プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > アーカイブ > 2011年3月アーカイブ

ブログ 2011年3月アーカイブ

木造住宅フェアへのご参加ありがとうございました。

以前からブログでもご紹介しておりました山梨県木造住宅フェアがお天気にも恵まれてたくさんのご家族連れにご参加いただき、無事に終了いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

震災を考慮して計画の段階で中止の声も上がったようですが

「山梨県木造住宅協会から元気を出していこう!」

ということで開催されました。

結果的に多くのご家族連れの方々に楽しんでいただき、盛況のうちに開催することが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Be-Leafのブースでもたくさんの子供たちにランタサルミのログハウス部材で作った木馬を楽しんでもらいました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、東北関東大震災への募金活動にもご協力をいただきましてありがとうございました。

ログハウスの部材で作った小物を差し上げていましたが小さな女の子たちが募金を持ってきてくれて、家のかたちのメモホルダーを持って行ったかと思うと「キャッキャッ」と笑いながら帰ってきて僕の名刺も持って行ったのですが使い方を間違えてなければよいかと心配しております・・(はさむのはメモですよ)

 

おかげさまで出展者も来場者もそれぞれに良い時間を過ごせたのではないかと思います。

こういう写真を見ていても、やっぱり平和な日常は一日も早く取り戻さなければなりません。

復興へ向けてできるだけ集中し、かつ時間をかけて何らかの力になっていきたいと思いますので今後とも引き続きご協力をお願いします。

それではあらためまして、このたびの山梨県木造住宅フェアおよび募金活動へのご参加とご協力をいただきましたことに心からお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

 


ランタサルミログハウスの山梨県木造住宅フェア参加について(2)

まずはじめに、この度の東北地方太平洋沖地震により被災された方々およびご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げるとともに、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。


被災された地域の方々に対し、微力ながら私たちランタサルミグループの一員としてできることを考え、支援活動をさせていただきたいと思っています。

その一つとして、先日ブログでも少しご紹介させていただきました今週末27日の日曜日に開催される山梨県木造住宅フェアにおいてBe-Leafのブースではランタサルミログハウスのご紹介にあわせて義援金の募金活動をさせていただこうと思います。

募金活動にご賛同とご協力をいただいた方には手作り小物をプレゼントしようと作ってみましたのでご紹介しますね。

今回作ったものはおもに机の上に置ける小物で北欧ログハウスの雰囲気を机の上でも楽しんでいただこうと思い、パイン材100%で作ってみました。

 

①携帯ホルダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デスクにいるときはいつもここに携帯を置けるように作りました。

離れたときにはメモを残したり伝言を受け取ったりできるようにメモ用のスリットを入れ、

鉛筆立てもついています。

その他CDやDVD、写真なんかも置けますよ。

 

②名刺ホルダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランタサルミオーナーにはぜひ使っていただきたい。

パイン材のブロックにスリットを入れただけのシンプルな小物です。

 

③メモホルダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙突部分に鉛筆立て、後ろ側にメモホルダーのスリットを入れました。

鉛筆がちょうどいい長さまで小さくなっていくのが楽しみです。

木目がタテ方向(左)のほうが作りやすかったのですが

「やっぱりログはヨコでしょう。。」

ということで右側の木目に変えた、言わなければ誰も気が付かないところがこだわりの逸品です。

 

 

④犬のおもちゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大胆な発想だけど意外といい。(本人談)

焼き印スペースの関係で中~大型犬用となっています。

100%パイン材を使用した安心・安全なおもちゃです。

ちなみに喜んでもらえるのかうちのGOO(グー)ちゃんで試してみました。

 

 

 

 

 

 

楽しかったみたいです。

 

 

 

 

⑤木馬の鉛筆立て

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木馬の形の鉛筆立てです。

「ちょっと動く」小物が机にあるのが好きなので作ってみました。

こちらも鉛筆が小さくなるのが楽しみです。

事務所ではこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上のような手作り小物をご用意してお待ちしております。

募金はおこころざしで結構です。

たくさん用意しましたので多くの方のご協力、ご賛同をいただき、

このたびの災害における「自分たちにできること」の次のステップへ進みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらためまして、個人として建築業者として住宅がいとも簡単に流されていく映像に悔しい思いをしました。

復興へ向けて できる事から始め、平和な日本を取り戻す力になりたいと思います。

 

山梨県木造住宅フェアのご案内

日時 2011年3月27日 日曜日 10時から16時

会場 木の国サイト 芝生広場

住所 山梨県南アルプス市上今諏訪850-1

 

詳しいご案内パンフレットと現地案内図です。

木造住宅フェア1.pdf

木造住宅フェア2.pdf

 


大きな地図で見る

 

 

フェアに関してのお問い合わせは山梨県木造住宅協会(ヤマナカ産業内)TEL055-244-7523

または(有)Be-Leaf 0551-35-2269(吉良)までお願いします。

 


薪と月の明かり

やるやると言われながら実行されなかった東京電力による計画停電が昨夜はじめて北杜市白州町でも実施されました。

6時40分からということで早めにお風呂と食事を済ませてましたが停電にならないので「今日も中止かな?」と油断した数分後に「フッー」って感じで電気が消えました。

理解はしているもののいざ真っ暗になってしまうと思わず「マジでやりやがったな」・・と

思った瞬間、暗闇から薪ストーブの炎が浮かび上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明るく、温かく、そして静かです。

しばらくするとそこへ吹き抜けの天窓から月明かりが射し込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイテクな生活は確かに便利で生活に豊かさを与えてくれますが何かしらのローテクな下支えが生活というか人間にはもう少し必要なのかもしれません。

千年ももっと前から見続けてきた明かりだけを見ながら不安というよりはむしろほっとするという言葉のほうが似合う停電の夜でした。


ランタサルミログハウスの山梨県木造住宅フェア参加について

3月27日の日曜日にかねてより計画のありました「山梨県木造住宅フェア」が開催されます。

山梨県木造住宅協会主催により、住宅機器メーカーやバラエティーに富んだ山梨県下の会員工務店などの参加とミニSLコーナーや各種イベントなども企画しております。

場所は南アルプス市上今諏訪 木の国サイト内の会場で、時間は10時から16時となっております。

 

Be-Leafもランタサルミログハウスのご紹介にブースを設けました。

北欧住宅ランタサルミログハウスを知っていただくきっかけになればと思い、計画をしておりましたが

このたびの東北地方を中心とした災害における被害の大きさ、たくさんの住宅を一時に失う様を見て

「自分たちにも出来ること」 に取り組みたいと思います。

*ランタサルミの世界はこちらで見ることができます。

そこで、大きな力ではありませんがランタサルミの北欧パイン材を使用した手作りの小物を製作販売したいと思います。

収益金は全額募金として協力させていただきます。

どんなものを製作するかは少しずつブログでアップしていきますね。

 

詳しいご案内パンフレットと現地案内図です。

木造住宅フェア1.pdf

木造住宅フェア2.pdf

 


大きな地図で見る

 

 

フェアに関してのお問い合わせは山梨県木造住宅協会(ヤマナカ産業内)TEL055-244-7523

または(有)Be-Leaf 0551-35-2269(吉良)までお願いします。

 

春が近づき、事務所のある白州の森の小さな川の流れにも春を感じるこの頃ですが、小さな流れが大きな力に変わるとあんなにおそろしいものならば、我々の小さな力も大きな力に変えることが出来ると思います。

たくさんの方々のご来場とご協力をお願いしたします。


« 2011年2月 | メインページ | アーカイブ | 2011年4月 »

このページのトップへ