プロフィール


beleaf

タグクラウド

アーカイブ

月別 アーカイブ

QRコード

リノベーションとホームデザイン




有限会社Be-Leaf
山梨県北杜市白州町
白須8592-18
TEL:0551-35-2269

HOME > ブログ > 日記 > 嬉しい出来事

ブログ

< ヒノキ合板  |  一覧へ戻る  |  「ログハウスのつくり方」から21年 >

嬉しい出来事

7月20日の海の日にとても嬉しいことがありました。

実はその前の週の日曜日から数えて8日間、うちの犬のロコちゃん(15歳)が行方不明だったのです。

12日の朝の散歩の時にリードから離れていなくなってしまい、その日一日帰ることなく翌朝を迎えたのですがやはり帰ってこない。

このあたりは熟知しているはずの犬が帰ってこない? 歳をとってわからなくなっちゃった?

行方不明の翌日までは余裕があったのですがそれ以降は心配で毎朝早起きしてはもう一匹のグーちゃんことグッデイ(4歳)と一緒に森の中の道なき道をぐるぐると探し回っていました。

歳もとっているし、雨も降るし、日にちは過ぎるし・・・・しかも誰も見かけていないのです。

日に日に希望は失望へ・・

「こりゃもうだめかも」とも思いましたが「まだ出来ることはある!」と思い木曜日に希望を託して「この犬を探しています」の張り紙をしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直に言って「これがロコのためにしてあげる最後のことかな」と思いながら張り紙作りをしました。

その後も川の中に落ちて上がれないかもと思っては川の中を歩いて探すのですが見つからず、「白い犬を見かけた」との連絡も違う犬でした。

とうとう一週間が過ぎようとしたとき進学先から次男がひょっこり帰ってきてロコを探してくれるというのです。

そうは言っても一週間は難しいだろうと思いましたがせめてお別れだけでもできればとの思いで探しました。

そうして迎えた20日の海の日、うちの家内が泣きながら「12日の日に水路に落ちてたって電話があって、今もSさんという人が預かってくれてるらしい」との電話です。

私はその電話をてっきりいなくなった翌日に水路で死んでいたのを拾い上げてそのまま預かってくれているのだと勘違いしてしまい電話を受けてすぐに現場からうちに戻りました。

帰りの道すがら「これでロコとお別れができるな」とありがたく思ったり、ロコに申し訳なかったりでしたがうちに戻って「なんかくるむものを持ってかなきゃ」と家内に言うと「えっ、生きてるんだよ。お父さん勘違いしてない?」

・・・・・・・・・・・・・・・・

そりゃもう 「えーっ!うそー!生きてるっ!?やったー!」って感じです。

事情をよく聞くと 下に住んでいるKさんが散歩の途中で水路に落ちた犬を見つけて上げようとしたけど上がらず困っていたら通りがかりの男の人が助けてくれたとのことでそのままKさんの友人が預かってくれてるということでした。

その日も偶然張り紙がKさんの目にとまり連絡をくれたのでした。

Kさんの2度の偶然がロコを連れて帰ってくれたのです。

息子と一緒に生きてるロコのお迎えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生還したロコちゃんです。

お迎えに行ったときのロコは別人(犬)のように目がうつろで放心状態でしたが間違いなく生きてるロコちゃんでした。

その後はグーと散歩に行ったりしているうちに日に日に元気を取り戻しています。

2度の偶然が重なり助けてくれたKさんも「この子は運が強いんだ、2度とも本当に偶然だ」といってました。

もともとガリガリの捨て犬で土を食べながら生き延びていたので生きる力も強いのでしょう。

先週あれだけ小屋を覗きに行ってもいなかったロコが「今日は何回覗いてもいるね」と家内と二人で笑っています。

 

ちなみに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのグーちゃんも紹介しておきます。

ロコの捜索では「ボクは知っている!」とばかりにすごい勢いで藪の中を引っ張って連れて行ってくれた場所はロコの救出された水路のそばでした。

犬ってやっぱりすごいですね、見直しました。

ロコが帰ってきたとき、彼もめちゃくちゃ嬉しそうで家族で大笑いでした。

 

 

 

 

 

カエルストラップを家内にもらったその日に息子が突然帰ってきて、その翌日にはロコまで帰ってきた忘れることができない2009年7月20日の嬉しい出来事でした。

 

 


カテゴリ:

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 嬉しい出来事

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.beleaf.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/82

コメントする

< ヒノキ合板  |  一覧へ戻る  |  「ログハウスのつくり方」から21年 >

同じカテゴリの記事

令和を迎えても

 こちらのブログもすっかりご無沙汰しておりまして、申し訳ありません。

皆さま、大型連休はゆっくりお休みできたでしょうか。

お陰様で、連休中は、OBのお客様と過ごすことも多く、私たちにとっては、いい時間を過ごさせていただいております。

完成から15年になる、白州町のO様には、毎年のようにお声がけいただき、連休や年末に楽しい時間を過ごさせていただいております。

 

偶然、オーナーのO様と、H様がお知り合いという事で、同じ時間を過ごさせていただいております。H様も新築から20年が経過しようとしています。

 

 

 

 

 

 

毎回、皆様の凄いお話を聞くのを、家内と一緒に楽しみにしており、この場に一緒にいれるだけでも幸せですが、今年も、施工時を思い出しながら、いい時間を過ごさせていただきました。

また、完成から、ちょうど10年になる、白州町のO様のランタサルミログハウスでも、外壁のメンテナンスに挑戦したいという事で、材料の調達などお手伝いをしておりました。

メンテナンスに使用するサシュコ社の塗料は、個人でメンテナンスをするには、販売単位が大きすぎるので、在庫品で間に合うものは、使っていただきました。

 

 

 

 

 

 

傷みの激しい部分は、サンディングもしたので、大変だったと思いますが、きれいに仕上がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成の時代に関わらせていただいた、お客さまも、これからは、メンテナンスを考えていく必要がありますね。

完成後の工務店の役割も大切です。

建築当初、「初めから、ここに建っていたかのようで、ずっとここに建ち続けるログハウスにしたい」とおっしゃっていたO様の言葉が、10年越し、代替わりして、受け継がれ、実現していきます。

 

 

 

 

 

 

平成から令和へと時代は変わりましたが、私たちは、住まいの周りの背景のように、変わることなく建物のそばに居たいと思います。

どうか皆様、これからも末永く、よろしくお願い申し上げます。

 


今年もよろしくお願いいたします。

2018年がスタートしました!

今年の山梨は、穏やかなお正月でしたね。

新年あけましておめでとうございます!

元旦の早朝ウオーキングの景色です。

金峰山がきれいに見えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

穏やかに始まった2018年。

今年は、10年目になるホームページのリニューアルも予定しております。

このホームページがきっかけで出会うことが出来たお客様や、思わぬ受賞、数々の雑誌掲載など、作らせていただいている私共まで楽しませていただいた10年間でした。

10年間でホームページに投稿した、ブログ写真や工事の進捗写真は、あわせて1万4千枚!にもなるようです。

「1万4千って・・!!」

そう思うと、リニューアルも寂しい気持ちにもなりますが、次の10年に向けて、また一緒に楽しんでいただけるホームページに育てていきたいと思っています。

もちろん、こちらのページは、お客様との共有財産なので残す形をとりますが、

どうか、今後も変わらず、ご愛顧いただきますように、よろしくお願い申し上げます。

 

それでは、皆様にとって2018年が、益々良い年になりますように!!

ということで、新年のご挨拶とさせていただきます!

 今年もよろしくお願いいたします。


クリスマスの贈り物

2017年も、まもなく終わりですね。

今年のクリスマスは、朝から降っていた雨もあがり、いいお天気になってきました。

そんな、クリスマスイブの朝、素敵なプレゼントを届けていただきました。

ランタサルミオーナーのK様からの贈り物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、そのプレゼントは、7月に生まれた、息子夫婦の子供、ちさちゃんへのプレゼントでした!

「ででん!」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの、ちさちゃん。

もしかしたら、生まれて初めてのクリスマスプレゼントだったかな。

こんな素敵な愛情に恵まれて、すくすくとと育ってほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し前に、息子夫婦にK様のランタサルミを見学させていただいたときに、奥様が、気に留めておいてくださったんですね。

家族皆で、とっても嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

皆様も、素敵なクリスマスをお過ごしいただき、新年は、みんなで「のびのび、びよよよよーん」

といきましょうね!!

 


手作りのファーストシューズと・・

10月にしては、少し寒いスタートですが、やっぱり気持ちの良い季節ですね。

今日は、八ヶ岳のランタサルミオーナーでもある、O様の奥様が主宰する「まるる靴工房」さんのファーストシューズを紹介しますね。

と、あまりの可愛さに、このブログでも、今までに何度か紹介して参りましたが・・・

うちの次男夫婦に子供が産まれまして、とうとう、わたくしの孫にプレゼントする日がやってきてしまいました~!

偶然ですが、やはりランタサルミオーナーの白州町のO様のお孫さんと同じ年に生まれたので、二つ一緒にプレゼントです!

という、つもりでしたが、実は、ひとつは、O様が、プレゼントしてくれたんですよ! ありがとうございます!!

いつみてもかわいいですね~。

 

いつものことですが、贈る側が、まず手に取って喜んでしまいます。

 

 

 

 

 

 

こちら、初登場のちいちゃん。

我が家に来てくれて2か月と少しになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まれたと聞いて駆けつけた時に、グーパーしながら、息を吸ったり吐いたりするだけで、皆涙~(笑)でしたが、この小さい足が、はじめて靴に追いつく日が、今から楽しみです。

そんなかわいい、ちいちゃんの(笑)ファーストシューズを作ってくれた、まるる靴工房さん。

今週末の10月7・8・9日に原村で開催される、八ヶ岳のクラフトフェアに出展しています。

他にも、手作りのかわいい作品がたくさんありますので、ぜひ、クラフトフェアで手に取ってみてくださいね! 

 

 

 

というわけで、今日は手作りのファーストシューズと我が家のちいちゃんのご紹介でした(笑)

週末の八ヶ岳で、いい時間をおすごしくださいね!


10月に入りました。

10月に入りました!

2017年も、あと3か月。

早いですね。

10月のスタートの朝です。

茅ヶ岳から昇る朝日が、金峰山の頂上を照らしています。

北杜市の朝の景色です。

 

 

 

 

 

 

朝陽の見える場所まで、うちから2kmほどですが、8月にダイエットと称して始めたモーニングウォークのおかげで、天気の良い日は、こんな朝を迎えることが出来ます。

 

余談ですが、20年ほど前に作った、我が家のネームプレートも、月日とともにアイビーがからまっていい感じになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このアイビー、家を建てた時に、寂しかった庭にOBオーナーのK様が、自宅から持ってきて植えてくれたのですが、誘引したわけでもないのに、意思を持っているかのようにネームプレートを飾ってくれて、我が家の時間の経過を感じさせてくれます。

こうして、アイビーを見ていると、時間は失われていくものではなく、積み重ねられていくことがわかりますね。

今年は、新しいアイビーが 「K」 に向かって昇ってきましたよ~、この先どこへ向かうんでしょうか~笑

 

そんな、10月のスタートは、ランタサルミ完成物件の写真撮影でした。

 

南アルプスの眺望の美しい、富士見町のM様のお宅です。

 

絶好の撮影日和に恵まれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この被写体にプロの背中!

いいですね~。

富士見町のM様、北杜市のT様、突然お声がけしてしてしまいましたI様。

ご協力いただきまして、ありがとうございました。

かっこよく仕上げてもらってお届けしますね。

 

10月に入りました!

皆様方も、いい時間をお楽しみくださいね!!

 

 


このページのトップへ