱材の役割をします。

以外と知られていないログハウスの防音効果も一般住宅との壁構造の違いによるものです。

 

 

 

 

 上に2段飛び出している加工が気密性を高めて建物としての完成度を上げてくれます。

 

 

 

 

 

組上げは木を組み合わせるだけではなく、下の写真のようにスチールパイプや全ネジボルト、木栓などを使用して頑丈に組上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、直射日光にさらされる屋根材の下には通気メッシュ材を使用します。

通気材を使用することで日光により熱くなった屋根材の熱が垂木や合板を通して室内に伝わるのを軽減してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根面を通った熱い空気は屋根の頂上部分から排気されます。

屋根材直下で換気することで野地板合板が蒸れるのを防ぎ、耐久性を上げてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ランタサルミログハウスでは北欧の木製サッシを使用します。

既存の建物は国内では普及率の高いアルミサッシが使用されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタサルミログハウスで標準採用されているペアガラスの木製ドレーキップ窓です。

レバー操作で気密、内開き、換気、内倒しの4つの機能を持っています。

下の写真は内開き状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レバー操作で下の写真のように内側にサッシが倒れます。

夏はこのままお出かけできますので帰宅時に室内に熱気がこもっている状態にはなりにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖房設備でも地熱を利用した土壌蓄熱暖房サーマスラブを採用します。

地熱利用で深夜5時間のみの通電で基礎に作られた蓄熱体を暖め、それを日中放熱する方法で家中を24時間、寒くない状態にしてくれます。

また、今回ご紹介した無垢の木を使用したり、水準の高い工事を行うことで土壌蓄熱暖房の効果はさらに高まり、年間を通して快適な暮らしが出来るようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、ランタサルミと一般住宅の仕様を簡単に比較してきました。

ランタサルミでは上記のように基礎の構造(地熱)・屋根の構造(遮熱)・ログ材による壁構造(調湿)にこだわり、その性能をあわせることで一つの大きな自然の力を利用したエアコンのような家づくりを行っています。

また、一般住宅では断熱材の性能や施工精度がそのまま住み心地に影響することや、建材自体には温度や湿度を調整する機能が無いので冷暖房への依存度が大きくなることもお分かりいただけるかと思います。

 

また、ランタサルミでは隠れた部分の構造へのこだわり以上に美しいデザインを追求しています。

性能も大切ですが、やっぱり格好いい家に住みたいですよね。

目には見えない性能は格好いい暮らしについてくるおまけみたいなものかもしれません。

 

U様のお宅はランタサルミの「ラシア」というモデルをアレンジしています。

ちょうど秩父の方で昨年完成したお宅が同じモデルで こちらのブログで紹介されているのでご覧ください。

ログハウスといえば、キャンプ場のバンガローを想像される方もいらっしゃるかと思いますが、ランタサルミでは美しい北欧住宅としてのログハウスをご提案しております。

U様の建て替え工事を通して一般的に作られている住宅との違いや、おろそかな構造のログハウスではないことを見ていただければと思います。

 

また、ログハウスを語る上で忘れてはいけないのは解体時の産業廃棄物についてです。

ほとんどが木で出来ているログハウスは解体時に再利用されたり燃料として使用することもできます。

今が快適で未来の負担も少ないログハウスの工事の様子はこちらの進捗状況施工例で見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

近所の畑の脇にキャタピラで作られた花壇を発見!  

 

 

長くなりましたが、解体工事を通してのログハウスと一般住宅の違いのお話でした。 

 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ログハウスと一般住宅の違い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/267

コメント(2)

U様 (2012年5月28日 19:37)

Kiraさん、とても分かりやすい一般住宅とランタサルミの比較ありがとうございます。
子供の頃から色々なものを分解して、その仕組みを理解して来ましたが、今回は自宅を分解(解体)して、家が寒かった理由が分かりました。
改めて何も無くなった更地を見て、ここに憧れのランタサルミができるのかと想うと感無量です。

ps。キャタピラーの花壇は全く気がつきませんでした。改めてkiraさんの観察眼に脱帽しました


beleaf Author Profile Page (2012年5月28日 20:16)

たくさんあるログメーカーの中からランタサルミログハウスを選択していただいていることに感謝しています。
ランタサルミとの違いの大きな部分だけを紹介してみました。
本当の違いは完成後、U様のご家族が肌で感じていかれることと思います。
OBのお客様からいろんな感想を聞くのは楽しみの一つです。
ちなみに私から見て「違うな~」と感じるのはログハウスに暮らし始めると皆様表情が少し優しくなるところです。
微妙にですよ、私の観察眼によるところです(笑)


コメントする

< お天気に恵まれて  |  一覧へ戻る  |  ゼロエネルギーとゼロエミッション >

同じカテゴリの記事

解体工事から学べる事

 あっという間に2021年も3月になろうとしています。

「今年の2月は逃がさない!」と、気合を入れて迎えましたが、やっぱり2月は早いですね。

そんな2月は、北杜市大泉町K様のお宅で解体工事が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社で、既存建物の解体から新築工事を行うのは、3棟目だと思いますが、建物の解体工事は、新築時の参考になる情報がたくさん隠れています。

いくつかの建物を解体してきて感じるのは、建物中心部に近い木材(建物外皮から遠い部材)は、まったく新築時と変わらない状態だという事です。

これは、どの建物にも共通している木造のすごいところです。

反面、外皮に近い、床組みや屋根の付近の傷みは、構造上致命的なダメージとなってしまいます。

この辺りは、今までの木造の弱点ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、つい先日、弊社で施工した築10年になるT様のお宅の床下の点検時に撮影した写真です。

 

ほぼ新築時のままの、きれいな床下環境でした。

基礎断熱や取り組んだ防湿措置の効果を感じます。

 

 

 

 

 

家を長持ちさせるには、建物外皮の耐久性は最重要課題と言えるかと思います。

木造の利点を生かして、弱点を克服することが大切ですね。

解体工事は、経験者から、現在の施工の答え合わせをしてもらっているような貴重な経験です。

大切にしたいと思います。

 

 

 


ログハウスの気密試験を行いました。

 2021年もスタートしました!

すっかり、ご挨拶が遅くなってしまいましたが、こちらのブログでは、初めてのご挨拶となります。

「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。」

 

昨年末から、お正月にかけての安定したお天気のおかげで、工事のほうも順調に進んでおりまして、昨年末に組み上げ工事を行った北杜市小淵沢町のランタサルミログハウスY様のお宅では、断熱・気密工事も完了して、建物の気密試験を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

建物の気密性能はC値で表されますが、測定C値は0.2c㎡/㎡と、ログハウスとは思えないほどの結果となりました。 


目標C値は0.5だったので、それ以上の結果に若干戸惑っておりますが・・ 

ログハウスでここまで出せるんですね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらのログハウスのUa値(外皮平均熱貫流率)は0.48w/㎡kとなっており、3地域における省エネ等級4とZEH基準をクリアしております。

おかげさまで、このところの数棟のお宅でデータ収集することが出来、弊社でキットアレンジしているログハウスと断熱の仕様では、Ua値、C値ともに0.5以下は、お約束が出来るようになりました。

Ua値、C値ともに0.5を切る建物の基本性能に、標準装備の1種の熱交換型換気システムと、床下設置の寒冷地用エアコン一台で、冬場の基本的な温熱環境を作っていきます。

より小さく、より簡易な暖房機で、より快適な木の家を作ることが出来るようになりました。

加えて、これからは、室内の「空気の質」も問われてくるようになるかと思います。

今年も、工夫しながら、ホンモノの木の家を作ってまいりますので、

2021年も、よろしくお願いいたします! 

 

 


今年も一年お世話になりました。

 今年も残すところ、今日を含めて二日となりました。

おかげさまで、今年も一年間を、無事に終わることが出来ました。

年末は、地鎮祭をお願いしている横手の駒ケ岳神社さんへ、一年間のお礼を兼ねて、参道の焚き火用の薪を届けたら、ホッと一息、一年が終わる感じです。

昨日も薪をお届けして、お茶をいただきながら「どうにか、一年過ぎましたね」なんていう、何でもないお話にも、若干の重みを感じました。

新しい年は、ビックリするくらいに嬉しい想定外の一年になるといいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も一年お世話になりました。

皆様も、暖かくして、良い年をお迎えくださいませ。


ランタサルミログハウスS様邸完成しました!

 11月に入り、朝夕に寒さを感じるようになった八ヶ岳です。

夏と冬の寒暖差の大きな八ヶ岳エリアでは、木材に熱を蓄えることで、やわらかな輻射熱を得られるような住まいづくりを心掛けていますが、そんな住まいがもう一つ完成しました。

以前のブログでUa値やC値の紹介をさせていただいた、S様のランタサルミログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数値の説明は、ここでは省略させていただきますが、Ua値0.44w/㎡k、C値は05㎠/㎡のログハウスで、

ログハウスでは、難しいと考えられがちな、高気密・高断熱住宅と同等の性能を持っています。

現在、床下エアコンを試運転中ですが、約90畳の床面積を、14畳の寒冷地エアコン1台で、外気温3℃に対して、室温は設定温度の18℃に保っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高気密・高断熱住宅と同等の性能・・と書きましたが、実はここから、ログハウスは真価を発揮できるようになります。

ログハウスは、温め続けることで、熱を蓄えることが出来るので、全体が輻射熱に包まれた優しい暖かさを感じることが出来ます。

これは、石膏ボードで仕上げられた、さらにハイスペックな高気密・高断熱住宅にも真似することが出来ません。

これだけ大量の木材を使用する真価ですね。

よく、ログハウスの温熱環境に関するお話で、「薪ストーブ一台あれば、冬はTシャツで過ごすくらい暖かい」なんて方もいらっしゃいますが、あれは、実は、Tシャツで過ごすくらいまで室温をあげないと暖かさを感じられないから、上げざるを得ないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、ゆっくりと冬に向けて、木材を温めていくことで、快適な温熱環境を作っていきます。

その温もりを、木材からの贈物のように感じていただけると嬉しいですね。 

八ヶ岳の大きな自然の中で、木に寄り添って生きる快適な住まいが、もう一つ完成しました。


八ヶ岳の東と西で

 暑かった今年の夏の記憶もすっかり忘れつつ、気持ちの良い10月を迎えようとしています。

そんな気持ち良い季節を迎える八ヶ岳の東麓の野辺山と西麓の原村で工事中の、二つのランタサルミログハウスの足場が外れました。

ともに自由設計によるフリープランですが、外観デザインは、切妻型と大屋根モデルと趣が違います。

大屋根モデルの野辺山のY様のログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

積雪の多い、野辺山での暮らしを考慮して、車寄せにもたっぷりのスペースを設け、車寄せにつながる大きな外部倉庫も設けました

 

 

 

 

 

 

 

大きく出した庇で、室内が暗くならないように、屋根には明かり取りを設け、ウッドデッキへの雨落ちには、グレーチングを設置し雨の跳ね返りを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

基本的には、平屋ベースの建物に、車寄せや収納など、「余白」部分にたっぷりと余裕を持たせた、暮らしやすそうなログハウスです。

かたや、西麓の原村に建つログハウスは、ログハウスの定番、切妻型の大型ログハウスです。

 

 

 

 

 

 

 

延べ床面積、約150㎡で、屋根にはドーマーもある4LDKの大型ログハウスになります。

 

 

 

 

 

 

 

寝室から見える、白樺の林も美しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

二つのログハウスともに、想定外のコロナ禍の工事でしたが、おかげさまで、予定通りに足場を外すことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、八ヶ岳の東西で、趣の違うログハウスが、同じタイミングで足場が外れましたので、紹介させていただきました。

これから、仕上げの工事に入りますので、きれいに仕上げていきたいと思います!


このページのトップへ